デイトレーダーなら・・・


デイトレーダーのPC

デイトレーダーというと、右のようなマルチモニターでデイトレするもののように考えている人も少なくないでしょうが、私はずっとノートパソコン3台でやってきました。
どれかが壊れてもバックアップは完璧だし、停電しても何の問題もありません。

その一方で、トレード以外の「ネット関連」の作業は、別のスリム・タワー型のPCで行っています。
で、つい最近ネット上のどこかで、

「モニターを2枚にすると、作業効率が40%アップする」

という海外での調査報告を読み、大変興味を持ちました。
でも調べたところ、自分のスリムタワーにはグラフィックカードを追加する余裕がありません。
新たなカードに差し替えるとなるとPCとの相性の問題が怖い上に、結構なお値段です。
しかし同時に、ヘンテコなものも目に入ってきました。

「USB接続グラフィック・アダプター」
その名称を読めば、何をする装置なのかはすぐ理解できますが、

「そんなもんが、ホンマに使い物になんのんかいな?(しかもメッチャ安いし・・・)」

というのが正直なイメージでした。
しかしカスタマーレビュー等を読んでいくと、結構好評のようです。
なので、既に使っているLG電子のモニター(E2241)と同じモデルと一緒に購入してみました。
Amzonプライム会員なので、送料無料で翌日にはもう到着!
開梱して接続を済ませ、ソフトをインストール&リブート。
するとビックリ!、もう動いています。
使い始めて1ヵ月以上経ちましたが、何の問題も無いどころか、本当に作業が40%以上効率化している感じがしています。(「映像の専門家」とか、「ゲーム命」の人にはどうか解りませんが、私が使っている限りでは、Youtubeの動画も含めて、完全無問題です。)
この環境を手に入れる為の総コストが、

「2万円弱!」

とは?

解像度1920 x 1080のモニタが12000円台で買えるというのも驚異ですが、LG電子のこのモニタは決して安かろう、悪かろうな商品ではありませんし、USBのポテンシャルも、私の先入観の遥か先を行っていました。

実はこの記事の先頭の写真は、私のスリムタワーの2つになったモニターを映したものです。(写真をクリックすると拡大します。)

表示されているチャートシステムは、勿論Kabuステーションです。
マルチモニタ環境で表示させてマウスで右側に引っ張ってやると、ビヨヨーンと伸びて、写真のように1920 x 2 x 1080で表示させる事ができました。
(「ビヨヨーン」は初回だけで、次のログインからは最初から2画面表示されます。)
どうやら、ノートPCでデイトレする環境ともお別れになりそうです。(テスト中)
(使う人によっては、ノートPCにモニタを追加するのでも効果が有るでしょうし、スペースさえ許せば、3モニタ、4モニタでも使えそうです。私はとりあえず2画面でも十分満足していますが。)
未来のデイトレーダー?
一人で引きこもってデイトレしてると、テクノロジーの進歩(&価格の急降下)に気がつかないで大きな損をしている可能性があります。
近い将来には、こういうのがデイトレーダーの標準装備になるかも知れませんね?

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)