デイトレは、狙い澄まして撃て!(最終回)

勝ちパターンを重視するのと同等以上に大切なのが、自分の負けパターンを良く理解し、一つづつ自分のトレードから追放していくという姿勢です。

人間の本能の殆どが、トレードではマイナスに機能する事が解っています。

安くなったらつい買いたくなる「逆張り心理傾向」とか、沢山の人が参加して暴騰している銘柄に飛び乗ってしまう「赤信号、みんなで渡れば怖くない症候群」とか、探せばいくつも見つかるはずです。

そうした中でも最も重大な負けパターンが、

「損切りせずに粘ってしまう」

です。
私を長く苦しめたのも、結局はコレでした。


損切りは、自分の外側で発生する事故を除けば「100%確実」になって初めてトレーダーとしてのスタートだと理解して下さい。
100回に1回でも、1000回に1回でも、損切りできずに粘ってしまうようなら、まだまだ半人前以下だという事です。
言い訳はいくらでも思いつくでしょうが、そんなのは全く無意味です。

トレーダーとして生き残っていきたければ、100%確実な損切りを自分ができるようになる為には、何をどうしなければならないか、真剣に考え、答えを出し、そして実行して下さい。
1日も早くです。

延期するのは自由ですが、それは自分をブタのまま放置する選択であり、他の何を頑張っても資金は減り続けるはずです。


自分が負ける理由を特定し排除していくのは、非常に困難な仕事です。
自分の本能に宣戦布告し、倒すまで頑張らねばならないからです。
でも、デイトレで稼ぎたいのであれば、避けては通れない関門であり、気合いを込めて突破するしかありません。

グズグズしていると、いつまでも延期したくなりますが、不退転の決意でぶつかれば、必ず突破できます。
しかも、今すぐにでも・・・(決意するべき時は、常に「今」しかありません。)

初回「デイトレは、狙い澄まして撃て!(1)」に戻る。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • お世話になってます。
    いつも勉強させてもらってます。
    トレードをはじめて、ひと月もたたないひよっこです。

    今回の記事は、ぼくにとっては非常にタイムリーです。
    とにかくいまは、ロスカットの猛特訓をしているからです。
    もちろん、リアルマネーを削ってです。
    100株を買っては、−3ティックで売り逃げる練習。

    これまで、高値つかみやひたすら逆張り、あげくの果てにはロットを増やして一獲千金など、愚行を繰り返してきました。

    やっぱり気づきますね。
    自分の手法が、なんだか腑に落ちないと。
    なにかがちがうんだと。

    それからは、負けパターン(勝ちパターンの構築はまだまだ先なので)を徹底的に精査し、ノートブックに思ったことをひたすら書き出しています。
    ちょっと考えたことは、株は心理に深く根ざしているのではないかと。

    ぼくなりのロスカットの課題は、押しなのか下げなのかの見極めです。
    押しでロスカットしてしまっても、また買い直せばいいだけの話なんですけど。

    とにかく、もう1〜2週間はロスカット練習をつづけます。
    もちろんチャンスがあれば攻めます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)