FXを真剣に訓練して3ヶ月経過しました!

昨年の10月に、

FXで稼げるスキルを身に付けよう!

と決心して、新たに3つも証券会社の口座を開いて訓練を開始しました。
アドバンスド・ホーミングFXのノウハウが秀逸な事もありますが、その作者である千草氏のトレード実践動画に触発されたというのが大きな理由です。

最初の2週間ほどはアドバンスド・ホーミングFXの手法を柱としつつも、私の心の命ずるままに思う存分感覚的なトレードを繰り返しましたが、ビックリするほどの連敗の山となりました。

確率とかスプレッド等とは無関係に、見事なまでに負けました。
ちょっとはトレードの事を理解していると自惚れている私の鼻は完全にへし折られてしまいました。
まあ、大敗したとはいえ1000通貨でのお試しトレードなので、金銭的には小さなダメージなのが救いです。
(勝ち方を身に付けるまでは、デモトレを選択するのも悪くありませんが、私なら1000通貨でのトレードをおススメします。デモトレでは100万円負けても痛くも痒くもありませんが、1000通貨で千円負けたら、金額以上に反省できます。)

感覚的なトレードがいかにダメか自覚した私は、改めて教材を読み込み、動画講義を繰り返し見ては、それを訓練トレードで形にする事を繰り返す毎日が続きました。

今度は典型的なコツコツ・ドカンの繰り返しです。
勝率は悪くはないのですが、気がつくとルール違反に走っているのです。
このブログを書き始めて干支が一周した私にしてこれですから、初心者トレーダーの1年生存率が1割以下なのも頷けます。

で、今月に入ってやっとプラス収支で終われる日が増え、大きく傷ついた口座も、ほぼ元通りにまで回復しました。
収支マイナスからプラスに転じられた大きな要因は、何種類もあるアドバンスド・ホーミングFXの手法から、最も簡単で最も稼ぎやすい手法4に絞った事です。
FX市場という戦場で、百戦錬磨の千草氏であれば、いかなるチャート状態でも最適な判断を下せるのかも知れませんが、FX初心者には完全に無理。
アドバンスド・ホーミングFXには、沢山の手法が紹介されていますが、それがむしろ仇(あだ)になっていると思います。
まあ、講義動画で千草氏も「最初は手法4で」といった主旨のアドバイスをされているので、欠点とまでは言えないのかも知れませんが、とにかく収支がプラスで安定するようになるまでは、徹底的に手法4に専念して訓練される事をおススメします。

手法を限定すると利益機会が少なくなると思われるのであれば、複数の通貨ペアを監視してデメリットを補って下さい。
(私の場合、スプレッドが1以下の通貨ペアは全てチェックしています。)

もう一つ、私の収支を好転させた決定的要因が、一つのテクニカル指標に対する意識の変化です。
この指標は、テクニカルを勉強した人なら誰でも知っている「ありふれた」ものに過ぎず、アドバンスド・ホーミングFXの手法の中で、

「トレード感覚を早期に会得する為の補助輪」

として最初から紹介されているものですが、これを徹底的に重視するように意識が変わった事で、私のトレードも激変しました。
私も含めて「凡人」の感覚がマイナスを指向しているのは、このありふれた指標と本能が逆向きになっているからです。
この指標を重視する事で、ブタの本能を抑え込む事ができるのです。
私はこれまでに数えきれない数の教材に目を通してきましたが、ブタの本能を抑え込む為の指標に気づかせてくれたのはアドバンスド・ホーミングFXが初めてです。

FXで勝つ為には、チャートパターン等のテクニカルは勿論大切ですが、ブタの本能を自由にさせていては到底勝てません。
その対策・解決策を提示してくれているという点で、アドバンスド・ホーミングFXはまさに稀有な存在と言えます。(ただ、これに気づくのに私は3ヶ月かかりましたが、私だけでしょうか?)

アドバンスド・ホーミングFXを購入して、まだ結果が出せていない方は、上記の二点について改めて考えてみて下さい。
そしてもし、この記事の意味が曖昧にしか感じられない状態であれば、私にメールしてみて下さい。

私の訓練はまだまだ続きます。
次の段階に入れたら、またご報告します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 アドバンスド・ホーミングFX 】

当ブログの紹介記事に飛びます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • いつも記事を読ませていただいております。

    私も当該教材で勉強しているものですが、
    確かに最初は手法が豊富なので混乱しそうになりました。

    また、どうも千草さんの手法の定義があいまいな部分があり、
    (必ずしも、時間足の組み合わせで手法を定義していない 不安定、安定の定義・・・
    あまり書けませんね 笑)
    ん?と感じる記載も複数個所あり

    また、スキャルピングトレード動画では、
    「そこはナンピンするところじゃないだろう」など
    突っ込みどころも色々あり、信用に値するのか?
    と正直不安にもなりました。

    しかし、この教材の肝は
    資金管理(利益率 勝率 ロット.レバレッジ調整)であり、
    相場観を磨くための便法を提供しているのだと気づきました。

    おそらく教材化(言語化)する段階で、かなり苦労され
    最大公約数的な場合分け、書き方になったのだと思われ、

    むしろ、その矛盾を感じる部分こそが千草さんの本当の
    相場観が隠れていることも気づきました。
    (結局フラクタルでつなげばいいだけです)

    この教材を真に運用できれば、
    おそらく5分以上の足ならジグザグにとる(天底をとる)ことも
    可能でしょう。

    そこまで突き詰めるか、簡単な相場だけとりにいくかは
    個人の判断だと思いますが・・・

  • コメント、ありがとうございます。

    >この教材を真に運用できれば、おそらく5分以上の足ならジグザグにとる(天底をとる)
    >ことも可能でしょう。そこまで突き詰めるか、簡単な相場だけとりにいくかは
    >個人の判断だと思いますが・・・

    そこまで突き詰めるには年単位の訓練が必要になりそうです。
    それだけ生き延びる為にも、まずは最も簡単な手法で収支プラスを常態化させたいと思っています。
    株の「勘」とFXの「勘」の違いに最初は戸惑いましたが、3ヶ月の訓練でようやく光明が見えてきた気がしています。

    FX、面白いです。
    頑張りましょう!

    • お返事ありがとうございます。

      私は株の経験はほとんどなく、FXと指数を数年やっているだけですが、
      知り合いの株トレーダーから
      「FX儲かるの?そんな人見たことないけど。
      株の方が難易度低いからいいよ」と言われたことがあります。

      それこそ、生活や性格も含めて相場観の違いだと思うのですが・・・

      FXの世界には、有難いことに優秀なテスターが存在して、
      年単位を月単位に短縮することも可能です。

      あまり細かく書くと商材の内容に触れますので避けますが、
      千草さんの他の商材の7days tradinng でも苦戦されていて、
      AHFXの定義上でも曖昧な
      不安定レンジとトレンドの区分け部分を個人的には
      詳しく検証してみたいと考えています。

      では、ブログ、また楽しみにしています。

      失礼いたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    three − 2 =