なぜ負けるのか?(5)

デモトレには、デメリットは無いけれども、弱点はあります。
それは、

「実弾とは違う」

という事であり、もっと直接的に言えば、

「実弾より極端なまでに簡単である」(=デモトレ感覚で実弾に進むと、想定外の難しさがある)

という事です。
だから、デモトレでちょっと勝ったからと言って安易に実弾に進めば、

「こんなはずではなかった~~!」

という事になる可能性が大です。
実弾トレードでは、自分の中にある本能(恐怖と強欲)をコントロールしながら随時しかるべき判断を下し、対応を続けて行かねばならないからです。
これは、未経験の人には信じられない事のようです。
なので、ここでちょっと思考実験をやってみましょう。

殆どの方は自転車に乗れると思います。
50cm程度の道幅があれば、スイスイと何Kmでも走り続けられるでしょう。
ところがもしこの50cm幅の道が、超高層ビルの屋上と屋上を繋ぐ、手すりすら無い木橋だったらどうでしょうか?(高さ200m、水平で無風、距離は100m、命綱の着用は可。)

殆どの人が尻込みするはずですよね?
尻込みが許されず、強制的にスタートさされてしまったとしたら、眼はくらみ、手足は震えて、転落する人が続出するはずです。(幸い命綱があるので、200mの高所にブラーン、ブラーンです。)

地べたにペンキで書かれた道と、超高層ビルの屋上を繋ぐ橋と、高さ以外は全て同じであると言われたって、怖いものは怖いのであり、体は正直です。

でも、いきなり強制されれば落下必至かもしれませんが、

「練習は自由にして良いから、1年以内に渡れれば10億円」

という事にでもなれば、成功者が続出すると思います。
高さ10cmくらいから始めて、少しづつ高くしていけば、高所の自転車乗りにも人間はかなり順応できるはずです。
ましてや、命綱がいざという時に機能する事が実感として理解できるようになれば、高さへの恐怖が無意味である事も実感できるはずです。
更に成功率を高めたければ、道幅を50cmより徐々に狭めて訓練するのも、絶大な効果があるはずです。

この思考実験が何を意味するか、もう説明なんて要りませんよね?(ところが「上がりそう、下がりそう」以外に売買の根拠を持たないような人が、命綱(損切り)の使い方も知らないまま実弾トレを開始し、毎日のように戦死者が出ているという事も、紛れも無い現実なのです。)

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


7 件のコメント

  •         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | 
           | ̄     ̄ ̄ヽ| 死人がきましたよ!っと
            |  __     |  
       _ -―  ̄  /\ ̄ ̄ ┴- 、 一度退場して 
      {     / ̄\ ̄ ̄/ ̄ヽ   ヽ デモトレからやり直しクマ
       ` -∩_|_  ●  ●   | ∩_ノ
        ⊂_ _つ` ( _●_)  ⊂_ _つ  
         {  }   |∪|     {  }  びろびろびろ~ん
          ` -|    ヽノ     `i -´  
           |           `-~,
           ヽ ___, --~´´
    どでもいいことですが、6行目
    「だから、実弾で・・・」は「デモトレで・・」なのでは?

  • たかやんさん、こんにちは。
    何故負けるのか5を読んで、この質問はやめようかと思いましたが、やっぱり教えてください。
    デモトレは一番いい方法と思いますが、たとえば300円で買いとメモしておいて、300円まで下げてきて、303円で利食いとメモして、303円まで上げてきたとしても、実際実戦だと300円で買えているか、303円で売れているかわからないですね。299円、304円つけていれば別ですが。
    そういう場合は299円、304円つけた時だけ利食い成功とするのですか?
    実戦だったとき利食いできないと自信につながらないので、
    素朴な疑問です。

  • クマごローさん、
    >「だから、実弾で・・・」は「デモトレで・・」なのでは?
    ご指摘、ありがとうございました。早速修正しました。
    気をつけているつもりなのですが、自分では気づけない場合が相当あると思います。
    これからも、お気づきの点等ありましたら、どんな事でも、どしどし御指摘をお願いします。
    =========================
    かずさん、
    「デモトレの結果が、どれだけ実戦の参考になるのか?」
    そう不安に感じる気持ちはよくわかります。
    ここで簡単に戦意喪失という人も少なくないでしょう。
    でも、
    「デモトレとは、元来実戦とは違うものである」
    「デモトレとは、自分を訓練する為のものである」
    という前提の元に、自分にとって厳しい「さじ加減」の判定を続けていくなら、それで十分にデモトレの効果を期待する事ができると思います。
    300円の買い板に並んだと仮定しても、300円の買い板が割れる事なく終われば、300円で買えたかどうかはっきりしませんね?
    そういう場合は「運良く買えた!」と判定するのではなく、「買えなかった」と、自分の望みとは反対の判定をして下さい。
    その一方で300円の売り板が出現し、それに買い注文をぶつけたとして、タイミング的に「まず、約定間違いなし」と思えたら、買えた事にして良いと思います。
    299円をつける事が必要条件ではありません。
    利確も同じです。
    303円の売り板に並んだとしても、303円の売り板が割れる事なく下がり始めたら「売れなかった」と判定するのです。
    その一方で、303円の買い板が出現して、それに売り注文をぶつけたとして「まず、約定間違いなし」と思えた時だけ、303円で利食えた事にして下さい。
    これもまた、304円をつける事が必要条件ではありません。
    自分に甘い判定をしていては、ペーパーをやる意味がありません。
    これには忍耐が必要ですが、その報いは大きいはずです。
    またこの質問からは、かずさんは「板に並んで待つ」という姿勢が主であるように推察できますが、デモトレで「板にぶつける」感覚を磨き、それでプラスが達成できれば、デイトレーダーとして一皮?(む)ける事はほぼ確実です。
    FXの場合は、システムが自動的に判定してくれるので売買だけに専念できますし、資金(仮想)の増減も一目瞭然です。
    リアルの損益が発生しない以外は、実弾感覚でデモトレに専念する事ができます。
    でも、スプレッド等は実戦より甘く判定されている可能性を忘れてはいけません。
    だからFXの場合は、自己に課す卒業試験の基準を、リアルの目標よりずっと高めに設定するのです。
    「1ヶ月で資金が2倍。」
    実戦で達成できれば、勿論素晴らしい成績ですが、デモトレなら「当たり前」くらいに考えてちょうど良いくらいです。
    逆に、デモトレで2倍にもできないなら、実弾ではプラスもおぼつかないと考えた方が良いという事です。

  • たかやんさま、こんばんは
    以前「月100万」の後継e-Bookがお買い得な訳の時に質問したものです。
    e-book購入以降もここのサイトにきて勉強させていただいてます。
    ここのサイトとe-bookは私のトレードの原点に勝手にさせて頂いています。
    最近空いた時間ができてきたので、トレードを1年ぶりに再開しました。
    資金の問題から株式ではなく去年デモトレを行い目標をクリアし、ちょこちょこ実弾トレードを行っていたFX(USD/JPY)で始めることにしました。
    最初は円高と為替介入の波にうまくのれて2万円ほど儲けが出ていました。
    しかし、ここから自分の投資スタイルを見失い、調子をおかしくして、1週間で儲けの分すべてと2万円ほど損をしてしまいました。
    これじゃ絶対にいかんということで、またe-bookとここのサイトに立ち返り、全てを読み直し、11/19からUSD/JPYとEUR/USDをメインにデモトレードを始めました。
    逆指値損切りと60%トレイリングストップ戦略により着実に資金を増やしていき本日仮想資金が2倍になり目標をクリアできました。(主にEUR/USDで行い7勝4敗1分でした)
    ここで質問なのですが、まだまだ心配なのでデモトレを続けていこうと考えているのですが、期間の1ヶ月まであと20日弱残っている今回の場合、資金を2倍にした同じ口座で続けた方がいいのかそれともまた新規の口座を開いた方がいいのかどちらがよりデモトレのメリットがあるのかとても悩んでいます。
    たかやんさまからすればしょうもない悩みかもしれませんがアドバイスをよろしくお願い致します。
    =======================================(以下、たかやん)
    「1ヶ月で200%を目標とする」
    という事で始めたのであれば、現在は途中でしかありません。
    たまたま短期間で200%を超えたけれど、このまま1ヶ月続けて終わってみたら、マイナスになっている可能性だってあります。
    勿論、400%とか600%とかになっている可能性もあります。
    デモトレをやる意味は、
    「勝ち方を覚える事」
    と、
    「自分はFXで勝てるという実感を得る事」
    の2点にあります。
    この2点は、同じようでいて、微妙に違います。
    現在のkazukisukeさんは多分、勝ち方がわかってきた段階です。
    でもそれが、本当の実力なのか、「たまたま」なのか、イマイチ自分でも確信が持てない段階でもあります。
    ここはまず、1ヶ月を通して最後までやってみる事です。
    気が緩んで1ヶ月終わってみたら2倍を割っている可能性もあります。
    ならば、「もうイッチョ!」という事になります。
    ここまでの調子が今後も持続して、200%を大きく超える結果を残せるかもしれません。
    であれば、小額ででも実弾に進む資格があるという事です。
    単なるゲームとしてやっているだけなら、いつまでデモトレしていても構いませんが、「稼ぐ」事を目的にしているなら、どこかで実弾に進まない事には何も始まりません。
    やはりデモトレと実戦は、想像以上に違うものだからです。
    例えば、
    「資金が2倍になったら御破算にして、気分も新たにスタート。」
    という事を、自分で納得いくまで何度でも繰り返すというのも悪くはないとは思います。
    いきなり実弾でマイナスに陥ってしまう「ブタ派」に比べれば、圧倒的に「狼的」です。
    でもこれって、デモトレ感覚が強すぎて、少しも実戦感覚が感じられません。
    デモトレ口座とはいえ、せっかく2倍にできた資金は、仮想資金とはいえ、少しでも実弾の感覚に近いような気がします。
    デモ口座を作った瞬間に与えられる仮想資金には何の重みも有りません。
    10,000円だろうが、1,000,000,000円だろうが、ただの数字に過ぎません。
    でも仮想資金とは言え、それを200%に増やした中の100%分は、自分が注意深くトレードした努力の結晶なのであり、既に単なる数字では無くなっています。
    これをどう守るか、どう攻めるか、本当の自分のお金のつもりで、いろいろ考えながら1ヶ月継続してみて下さい。
    無料ゲーム感覚で新規スタートを繰り返すより、よほど実戦に近い感覚を味わえると思います。

  • たかやんさま
    貴重なアドバイスをありがとうございました。
    今までもデモトレを行って1ヶ月以上かけて資産200%をクリアしたことはあるのですが、
    今回のデモトレほど短期間でうまくいきすぎてしまったことがなかったので、
    たまたま運がよくてこの短期間に2倍にできたのかなと自信が持てないでいました。
    ただ自分の投資スタイルには『稼ぐ』ことができる要素が少なからずあるのではないかということも再確認できました。
    12月になると仕事もまた忙しくなるので今ほどデモトレをできないかもしれませんが、今の投資ルールを厳守して今までと同じくトレーディング・ロボットになり残り20日間で200%がどうなるか見届けたいと思います。
    実は150%過ぎてから仮想資金に対する感覚が完全に実弾と同じになっています。
    仮想資金が増えれば嬉しいし、減ると身を削られている思いです。
    でもこの感情に左右されないで変に守りに入らず、かといって強気になりすぎず今まで通りルール通りに実行するつもりです。
    実弾に進む資格を得た事を年末に報告できるように頑張ってみます。
    丁寧なアドバイス本当にありがとうございました。
    ======================(以下、たかやん)
    確かにFXのデモトレは、真剣になればなるほど、仮想と現実の差が無くなっていきます。
    ノーリスクで実弾(に近い)演習ができるのだから、これほど効率の良い事はありません。
    ここでまた一つ、アドバイス。
    既にこのブログで何度も言っている事ですが、トレードには
    「本能を逆なでする行為にこそ優位性があり、本能に楽な行為はブタでもできる行為にすぎない」
    という性質があるという事です。
    どちらに進むべきか、選択に迷うような事にぶつかったら、理性的に矛盾とならない範囲で、「やり難い方」が「選ぶべき方(=正解)」と思って、まず間違いありません。
    頑張って下さい。

  • 何時もいい記事を書いていますねー。
    この手のブログではトップスリーだと私は思います。
    しかしまたまた苦言を一つ。
    「相場は経験が大事だ」、
    「相場は訓練しなくちゃ-上手くならない」、
    「相場は何が何でも練習だ」と言われます。
    「練習」「訓練」「経験」と言う言葉をごちゃ混ぜにしているブログを良く見かけますが、ここには明確で歴然とした違いが有ります。
    相場の本質と深い関わりが有ると思うのですがいかがでしょうか?
    まぁ、年寄りのたわ言として聞き流してください。

  • >相場の本質と深い関わりが有ると思うのですがいかがでしょうか?
    ご指摘、ありがとうございます。
    おっしゃる通りです。
    今後は、私のできる範囲でですが、意識して書き分けてみようと思います。
    でも新規参入者の大半は「練習」「訓練」「経験」を区別する遥か以前の段階で、日々資金を消耗させ続けていると思われます。
    当然、私自身も最初の1~2年は「そのクチ」でした。
    そういう人がこのブログに出会う事で何か気づいてもらえれば、それはそれで、存在しないよりはマシ?かと思っております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    eighteen − 4 =