デイトレは能動的に(後編)

私がブログやメルマガを、どういう気持ちで書いていると思いますか?

「こんな事を書いても、誰の参考にもならないのではないか?」

です。
去年の6月にブログを始めて、ずっとこれです。いつも、不安です。
でもポツポツ届くコメントや質問に支えられて、今まで続いてきました。

記事をアップする時は、いつも全然自信がありません。
でも、それに対してコメントや質問を頂くと、書いた事に意味があったとわかります。
だから、できるだけしっかり「お返しコメント」します。

私のブログでは、記事より「お返しコメント」の方が濃い事が多々あります。
それはこうした理由からです。
私のブログの記事を読まれたら、ついでにコメントも読んでみて下さい。
コメントの方が、記事より参考になる場合も多いと思います。

さて、昨日発信したメルマガには、1通だけ感想が届きました。
少なくともお一人の方には参考にして頂けたのカモ?

よしお
152円か153円か。答えはわかります。
いつも僕がする反対のやり方が正解かなぁ。
…..あっ.やっぱり。

そうですか。

買いたいなぁとおもった時に売り、売りたい時に買う。
僕の場合、こんな奇妙な事ができれば利がでたのかなぁとも思います。
難しいですね。
ですが、またヒントいただきました。
デイトレは「能動的に」ですね。
今は仕事が忙しいのですが、こんな銘柄みつけたら飛び乗りしてみます。
怖いと思い、しなかったやりからです。
損切りしっかりで、怖くないですね。
勉強させてもらってます。ありがとうございます。

この方には「奇妙」な売買だったんですね。

で、返事を書きました。

たかやん
感想、ありがとうございます。

「買いたいと思った時に買い、売りたいと思った時に売る」

ですが、事はそれほど単純ではありません。
その時に「買う」または「売る」だけの根拠が伴っていなければいけません。

どういう手法にせよ、そういう根拠のある瞬間というのは、そこらにいつもゴロゴロ転がっている訳ではありません。
そういうチャンスを探し、見つけ、待伏せするのがデイトレです。
そして、いざそのチャンスに出会ったら「銃で獲物を仕留めるように」能動的に動きましょう。
せっかくのチャンスに「受動的」でいては、
「偽物の獲物を掴まされる」

か、

「本物の獲物に逃げられるか」

のいずれかの可能性が大です。
本物の獲物は、能動的に捕まえないと、なかなか手に入らないのです。

勿論、「受動的」でも「カモがネギ背負って来る」事だってあります。
カモを見つけたら、カモも美味しく頂きましょう。
でも、カモばかり狙っていては効率は悪いです。
カモだけでは、お腹が空いてしまいます。

やっぱり、デイトレの基本は「能動的であれ」です。

【蛇足】チャンスでもないのに闇雲に能動的だと、あなたが「カモ」ですのでご注意を。

【 この記事の前編から読む 】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)