日記の魔力

私は、学生達に英語を教える授業のなかで次のような話をする事がある。

英文を読むってどういうことだろう?
何の為に読むのか。それはわかるためだろう。

「読む」=>「わかる」

じゃあこの「読む」から「わかる」までの間には、何があるのだろう?

「読む」が「わかる」になる必須の条件。
それは「感動」することだよ。
だから、もし感動していなければ、それは「わかった」のではなく、単に覚えているとか調べた単語を貼り付けただけに過ぎない。
感動が伴って初めて何かがわかったといえるんだ。

じゃあ次に、わかってから訳すのだけど、英文を訳す目標は何だろう?
それは、他者の理解だよ。
君たち受験生でいえば採点官だ。
この採点官に理解してもらうために英文を訳す。

「訳す」=>「理解」

今度は「訳す」ことから他者の「理解」に至る間。
そこにはいったい何があるんだろう?
それはさっき、自分が得た感動を伝えることなのだけど、それを一言でいうと何だろう?

それは「愛」だよ。

どうしたら相手が理解できるかということを考えて訳す。
だから理解してもらうということは「愛」なんだ。

書くという作業はすべて「感動」と「愛」にもとづいている。
日記もその読者である未来の自分への「愛」を込めて書かなければいけないと、私は思っている。
愛を込めるといってもそれは難しいことではない。
特別な文章力が必要なわけでもない。
未来の自分が「ここに書いてあってよかった」と思ってくれるようなことをていねいに、正直に書いていけばいいだけである。

<< 「日記の魔力」P.116~P.119より >>


私は字が汚いというコンプレックスが強く、殆ど手書きで字を書きません。(左利きなのに親から「お行儀」関係(鉛筆とか箸とか)は右利きに直された事が理由であるともいえるし、単なる言い訳とも言える。世の中には足で書いても私より遥かに綺麗な字を書く人は一杯いるのだ。)

だからノートするとか日記を書くというのは、苦手を通り越して「やらない事」になってます。
パソコンには悪筆が出ないので、なんとか書いているという状態。
だけど「情報を整理してまとめ保存する」ということの必要は感じているので、その参考になりそうな本として買ったのがこの「日記の魔力」です。
しかし、この本は私が予想したような事務的な内容ではありませんでした。
ライフワークが「思想」と言い切る著者ならではの、深い内容が込められた本となっています。
私も、もしこのブログを書いていなければ、上記の部分にも特段の感心は持たなかった事と思います。
しかし、このブログに詳しい方には、思い当たるところがあるはずです。
そう、このブログのコンセプトは「初心者時代の自分の為に書く」から始まっているのです。
「未来の自分」とは逆ではあるものの、私自身も気付いていなかったものが見えてきたような、嬉しい発見の一冊でした。
日記の知られざる価値に興味が感じられる人には、特にお勧めです。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


5 件のコメント

  • ヤスダと申します。初めての書き込みです^^
    かなり前の記事なのですが、“FXで実弾を撃っていいのは、仮想資金を1ヶ月で倍にしたとき”という趣旨のものがありました。
    これはpipsでいうとどのくらいなのかな? と悩んでおります。
    私はEUR/JPYのデモトレードをしているのですが、大体1ヶ月で1000pips(1日平均50pips)ぐらい取れるようになって来ました。
    そろそろ実弾で荒波に漕ぎ出してもいいかな、と考えているのですが、この成績ではまだまだでしょうか・・・?
    デモトレードでは最小単位・1万通貨でトレードしているので、200万の仮想資金は1000pips取っても210万にしかならないのです^^

  • >仮想資金を1ヶ月で2倍
    という目標は、現実のトレードの目標と比べるとかなり高いものになっています。
    しかし利益や損失が膨らんで感情が揺さぶられる事の極端に少ないデモトレは、トレード本来の「難しさ」がかなり軽減される為、そのハンディとして高い目標を設定しているのです。
    しかし、これは単なる目安に過ぎないとも言えます。
    極端な場合1ヶ月で2~3トレードしかしないで2倍になる事もあるだろうし、勝率が3割程度なんだけど「たまたま」結果オーライで2倍になるという場合もあるかもしれません。
    一方で資金は1.2倍程度にしかならなかったけど、それはレバレッジを低く制限した結果にすぎず、勝率やリスク・リワード比は申し分ない成績を残せている場合だってあるでしょう。
    要するに「仮想資金を1ヶ月で2倍」は、まあ誰が目標にしてもほぼ問題は無いものの、絶対的なものではないという事です。
    ではなぜこういう設定をしたのか?
    本質的な事を言えば、成績の内容なんて関係なく、心の底から「俺はFXで勝てるんだ!」と確信できさえすれば、実弾に進んでも大丈夫です。
    でも、そう書いただけでは具体性に乏しいですよね?
    読む人によって、どう誤解されるかわかったものではない。
    だから、自分の中で「俺はFXで勝てるんだ!」という確信を掴む為の一つの具体的な目安として、「仮想資金、1ヶ月で2倍」を提示してみたのです。
    ヤスダさんは、既に「俺はFXで勝てるんだ!」という感覚を得ていると思います。(「俺は」は「あたし」かも知れませんけど、、、)
    それがどの程度の確信に満ちたものか、私にではなく、自分に聞いてみて下さい。
    少しでも「でも、どこで大負けするかわからない」みたいな弱気が残っているなら、それが払拭できるまでしばらくデモトレを続けるのも一手ですし、「大丈夫そうだから、そろそろ実戦で試してみたい」という感じが強ければ、素直にそれに従って良いところまで来ていると思います。
    トレードで90%以上の人が半年も持たずにマーケットから撤退していく理由は、トレードで勝てる具体的な優位性も持たないまま、「トレードすれば稼げるかもしれない」みたいな根拠の無い欲望だけで実弾トレを始めてしまう事にあります。
    するとマーケットは「FXやると負けるんだ!」という経験則をトレーダーに反し続けます。
    「勝ちたい」とか「儲けたい」という願望がいくら強くても、心の底で「FXやると負けるんだ!」と確信しているトレーダーが浮かび上がるのは、ブタが空を飛ぶほどに難しいでしょう。
    デモトレでの客観的事実を元に「俺はFXで勝てるんだ!」と確信できてから実弾トレを開始すれば、トレーダーの生存率は十倍どころか、百倍千倍になるでしょう。
    1円も稼げないデモトレで地味なトレードを繰り返し、「俺はFXで勝てるんだ!」という確信を掴みとる事ができるトレーダーは、経験期間の長短に関わらず、本物の「狼の子」です。
    そのまま警戒心を忘れずに実弾で成長していけば、早晩「狼」トレーダーになれるでしょう。
    「警戒心を忘れずに」
    というのがまた、想像を絶して高いハードルではあるのですけどね?
    でもそれはまだ、ヤスダさんが悩むべき問題ではありません。

  • たかやん様
    とても詳しく説明していただき、ありがとうございました! 
    疑問が氷解いたしました。m(_ _)m
    デモトレードから実践トレードに移りたいと思います! 
    >「警戒心を忘れずに」
    >
    >というのがまた、想像を絶して高いハードルではあるのですけどね?
    了解いたしました。
    ハードルが高ければ高いほど燃えます^^ いつの日かまた吉報をたかやん様にお届けできるよう頑張ります!

  • ”書くという作業はすべて「感動」と「愛」にもとづいている。”
    ・・・素晴らしい言葉ですね!感動しました!

  • 私もです。(おひさしぶりです!)
    なので、つい「スーパー英文読解法」も発注しちゃいました。
    私自身は「原仙作氏」の時代の人ですが「表三郎氏」の「平成に生まれた英文読解の奇書」には興味をそそられました。
    そう、やたらと脱線している時間はないのですが、ついつい、、、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)