デイトレーダの生き残り戦略

トレードの初心者は、「上がりそう、下がりそう」の思いつきトレードで稼げない事を悟ると、次に「勝つ為の方法」を探し始めます。
例えばトレンドフォローであったり、逆張りであったり、スキャルピングであったり、ファンダメンタルズ分析であったり、アノマリーであったり・・・
その道で既に稼げている先輩トレーダーのノウハウをあれやこれや試し続けます。

この「正しい(勝てる)ノウハウで、自分に合うものを物色する」という行為、及び思考自体には、何も問題はありません。
でも、なかなか勝てないトレーダーの殆どは、決定的に肝心な事が目に入っていません。
その為に、出口の無い真っ暗なトンネルの中を、際限も無くグルグル、グルグルと彷徨(さまよ)ってしまうのです。

その、デイトレにおける「決定的に肝心な事」とは、

「負け方を知る」

という事です。
あなたを煙に巻こうという意図は全くありません。
トレードを繰り返すからには必ず負けトレードにも出くわすので、その時に一貫性のある、損失を許容できる幅に限定できる対処法を真剣に検討し、訓練し、確立して下さいと言っているだけです。
ところが多くの場合、勝ち方にばかり気を取られてトレードを繰り返しているので、負けトレードに出会った時に、

「な、なんだこれは?」

って狼狽してる間に損失が拡大し、ぐうの音も出ないような所まで粘った挙句にようやく損切りし、相当に落ち込んだ後にようやく、

「方法が間違っていたから負けたんだ!」

と結論し、方法を取り換えたり修正したりして、またトレードします。

そうじゃないんです。

どんなノウハウであれ、負ける事は必ずあり、その時の対処法を確立できていない限り、どんなに努力しても、どんなに頑張っても、どんなにお金をかけても、右肩下がりの収支曲線を反転させる事はできないのです。

上記の文章は、日本語を解する成人であれば、100人中99人は理解できるはずです。
でも、非情に残念な事に、殆どの人はこの内容に関心が持てないのです。
関心が持てなければ、文字や文章を目で追う事はできても、自分の行動を変化させるには至らないのです。
たまにですが、

「デイトレって、ホンマに稼げるの?」

って質問される事があります。
恐らくは、何をやっても勝てない事に対する正直な感情の発露だと思います。
そういう人に対して、私は逆に質問したいです。

「あなたは本気で、負け方を確立しようとした事があるか?」

と。

遅かれ早かれ、デイトレで生き延びる為には、負けトレードでの対処法について考え、訓練しておく必要が有るのです。
負け組から勝ち組に移動する為には、負ける度にトレードの手法を変えるという行動パターンを捨て、自分自身の考え方を変えるという新たな取り組みが
必須となります。
その為に万巻の書を読破する必要は有りません。
ただ、上記の文章に関心を持てば良いのです。

ご意見、ご感想、ご質問があれば、コメントでどうぞ。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • 損切りは、柔道の受身と同じで、トレードで大怪我しないためには必須。
    トレードのあれやこれやの技を覚える前に、最初にマスターしておくべきでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)