先送りからは何も生まれない

成功本の多くには、

『最後まで諦めない限り、人生に失敗など無い。
失敗とは、成功をつかむ為の糧なのだから。』

といった事が書かれていますが、私もホント~に本当だと思います。

失敗を恐れて行動に移さない人、失敗するとすぐに諦めてしまう人が成功できるはずがありませんから。

でもこれを、デイトレにそのまま置き換えちゃダメですよ。


「デイトレは、勝ったり負けたりする」

当たり前以前の問題ですよね?
デイトレーダーのほぼ全員が理解しています。

でもそれは「知識」の世界での「常識」であって、「現場」では簡単に忘れてしまいがちなものなのです。
ポジションの無い時はすんなり理解できる事でも、ポジションを持っている最中には、

「今だけは例外!」

みたいな意識が働くものなのです。
結構な熟練デイトレーダーでも、

「これから建てるポジション」

とか、

「今持っているポジション」

だけは、過去のどれとも違う唯一無二の存在であり、その唯一無二の存在が負けトレードで終わるなんて、許せなく感じてしまうのです。

人間の脳は、

「今こそが一番大切で、過去も未来もクソ喰らえ!」

と思うように予めプログラミングされているのです。


あなたは、

「今が損切りのタイミングなんだけど、もしかしたら神風が吹くかも?」

って考えた事ないですか?

私はあります。

それで何度も何度も痛い目にあいました。

人は、自分が置かれた状況次第で、前もって決めておいた事が容易に守れる時もあれば、死ぬほど難しくなる時もあります。唖然

自分が心底納得して設定した「ルール」を、いとも簡単に違反する自分をみつけて、愕然とする時があります。

これは「なぜなんだ~~?」じゃなくて、「そういうもの」として理解してしまい、その前提の上で、どうやれば規律を守れるのかという事を真剣に考えないといけないのです。


「平常時には当たり前と思える事が、ポジションを取った時には頭から消失する!」

これは、誰にでも起こり得ます。
多かれ少なかれ、全てのトレーダーが経験し、対策に明け暮れている共通した重大問題なのです。

これを克服する万能薬は私もまだ発見できていませんが、最もそれに近い働きをするのが、

「本気を出す!」

という意識です。


デイトレで利益を積み上げていくというのは、デイトレを始める前には想像もできないほどの苦難・困難の連続です。
やり易い事に甘んじている限り、お金は出ていくばかりです。
やり難い事を、歯を食いしばってでもやり抜く事で、少しづつお金が積みあがり始めます。

「やり易い事はやり易く、やり難い事はやり難い。」

極めて当たり前の話ですが、これを克服しなければデイトレで利益を得る事は不可能なのですから、この事に1日も早く「本気」で立ち向かわねばなりません。

いつ本気を出せば良いのかといえば、「今!」しかありません。
多くのトレーダーが、「今」を先送りし、時間を浪費します。

今はブタでも、継続していれば、いつか狼になれるような気がして自分を甘やかしますが、それは間違いです。
ブタを継続すればするほど、ブタが骨身に定着していくだけです。

「今」から少しでも「子狼」としての行動を開始しなければ、狼になる日は永遠に来ないかも知れません。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)