デイトレのメリットとデメリット(下)

デイトレが特に他のトレードスタイルに対して「稼ぎやすい」のではありません。
そうではなくて、

「稼げるようになりやすい」

という事をもっと意識してみてほしいのです。

デイトレに取り組み始める人の殆どがデイトレで「いきなり稼ぐ」事を目指します。
訓練もしないでいきなり稼げるのなら、誰でもデイトレーダーになってしまいます。
トレーダーとして、どういう時にどのようにエントリーし、どのように利確し、どのように損切りするか、全てはある程度の経験を積む事で「稼げるようになる」のです。


その為に必要な期間は人によってまちまちです。
万人に1人の才能ある人でも、最低2週間は「稼ぐ」のではなくて「稼げるようになる為の訓練」の期間が必要となります。

よほど天才的な人は別として、通常は「月単位」の時間が必要となるでしょう。
これを読んでがっかりする人もいるかも知れませんが、非現実的な甘い話を読んで、その場で良い気持ちになったところで、損失の泥沼に沈むのでは意味がありません。

私はその事が理解できていなかったから、「2年近く」の時間と、利益どころか300万円を超える損失を食らってしまいました。
これが現実なんです。
どんな職業でも、どんなにノウハウが確立しているビジネスであっても、知識としてインプット(学習)が必要なのは当然として、更に実地でアウトプットする期間を経なければ、絶対にプロにはなれないのです。


良いノウハウを獲得する事は確かに重要な事です。
しかしそのノウハウに従って、「無意識にでも実践できてしまう」と言える程になる為の訓練期間が、ど~~~しても必要なのです。

上記では「訓練期間の必要性」を述べたのですが、限られた期間の中でトレードの結果を出したければ、1トレードの完結に必要な時間が短いほど、まさにコメントでK18さんが書かれている通り、場数が多く踏めて有利であると言えるはずです。

トレードで「利を伸ばす」というのは非常に重要な要素である事は間違いありません。
でもそれは、正しくエントリーし、正しくエグジットできる技術(自分が選んだ売買ノウハウに照らして)をしっかり身に着けてから取り組んでも、決して遅くはないと思います。

デイトレーダーというのは、「単なる入口」として理解しても良いのではないでしょうか?

まずはデイトレで勝ち方を身に着けるのが、訓練期間の節約になります。

でも、一旦勝つ技術を身に付けたら(=とりあえず、1ヵ月間での収支が「運」ではなくて、明らかにプラスと考えられる場合)、その先はデイトレに固執する必要はありません。

勿論デイトレが性に合っていて、ずっとデイトレで稼ぎ続けるのも良いでしょうし、相場全体の流れを意識して適宜ポジションの維持期間を調節するのも、それがトレードの効率を高める数値的裏付けが得られているなら、積極的に取り入れれば良いと思います。

【 デイトレのメリットとデメリット(上)から読む 】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


2 件のコメント

  • なるほど大変勉強になります。という事は同じデイトレでも時間足より5分足や1分足でスキャルピングのようなトレードで経験を積むのがいいでしょうか?
    =================(以下、たかやん)
    そうとは限りません。
    なぜなら、トレンドを利用して稼ぐ手法には、トレンドが発生(確認)する為の最低限の時間が必要だからです。
    スキャルピング手法に何らかの優位性を発見されたのなら、それはそれで結構ですが、私がスキャルピングをおススメした事は、未だかつてただの一度もありません。(ただこれは、スキャルを批判しているのではなく、単に私がスキャルで勝てるスキルを持っていなから、おススメもできないだけの事ですので、誤解しないで下さい。)
    数年とか数ヶ月とか数週間を単位とするスイングトレードに比べて、デイトレが同じ期間の中でより多くのトレードを経験できるという事は言えると思いますが、デイトレの中で更に単位時間の短縮だけを目指すのは極めて危険です。
    何を根拠に「勝ち目がある」と思ってエントリーするのか、それを見失っては、どんな時間枠であっても一切トレードすべきでは無いと思います。
    (記事が言葉足らずだったかも知れない点はお詫びしますが、必ずしも全ての角度から見て、問題の無い記事を書く事が不可能である事も、ぜひご理解頂きたいと思います。)

  • こんにちは。
    僕はたかやん様のブログから教えられ
    勝てる技術、自信がつくまでデモトレードで
    練習中です。
    トレードをはじめて1年以上ですが
    まだデモから実践に移れるレベルになっていません。
    今年に入ってからは勝てなくとも
    月単位で負けないようになってきました。
    デモトレードから実践に移ると
    心理面の壁が待っているので
    それをも克服できてはじめて
    勝てるトレーダーの仲間入りが
    できるのだと思います。
    そこまで到達するには
    まだまだ多くの経験と時間が必要です。
    たとえ数年の訓練が自分には必要でも
    諦めずにやっています。
    はじめた当初は勝ちたくて苦しかった
    ですが、今は楽しみながらトレードして
    勝てるようになったときのことを
    楽しみに毎日トレードできています。
    多くの気付きを頂き、ありがとうございます。
    ================(以下、たかやん)
    もう、今の状態で既に95%のブタの群れからは飛び出しています。
    その姿勢は既に立派な「狼」だと思います。
    ここまできたら妥協しないで、きっちり結果を出して下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)