商売の極意(2)

企業や国家に自分の時間を切り売りする事で賃金を受け取るという人生に満足できるなら、商売の極意を知る必要などありません。
しかし、デイトレは勿論の事、どんな商売をやるにせよ、その道で人並み以上に稼ぎたければ、絶対に知っている必要のある事、それが商売の極意です。
商売の極意なんてちょっと大げさな気もしますが、実際に商売やってる人でも必ずしも意識できている訳でもなく、そしてやはりそういう人は稼げていません。
また、人並み以上に稼げている人は、本人が自覚しているかどうかにかかわらず、商売の極意が実践できている事です。
私も長年サラリーマンをやっていましたが、そのサラリーマン時代にこの認識はありませんでした。
デイトレを始めてもまだ意識できていなくて、ネットビジネスについて勉強するようになって初めて知るようになりました。

デイトレも含めて、いかなる商売をやるにせよ、意識して行わねばならない第一の事は、「お金を受け取る前に、先にお金を出す事」です。

このブログを読んでる人なら「投資」という言葉はおなじみだと思います。
投資というのは、より大きな見返りを期待して、まず自分から先にお金を投じる事を言います。
投資と言えば株や不動産等を連想しますが、実際にはあらゆる商行為に投資は不可欠です。
町の魚屋さんだって、朝一に築地へ行き、より良い魚を高いお金を払ってでも仕入れようとしますが、これも投資に違いありません。
お金をケチって目玉が白く変色したような安い魚ばかり仕入れているような魚屋が繁盛する訳がありません。
喫茶店を始める場合でも、家賃や価格の高い物件を敬遠するあまり、人通りの無い場所で開業しても稼げる訳がありません。
ネットビジネスに目をやれば、アフィリエイトだって立派な商売だと思いますが、商売の極意が解ってない人が殆どなので、稼げている人も稀な存在になってしまうのです。

アフィリエイトは、無料ブログなどで1円も出す事なく始められます。
参入障壁が殆ど無い訳です。
だから簡単に無料ブログを始め、まだ大して読者数も集められないうちからアフィリエイトバナーをペタペタ貼ってしまいます。
人は誰でも売りつけられる事を嫌いますから、アフィリエイトバナーも嫌いなんです。
ブログの管理人は知らずにやっている事ですが、アフィリバナー等の宣伝活動をする事は、ブログの好感度を下げる努力をしているのと同じです。
(このブログでも、あちこちでアフィリリンクやバナーを貼っていますが、これは好感度が下がる事を承知の上で、メリットとデメリットを考慮した上で貼ってるんですよ。)

「お金ちょうだい!」

が先行してしまって、その前にお金を出す事を忘れているのです。
ブログでアフィリエイトをする場合、お金を先に出すと言っても出す先が無いと思われるかもしれません。
確かに無料ブログにお金を払う事はできませんが、ノウハウに投資する事はできます。
あらゆる投資の中で、最も高いリターンが期待できるのが「自己投資」だと言われていますが、私も経験上大賛成です。
アフィリエイトで成功した人のノウハウを買って勉強すれば、無意味にバナーを貼ったりする事も無くなるはずです。
このブログも、全てが成り行きで現在の姿に納まっているように思われるでしょうが、実はこれでも結構アフィリエイトの先輩のノウハウを私なりにブログに反映させ続けてきた結果なのです。

また、自己投資以外でお金を出す先が無いのであれば、お金の代わりになるものを先にバンバン出すのです。
ブログであれば、コンテンツです。
私はネットビジネスを研究・体験してみる為にこのブログを書き始めましたが、最初の半年はほぼ無収入でした。
時給に換算して数十円という結果です。
普通ならとっくに撤退していると思いますが、私は最初に商売の1番のコツとして「先に出せ」という事を学んで知っていたので、それでもめげる事なく、ひたすら書き続ける事ができたのです。
まあ、単にお金を稼ぐ為というだけでなく、読者の方のコメントや応援メールに励まされたという面も、継続できた大きな理由にはなっていますが・・・。

商売で「先に出せ」がぼんやりとでも理解して頂けたとしても、デイトレにどう「先に出せ」が関係してくるかは「?」だと思いますので、次回に続きます。

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • 素晴らしい記事ありがとうございます☆
    この内容は深いです。
    商売だけではなく、人生全般で通用する話ですね!!
    これが、トレードにどうつながるのか!?
    楽しみにしています☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)