デイトレの基本に戻る

デイトレから1日でも離れると、すぐに感覚が鈍化した事に気が付きます。
特に何かが変わった訳でもないのですが、様々な判断要因をまとめ上げて、

「買い!」「売り!」

という最終判断に持ち込む、

「一瞬の判断」

において、微妙な迷いが出てしまうのです。
日ごろは訓練で押さえ込んでいる「本能」が、ブランクによって無意識のうちに、あちこちで雑草みたいに芽を吹き返しているという感じが近いでしょうか?


基本に戻る
そういう時は、基本に戻ります

できるだけ簡単なトレード、自分では、

「目をつむっても勝てる」

みたいな、得意のパターンに限る事で自信も回復し、調子を取り戻す事ができます。
たとえ負けトレードになっても、基本に忠実なデイトレでの負けであれば、調子回復には役立ちます。
なぜなら、ついつい忘れがちな「リスクを取る」という感覚が、基本に忠実なデイトレをする事によって戻ってくるからです。

それが「基本」のありがたいところです。


以前にも書いた事ですが目標の達成が困難になった時ほどジタバタしてはいけません。

理性が引っ込み、本能が幅を利かせやすい心理状態だからです。
ジタバタしたくなる状況というのは「アウェー」な心理状態です。
敵の土俵に上がる、という事です。

どんな時でも「自分の土俵」で相撲を取る必要があります。
さもなければ、自分の実力を100%発揮できないからです。
人の脳は「そのようになっている」のだから仕方ありません。

ジタバタしたくなった時こそ「急がば回れ」であり、絶対に何か新しい事に手を染めるべきではなく、むしろ少しトレードのレベルを下げるくらいにして、まずは自分のリズム・感覚を取り戻す事だけを念頭にデイトレして下さい。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)