マルチタイムフレーム分析デイトレ、本日はノートレ(5)+【MTFMA設定の補足】

昨日は、始まったばかりと思った下げトレンドが、あっけなく東京時間で終わってしまい、そのままチャートは乱れてしまって、新たなデイトレのチャンスを見つける事はできませんでした。
そして今朝の東京市場も、引き続きチャートが乱れたままで、トレードは見送りとなりました。


【補足】
以前にも書いたと思いますが、私はY社とZ社の2社分、2個のMT4を使い分けています。
一つはデイトレ実戦用で、ロードしていくるローソク足数をトレードに差し支えない程度に少なく抑え、チャートの組表示の切り替えを素早く行えるようにし、もう一つは過去チャート検証用として、画面切り替わりのスピードを犠牲にする代わりに、極力遠い過去までさかのぼって検証できるようにしています。
MT4が使える証券会社の二つに口座を持つだけで実現できるので、おススメです。

で、ここからが「補足」の本題なのですが、Y社のMT4はドル円の1時間足チャートで4時間足MTFMAが表示されず、Z社のMT4はオージー円の1時間足チャートで4時間足MTFMAが表示されないという、不思議なトラブルが発生していました。
その理由は、MT4のデータ配信の仕組みまで理解していない私にとっては全くの謎でした。
2020年5月18日、「FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(4)の記事に書いた理由で、(B)のインジの取り扱いを止め、(A)のサイトのインジに全面的に切り替えた為、上記のような問題は見つかっていません。
何か不都合などありましたら、メールにてご連絡下さい。
デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)