元の木阿弥(後編)

前回は、

狼トレーダーに変貌する決意をしても、その日からすぐに変身できる訳では無く、ブタと狼の間を行ったり来たりする期間が必ずあり、それに耐えた者だけが狼トレーダーに変身できる。

という事を書きました。
が、「ブタと狼の間」というのは、少し違いました。
一部訂正させて下さい。


ブタと言うのは、デイトレで最低限守らねばならないルール、例えば、

予定した損切りは必ず行う

という事の必要性すら知らないとか、知っていても当たり前のように脱線してしまうレベルのトレーダーの事を指します。
そこまで低レベルの事を「たまに」にせよ繰り返していては、どれだけ長く頑張っても狼にはなれないかも知れません。


そうではなくて、かなりデイトレの本質を掴んでいて、

こうすれば勝てる!

という事は解っているのだけれども、どうしても本番トレードになると気が緩んでしまったり、或は逆に恐怖で萎縮してしまったりして、頭では解っているはずの判断が出来ない、又は、頭で考えている事と、実際の注文とにズレがあって、なかなかそのギャップを埋める事ができない、そういう状態が続く時があると思います。

それは、直ちにプラス収支にはつながらないけれども、もう少し続ければ出口の光が見えてくる可能性の高い、訓練中のトレーダーとしては、

頑張り所

であるという意識を持って下さい。


壁
そして同時に、今ぶつかっているのは、

「この難所を、絶対に突き抜けて見せるぞ!」

という信念を貫くべきだと理解して下さい。

何度かこの壁に跳ね返されると、抜け道を探りたくなると思いますが、この壁から安易に逃げたら、

元の木阿弥

です。
一時的に乗り越えられたように感じられても、必ずまた同じにぶつかる時が来るからです。
こういうのを「堂々巡り」とも言います。

こうすれば勝てる!

と解ってすんなり収支がプラスになるほど、デイトレは甘くはありません。


人により遭遇するタイミングの違いはありますがには必ずぶつかるものであり、それを突破するには辛抱する期間が必要であるという事を忘れないで下さい。
「知った」とか「解った」という事から、それが、

実際に出来る

には、必ず訓練期間(辛抱の期間)が必要なのです。

元の木阿弥(前編)に戻る。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)