デイトレと心理学、大馬鹿トレードの原因は「ストコーマ」?

平成の日本で、

「よーし、俺もデイトレで稼ぐぞ~!」

なんて決意するのは、客観的に考えて、相当チャレンジ精神旺盛な人種と言えると思います。
確かに自分だけは大丈夫のココロで飛び込んでくる人が殆どだけれど、そういう人でもデイトレにリスクがつき物である事を全く知らない人は皆無なはずです。

多少のリスクは覚悟の上で、自己の可能性に挑戦する!

いいじゃないですか。
未体験の事柄について、そのネガティブな部分ばかり強調して安全地帯から出てこない人よりも、ネガティブな部分は承知の上で未知なる可能性に挑戦してみる人を、私は心から応援したいと思います。

でも、実際にデイトレを開始してみると、チャレンジ精神なんてものはどこかに消えうせてしまって、目の前のローソク足の上下動に心を奪われ、気がつけば大きな損失を抱えてしまっている。
というお決まりのパターンです。(勿論私もその一人でした。)


いいですか?
あなたはリスクを承知で、デイトレの可能性にチャレンジしに来たのです。
であるなら、「リスクを取る」という事にも正面から取り組む必要があります。

このところ「心理学」に関する本を1日1冊のペースで読んでいるのですが、
その中から、最近まで知らなかった重要キーワードを見つけました。

「ストコーマ」

です。
日本語で「盲点」を意味し、本来は眼球に関係した生物・医学的な言葉ですが、心理学の用語でもあり、日本では苫米地氏の著書が有名であり、そのルーツは米国から来ています。

「デイトレにリスクはつき物だ!」

あなたにこの認識が備わっているとしても、実弾でポジションを取り、欲望恐怖という、脳の領域でも最も原始的な領域にスイッチが入るやいなや、

「リスクを取らねばならない」

なんてスマートで近代的な概念はストコーマの領域に隠れてしまって、意識することすらできなくなってしまう可能性があります。


後悔
あなたは、

「なぜ、こんな大バカトレードをやらかしてしまのだろう?」

なんて、後になって思う事がありませんか?
それは、欲や恐怖の為に(近代的な)理性が(原始的な)本能に道を譲り、平常心なら当然見えるものが、平常心を失うことでストコーマの領域に隠れてしまったと理解する事ができます。

バカだからとか、自制心が足りないとか、トロいとか、自分で自分を否定するような誤った理由付けをしてはいけません。
それでは、ますます問題を悪化させてしまいます。

いきなりで解りにくかったかも知れませんね?(それとも、何か「はっ」と気づく事があったとか?)
更に手を変え品を変え、説明してみたいと思います。

(補足)本能と理性の関係については、こちらのレポートで詳しく解説しています。
『デイトレ攻略の新戦略レポート』 <==クリックして下さい!

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


2 件のコメント

  • はじめまして。
    いいブログだなと思いましたのでコメントさせていただきました^^
    私はFXでトレードを始めてもう3年くらいになります。
    2006年頃に初めて2008年大荒れの頃に一時撤退し(家庭の事情で資金を引き上げる必要に迫られて)、今年から復帰を決意し、平日はデモトレ、土日はシステム開発とどんな気持ちでトレードに臨んでいたのか、日々反省と研究に明け暮れています。
    「なんであんなトレードしたのだろう?」と思う事がよくありましたね。
    何度も何度も(笑
    そんな中、メカニカルシステム、裁量システムの検証、デモトレでの鍛錬を繰り返していくつかのことに気づきました。
    1.結局、いくら良いシステムをもっていても、セルフコントロールができなければ儲けるのは不可能。
    2.良いシステムを手に入れても、真に自分のモノにするのは時間がかかる。
    すばらしいバットを手に入れてもいきなり野球は上手くならない。
    3.テクニカル分析はほとんど必要ではなく、ほんのちょっと利用する程度で十分儲けられる。
    今現在デモで、会社から帰宅して午後9時~12時の間に2、3回程度のトレードと、朝の始値仕掛けのNY終値仕切りの2つのデイトレードをしていますが、テクニカルはほぼ使用してません。(夜の部はほとんど雰囲気でトレード)そのかわりに、自分を制御する事に集中してます。
    所詮はデモですので偉そうには言えませんが、「自分の制御」に重きを置くようになってから、収支が劇的によくなりました。
    トレード方法は何も変わっていないのにもかかわらず。
    トレードというのは極端な話、気持ちが高揚している時ほどポジションをすぐに解消し、気分が胸くそ悪い時こそ、ポジションをこれでもかと建てるほうが上手くいくのではないかと思うのです(笑)
    あくまで感覚的な例えですが。ようするに自分の感情と反対の行動を取る方が結果として合理的な行動になるような気がしてならないのです。
    損切りしたくないと思うならば、すぐさま損切りし、利食いしたいと思えば、我慢する、、、と。
    トレードシステムなんてものは、データさえあれば数時間~数日程度で検証できてしまいますが、心理(性格)の制御は一朝一夕で身につくものではありませんよね。
    こればかりは場数を踏んで、経験を積むしかありません。
    実弾トレードをやっているわけではありませんが、当分はデモで赤字の月がなくなるまで修練しようと思います。
    長くなってしまいましたが、ブログの方、読んでいない記事がまだたくさんありますので、ちょくちょくお邪魔させていただきます。
    ===============================(以下、たかやん)
    コメント、ありがとうございます。
    もっとこのブログを読んで頂くと、やまびさんに心当たりのある事がバンバン出てくると思います。
    その時はまた、ご意見・ご感想コメントをお願い致します。

  • ほんとそうですよね。
    あとから振り返ってみると
    どうしてこんな馬鹿なトレードしてんだろうって思うことが多々ありました。
    最初は私だけかと思ってたんですが
    たかやんさんのブログを読ませて頂くと私だけでなく
    人間の普遍的な盲点を付かれていたんだと気づきます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)