疑問に感じた時こそ、チャンス!

デイトレの勉強をしていると、いろいろな事で疑問に感じる場合があると思います。

例えば書籍等に書いてある事と、私がメールやブログで主張している事が矛盾していると感じられた場合、どちらが正しいのか判断できずに困ってしまうかも知れません。

そうした疑問を感じた時って、実は「チャンス」なんです。

何の疑問も感じずに、スイスイ頭に入るような事は、元々理解ができていた可能性が高く、学びも殆どありません。

かといって、難解すぎる書籍等は、疑問を感じる以前に脳が拒絶反応を示してしまい、途中で投げ出してしまいます。

だから、疑問に感じるという事は、あなたの知識や経験値がその問題のレベルとほぼ同じ水準にあって、

「あと一歩!」

でレベルアップできる可能性が高いのです。

疑問に感じたら、それをそのまま放置しないで、必ずその疑問をメモに書きとめて下さい。

メモしなければ、たった1分後でも、その疑問を忘れてしまうかも知れません。
忘れた疑問は、もう死ぬまで疑問に感じずに終わってしまうかも知れず、とても勿体無いのです。

疑問を書き記したメモは、答えを見つけるまで保存して下さい。
疑問は、まず自分で可能な限りしっかり考えてみる事。
自分で考えもせずに他人に質問してはいけません。
それでは、

「思考しない脳」

になってしまいます。
脳は、鍛え続けないと、どんどん「サボリ脳」になっていってしまうので注意が必要です。

そして、自分で考えても調べても、どうしても答えがわからない場合は、その答えを知っていそうな人に質問して下さい。

文章で他人に自分が疑問に感じている事を理解させるのは、結構面倒なものです。
しかし、その「伝える」という努力は、あなたの脳にとって、とても良い訓練になります。


そして更に相手が回答してくれて、考えても解けなかった疑問が解消されたら、とても気持ちが良いはずです。
脳が喜ぶのです。
デイトレも、カチッ!と音がするように、レベルアップします。

そういう経験を積み重ねる事で、あなたのデイトレは着実に進歩していきます。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)