デイトレの本質とは?(7)

リスクを取るとは、

重要な売買判断は、エントリー前に(できるだけ)済ませておく

という事であるとも言えます。


ポジションを取った途端に、あなたが、あなたじゃなくなってしまうからです。
普段は冷静な狼でも、強欲と恐怖の荒波に飲み込まれれば感情的なブタになり果ててしまうのです。

虎の子の資金を、みすみすブタの裁量に委(ゆだ)ねたくはないでしょう?
だったら、事前にリスクを取っておけという話です。


更に確実を期すなら、逆指値等の自動執行ツールの利用もお勧めします。
どうしても自分で判断しながら損切り注文を出したいという人も、エントリー注文が約定すると同時に、予定位置より少し深いところに念の為の逆指値注文を置いておくと良いでしょう。セーフティーネット

万一、ブタに変身して判断能力を喪失する事態に陥っても、この逆指値がセーフティーネットになってくれます。(こういう些細な工夫も全て、「リスクを取る事」に繋がっているのです。)


以上で、リスクを取るの基礎部分の解説を終わりたいと思います。
基礎部分といっても、これができてるだけで、他の並みのトレーダーとは一線を画した存在であると言えます。
既にトータルプラスを計上できている場合も多いでしょうし、もしまだ収支が安定していないという場合でも、実戦経験をフィードバックし続けていく事で、確実に階段を上がっていけます。


それから、ここまでの説明は全てデイトレーダーをイメージして書いてきた事をお断りしておきます。
つまり、ファンダメンタルズの変化等を考慮せずに済むデイトレが前提であるという事です。
他のトレードスタイルにも共通する部分が少なくないとは思いますが、違和感を感じる部分があれば、自分なりにより優位性があると思われる方向に軌道修正していって下さい。


さて(くどいようですが)、トレードというのは、利益を得る事もあれば、損失が出る場合もある両刃の剣です。
怪我する事が不可避であるなら、予め怪我の深さを特定しておこうというのが「リスクを取る」事のように理解されているかもしれません。

実際、そのような説明をしてきました。

しかしそれだけだと、怪我は浅ければ浅いほど良いに決まってますよね?

誰だって、10万円の損よりは1万円、1万円よりは千円の損で済ませたいに決まっています。
でもこれは、トレーダー側の都合であって、マーケットの事は無視してますよね?

マーケットで自己都合が通るのであれば、誰でも大富豪です。
勿論、そんな事はありえません。
でも結構、この事に気付かないまま悪戦苦闘しているトレーダーもいるようです。
あなたは大丈夫でしょうか?

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


2 件のコメント

  • ベストテン入りおめでとうございます。
    普段は応援のみしていますが、お祝い事なのでコメントしてみました。
    これからも濃い内容の記事をお願いします!

  • ランキングの「お祝いコメント」なんて、ブログ開始以来の5年間で、初めての事です。
    ありがとうございます。
    またこの場を借りまして、私の知らないところで、密かに日々クリックで応援して下さっている皆様、
    いつも本当に、ありがとうございます。
    ベストテン入りは、夏の夜の花火みたいなもので、すぐに終わってしまうものですから、これから地味に戻っても、ぜひ引き続きよろしくお願いいたします。
    そしてぜひ、コメントでも参加して下さい。
    ランキングは後押ししてくれますが、コメントは記事内容を牽引してくれているのです。
    コメントで記事の内容が決まる事も多いです。
    (なぜなら、何を書けば良いのか、それが解らない日の方が多いからです。)
    書く事さえ決まれば、今回のように続けざまに書く事も大した苦労ではないのです。
    「きっかけ」「とっかかり」こそが大切なんです。
    これからも、どうぞよろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)