ブレイクアウトでは勝てない?


「単純なブレイクアウトでは勝てない!」

確か、ラリー・ウィリアムズが彼の著書の中で言っていたと記憶しています。
でもこれは、

「ブレイクアウトでは勝てない!」

という意味では無いので、誤解しないで下さい。

株でもFXでも先物でも、昔も、今も、未来も、ブレイクアウトを利用して勝つ事は可能です。
ブレイクアウトが全く機能しなくなる相場なんて、有り得ません。

但し、ブレイクアウトはあらゆる時間枠で頻繁に起こっているので、闇雲に売買行動を起こしていたら、収支をプラスにするのは難しいでしょう。

「単純なブレイクアウトでは勝てない!」

「単純な」とは、要するにブレイクアウトの信頼性を分析しないで、無暗に仕掛ける事を指します。
それでは「単純じゃないブレイクアウト」とは何でしょう?

それは、

『上位時間枠で明らかなトレンドが発生している最中に、
トレンドと同方向に起こったブレイクアウト。』

です。
例えば、

ブレイクアウト

典型的なブレイクアウトのパターンです。
が、このチャートだけ見て仕掛けるとしたら、ダマシで負ける可能性も低くはありません。
なぜなら、このブレイクアウトが「本格的な下げトレンドの開始点になる」という根拠が見えないからです。

 

 

 

でも、
ブレイクアウト
と、4時間足チャートで赤丸のタイミングでのトレンドを把握しておれば、勝てる可能性の相当高いチャンスである事は明らかです。

 

 

 

 

 

 

更にエントリーの信頼性を高めるポイントとして、

A:「小幅な横這いの値動きがしばらく続いた後のブレイク」


B:「強固な
(=誰の目にも明らかな)支持線・抵抗線のブレイク」

の2点が挙げられます。
横這い期間が無ければ、水平な支持線・抵抗線が引けません。
斜めのトレンドラインブレイクも有効な作戦だと思いますが、水平な支持線・抵抗線のブレイクに比べると信頼性はかなり劣ります。
トレンドラインは、引く人によってまちまちになりがちですが、水平な線は誰が引いても同じになる可能性が高いからです。

また、水平な支持線・抵抗線が引ける場合、その線にローソク足がはね返された回数が多いほど、より強固な支持線・抵抗線であり、だからこそそれが一旦ブレイクされると、ダマシになり難いと言う事ができます。

『ブレイクアウトが起こった事をしっかり確認してから、
その『押し目』を狙って仕掛けていく。』

という方法も確かに有効ですが、

「ブレイクアウトはもう古くて勝てないから・・・」

という思い込みでブレイクアウトでの仕掛けを全て封じてしまうのは、とても勿体無いと考えています。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 3 =