デイトレーダーのカラクリ?(後)

まずは、デモトレ口座の仮想資金を1ヵ月で2倍にする事。

って書いたら、「手の届きそうな目標としては、ハードルが高すぎませんか?」という、質問というよりは抗議に近いメールを数通頂きました。
先の記事でも書いた通り、預金利息なんかを基準にすると夢物語のような数字かもしれません。
しかしこの目標は、銀行預金の話でもなければ株デイトレの話でもありません。
FX(しかもデモトレ)なら、かなり低いハードルだと思います。

そのカラクリは、デモとレバレッジです。
現物株のレバレッジは1倍、信用で3倍くらいですよね?
年間で100万円を200万円にするような株式のデイトレーダーなら、少数派とはいえ結構ゴロゴロいる訳です。
そのレベルのスキルをFXに移植できると仮定すると、そこでのレバレッジは100倍、200倍の世界ですから、株で1年かかったものがFXなら1ヵ月で達成できても、何の不思議もありません。(2009年当時は、FXのレバレッジは100倍から400倍まで証券会社が自由に設定していました。)

しかもデモトレですから、大失敗して大損を発生させても、マイナスになる事はなく、振出しに戻るだけの話で、何度でもやり直す事ができます。
失敗すればやり直すだけで良く、レバレッジ200倍とかで運用できるなら、真面目に数ヵ月もチャレンジすれば、仮想資金2倍は決して夢物語などではありません。
何らかの優位性のある方法を1ヵ月繰り返せば、2倍以上になってしまうのはむしろ自然な事だと思います。

レバレッジが100倍という事は、損するのも速いが儲かるのも早い。
当たり前の話です。
欲望に目が眩んで、何らの優位性も技能もないまま実弾で勝負すれば、早々に退場する事になります。
しかし「実弾トレードのシミュレーション」というデモトレ本来の主旨に沿って「1ヵ月で資金2倍」の目標に向かって精進すれば、そして手法に欠陥が無ければ、ゴール到達は誰にでも可能だと思います。
レバレッジとは、優位性を持たないブタにとっては恐怖の罠ですが、これを利用できるようになった狼にとっては利益を加速させる魔法の杖です。

実弾トレードでの難しさは、実弾トレードに進んでから克服していく必要はあるものの、こういう自分で設定したデモトレ卒業の基準をクリアしてから実弾に進むトレーダーは、そうでないトレーダーより何十倍も優位性があり、本当に稼げるようになる可能性が高いと思います。

それでももし「1ヵ月で資金2倍」という目標が高すぎるように感じられるのであれば、もう少しブレイクダウンした自分に合った目標を設定するのだって、勿論結構です。
デイトレーダーは、決まった時間に決まった量の餌がもらえるブタでは務まりません。
常に自分で考え、自力で問題解決していくハンターなんです。

はじめから読む

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


4 件のコメント

  • 丁度、FX参入の自分には興味深い話ですね。
    自分は兼業ですし、1日でトレードに割ける時間もそれほど多くないと思うので、そこまでの数字を達成できるかはわかりません。
    自分が考える狼と豚。
    それはトータルで常に稼げるかどうかの違い。
    技術はぶっちゃけ誰でもやれば修得可能と思います。
    問題は優位性のあるそれを一貫して使い続けられるかどうか、そこに尽きるかと。
    管理人様が初期に開発したシストレの記述はまさにそれをわかりやすく表していますよね。
    自分の手法が優位性がある!
    同じ事を繰り返せば資金が増えていく!
    と心の底に落ちた時。
    それがはじめの一歩なのかなと。
    ちなみに、FXだと1ヶ月で資金倍はまぐれであると思います、コンスタントに月100%を続けるのは難しいと思いますけどね。

  • ご無沙汰してます。
    Makiです。いつも楽しませて頂いてます。
    また、このブログを運営し続けてくださいますことに感謝致します。
    最近私の巡回している株ブログの方が、
    「株を撤退し、FXに完全移行」というのが
    増えてきている様に感じます。
    私は「株で大きな利益を残せていないのに、FXを試しても株からの逃げになるだけ」
    と自分に言い聞かせ、FXを遠ざけていたのですが、あまりにFXに移行する方が増えたので、無視し続けることが出来なくなってしまいました。
    また、たかやんさんのビクトリーメソッド紹介記事等を読んでいて益々興味を持つようになってきました。
    たかやんさんから見て、株とFXどちらの方が取り組みやすいですか?
    FXは全く触った事がないのですが、2007年11月25日の記事の「株の個別銘柄等と異なり、巨大なFXマーケットには、仕手なんてありません。見せ板、見せ・ブレイクアウトなんてものもありません。」
    という件が非常に気になりました。
    一部のトレーダーが主戦場をFXに切り替えてきています。
    追従すべきなのでしょうか?
    または、脇目を振らず、株を極めるべくのこまま進むべきなのでしょうか?
    お手すきの際で構いませんので、お答えいただけると幸いです。
    宜しくお願いします。

  • 物事はシンプルに考えましょう。
    株が稼ぎやすいと思ったら株トレをやれば良いし、FXが稼ぎやすいと思ったらFXトレをやれば良いです。
    その理由には時期的なもの、相性的なもの、資金量的なもの、、、色々あるでしょうが、いずれにせよ比較が伴います。
    比較する為には両者を知らなければなりません。
    この「知る」という行為の為に、学校に通わねばならないとか、留学せねばならないとか、物凄い勉強して資格試験をパスしなきゃいけないとか、とにかくバカにならないお金や時間を注ぎ込む必要があるなら、躊躇したくもなるでしょう。
    でもFXは、やると決めたら30分以内にデモトレを開始する事ができます。
    費用もゼロ円です。
    株のペーパートレードは忍耐力が必要ですが、FXのデモトレはテレビゲームのように楽しみながら練習する事ができます。
    >株で大きな利益を残せていないのに、
    >FXを試しても株からの逃げになるだけ
    確かに一理ある考えで完全否定はできませんね。
    でも、株とFXは同じトレードですから共通点も多いと同時に、まるで違う点も多々あります。
    それらを知る事を「逃げ」と否定的に考える必要は無いと思います。
    学んだり訓練したりする事は、全て人生にプラスです。
    リスクやコスト的な問題が無いのであれば、どんな事でも貪欲にチャレンジして良いと思います。
    何事も、訓練期間というものは必要であり、簡単にかじった程度で稼げるような甘いマーケットはどこにも無いという前提の上で、未知の事にチャレンジするのは「良い事」ですので、どんどんやって下さい。
    私の考える株の一番の長所は、銘柄が多数ある事です。
    上がるか下がるかよくわからない大多数の銘柄の中にあって、丹念にチャートを見て行けば、これから「上がります」「下がります」と明確なシグナルを発している少数の銘柄が必ず存在します。それをシグナルの通りに売買すれば良いだけですから、努力を惜しまなければ高い勝率を維持する事が可能です。
    株のデイトレで「勝てない」という人は、目先の売買に心を奪われ過ぎて、銘柄選択に割く時間と労力が不足しているのが大きな理由の一つだと思います。
    FXの長所は、とにかくチャートが綺麗で24時間連続しており、テクニカル分析に適している事だと思います。
    株の銘柄に相当する通貨ペアの数は少ないですが、ドル円だけに専念しても十分稼ぐ事が可能です。
    さらに高レバレッジなのも、FXの大きな魅力です。
    高レバレッジは確かにリスクも高いですが、きちんとリスクをコントロールする腕があれば、最強の味方です。
    株で「自己資金30万円の専業デイトレーダー」というのは殆どマンガですが、FXなら結構リアルだと思います。
    株とFX、どちらが稼ぎやすいか?
    この問いに答えはありません。
    株にもFXにも、異なった魅力があります。
    その魅力の程度が人によって異なり、判断する人によって株をとるかFXをとるか違ってきて当然だと思います。
    (別に、昼は株、夜はFXと住み分ける事が可能なのですから、無理に二者択一する必要もありませんが、、、)
    私は殆ど全くと言ってよいくらい他の人のブログを読まないので知りませんでしたが、株からFXに転向する人が増えているとの事。「なるほど」と思います。
    Makiさんも、1週間もFXのデモトレやれば、その理由が見えてくるのではないでしょうか?私がここで書くより1万倍鮮明に。
    (補足)
    FXは週末を除いて24時間トレードできます。
    特に日本時間の夜間が稼ぎやすいゴールデンタイムです。
    なので、「デイトレーダーで専業を目指す!」みたいな人は、安易に会社を辞めたりせずに、会社員生活を続けながら、夜はFXのデモトレで腕を磨く事を強くお勧めします。
    デモトレで成績が安定してきたなら、実弾トレードを開始する事になります。今は自己資金1万円以下で始められるところもありますし、数十万あればとりあえず十分と言えるでしょう。そこで実際に収益が上がってくれば辞表提出のタイミングを考える事もできます。
    これは、専業トレーダーになる為の理想的な流れです。
    株では、とてもこうはいきません。
    これも、FX人口が増えている理由かもしれませんね?

  • いつも明確なアドバイス
    ありがとうございます。
    今回も背中を押してくださり本当に感謝しています。
    確かにデモトレ口座開設するのに何もリスクはありませんものね、考えすぎでした。
    早速お勧めの「AFT-FXダイレクトトレード」を申し込みデモトレ画面までを見てみました。
    確かに使いやすそうなインターフェイスですね。
    第一印象は株マシーンに似てるように思いました。
    >株からFXに転向する人が増えているとの事。
    >「なるほど」と思います。
    >Makiさんも、1週間もFXのデモトレやれば
    >その理由が見えてくるのではないでしょうか?
    ありがとうございます。
    気づきの瞬間が楽しみになってきました。
    早速今日からチャレンジしてみます。
    目標は「一ヶ月間で資金倍額」
    僕には結構高いハードルように感じますが、諦めずにトライしてみます。
    株取引は月ベースで勝ってはいるのですが、毎月小幅で5万円前後の収支です。
    大きく勝っても、小さいロスカットの山で、すぐに利益が削られて・・・の繰り返しで、毎月少額の利益にとどまっています。
    ですので、イマイチ前向きになれずにいたのかもしれません。
    上手くいかないときは、たかやんさんのブログが心の支えになっています。
    本当に感謝しています。
    いつか目から鱗が取れる日が来ることを信じて、前に進み続けます。
    ありがとうございました。
    今後とも宜しくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)