デイトレ レポート(無料!)

Pocket

2006年の当ブログ開始当初から、

「デイトレで勝つためには、本能を克服せねばならない!」

という事を言い続けてきました。
これは今後とも古びる事の無い確かな真理であり、今更これを曲げるつもりは毛頭ありません。
この事を意識する事によって「勝ち組に移行できました!」というご報告も実際に沢山受けています。

しかしながら、この言葉を真剣に実行しようとするあまり、心と体のバランスを崩し、体調不良をきたす可能性がある事を否定はしきれませんでした。
本当に真剣に、自分の本能と真逆の事を実践しようとする事は、人によっては大変なストレスとなり得るのであり、その結果として、腹痛や頭痛、眼の痛み等、様々な身体的障害となって現れてくる場合があります。
軽症のまま克服できれば良いのですが、場合によっては更に深刻化し、デイトレなどできる状態ではないところまで悪化しないとも限りません。
(少しでも思い当たる事があるなら、絶対に無理は重ねないで下さい。)

私としても、この問題は長い間、ずっと心にひっかかっておりました。
そこでこの問題について私なりに考え、研究し、それを結論としてまとめたのがこのレポートとなります。
人間の「心の仕組み」にまで立ち入り、本能を敵に回す事なく願望を実現する為の方法を解説しています。
デイトレから収入を得る事は勿論、あらゆる「願望」を達成する上で、このレポートの内容を知っている事は、その達成率に決定的な影響を与えうるものと確信します。

レポートは下記URLをクリックして入手して下さい。

『デイトレ攻略の新戦略レポート』を手に入れる <==ココをクリック!

Pocket

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


5 件のコメント

  • たかやんさん
    お世話になってます。
    ブログというものに書き込むのは生まれて初めてなものですから、かなり的外れだったらすみません。
    また、感想文も苦手です(笑)
    「デイトレ攻略の新戦略」拝読しました。
    内容も素晴らしいですが、まず、たかやんさんの熱意と半年もかけた労力に対して、敬服の外はありません。
     なぜ我々がブタトレーダーに変身せざるを得ないのかが、超具体的に(しつこいくらい)書いてありました。
    まずこの事を心から(潜在意識で)理解しないとダメってことですね。
    まだ1回しか読んでませんので、これから何回か読ませて頂きます。
    ナポレオン・ヒルの「思考は具現化する」は買って読んでいました。というか、仕事柄、以前の僕はセミナーで「潜在意識」について教える立場でした。
    株の世界では、まさかこの僕が「潜在意識」を味方にするどころかコテンパンにされているなんて・・・改めてよく分かりました。
    大きな含み損を抱える度に「心」が停止して、耐え切れないほどの眠気に襲われてふて寝をしていました。
    まさに本能が自分をブタにすることによって守ってくれていたんですね。
    でも逆に今までの僕の知識とスキルが活かせるのではないかと、希望の光が見えてきたような気がします。
     また、プロセスの話にガツンときました。
    あれだけ人にはプロセスが大切で、すぐには成功出来ないと威張って言っていたのに・・すっかり忘れていました。
    大きな気づきでした。
    スクラッチ・トレードって何?
    スプレッドって何?
    から始まって、調べてやっと自分がこれからどうしたらいいのか、おぼろげながら分かってきました。
    まずはたかやんさんのアドバイスどおりペーパートレードからもう一度一からやっていきます。(今日もやりました)
     とにかく素晴らしい内容でした。
    ありがとうございました!!
     長文失礼しました。
     sigepon
    ====================================(以下、たかやん)
    感想コメント第一号、ありがとうございます。
    「初めてコメントした」
    という行為によって、より記憶にも残り易くなったと思います。
    デイトレの受け身もぜひ、行為にしてみて下さいね。

  • お世話になっています、私も
    「デイトレ攻略の新戦略」拝読しました。
    重症のクリックできない病を克服できない自分にとって○○○○○トレードは新鮮でした。
    プロの世界での職業トレーダー育成方法・・・
    営業に似ているなぁ~と思いました。
    例えば新規客獲得の為の飛び込み。
    家の改装業者なら外見を見て、条件(シグナル)に合えば、余計な事は考えず、まず、『ピンポン』押す!(エントリー)、押したからには留守で無い限り逃げられない・・・
    飛び込み営業が苦手でもノルマで『ピンポン』押し続けていくと、ある日、玄関前のチャイムを条件反射で押している自分がいます。
    こいういう仕事が苦痛で体調を崩して、だったら人と関わらずに出来る商売=トレーダーを目指している人がいるかもしれない。(=自分もそのひとり、笑)
    でも、やることは結局 同じでしたね~~
    内務の仕事に転職したのに1昨年度会社が巨大赤字で内務・外務関係なく営業ノルマが課せられました。
    ピンポン押すか、電話かけるか、クリックするか、、
    結局生きるためには逃げられませんね~~
    個別株だと感情が入るのでFXのデモトレ活用中ですが仮想証拠金が200万設定でも1万通貨トレードできない情けなさ。
    所詮仮想ゲームなのでルール厳守である程度レバレッジかけた方が早く意識改革できるかもししれないのに・・・出来ない。
    不思議な事に勝った時は違和感たっぷりの嘔吐しそうな気分になり、負けるべくして負けた時は心地良い気分になります。
    これは潜在意識の成せる業なのかな?
    この世に生まれた限り最終目標は死ぬこと。
    トレードでいえば退場?
    デモトレでもリアルと同じ心理状態なのでシグナルが出たら、とにかくガマンして○○○○○トレードをやりまくって何も感じなくなるまで訓練します。
    PDFありがとうございました。
    ====================(以下、たかやん)
    コメント、ありがとうございます。
    それにしても、勝つと吐き気がし、負けると良い気分とは!?
    「とにかくガマンして○○○○○トレードをやりまくって何も感じなくなるまで訓練します。」
    というのも、悲壮感すら漂ってきます。
    それは、手のひらに縫い針をブスブス刺しまくって、痛みを感じなくなるまで訓練するようなものです。
    いつまで経っても、生きている限りは、手に針を刺せば、痛みを感じる事でしょう。
    また、「この世に生まれた限り最終目標は死ぬこと。」ではありません。
    確かに、生まれたからには最後には100%死にますが、それは目標ではありません。
    自動車は、最後はスクラップになりますが、スクラップになる為に自動車が作られるのではありません。人や物を元気に運ぶという使命を与えられています。
    人間は何の為に生まれ、生き、死んでいくのか?
    諸説様々な考え方がありますけれども、少なくとも死ぬ為に生きていると考えても良い事は何もありません。
    トレードも、何の為にやるのか?
    それは決して苦しむ為でもなければ損する為でもなく、ましてや退場する為でもありません。
    極論してしまえば、「楽しくお金を増やす為」です。
    このイメージが持てないで、何か苦い薬を飲む修行みたいにトレードの事を思っていると、ずいぶんと遠回りしてしまいそうな気がします。
    なぜそんなに「稼ぐ」という事と「苦痛」とを結び付けて考えてしまうのでしょう?
    そんな必要は無いと思うんですけどね?

  • 気持ち悪いの具体的な理由書かなかったので、不気味なコメントになってしまい申し訳ありません。
    FXですが、例えば、ローソクが垂れて某ラインを下抜け、間近一番の安値陰線確定した時(=シグナル点灯)速攻成行きで売ります。
    つまり、更に安値で売ります!
    でもこんな単純なトレードでも厳格にシグナル点灯後迷わず速攻エントリーしますと負けるより勝つことの方が圧倒的に多いです。(デモとリアルそれぞれパソコンに立ち上げトレードしています。)
    最安値で売ったのに、さらに下落して利益を得る・・・この不自然さ!
    株式相場に参加した頃、デイトレではなく短期トレードしました。
    時々株が大暴落してすごくお値打ち?になった時、
    安値で買って、その後の上昇で売って利益を得る・・・
    つまり、普通の消費者行動でオモライがありました。
    後にその理由に気づきました。
    『上昇相場』だったからです。
    下落相場で素人が退場させられてしまうのは
    相場つきがかわったのに相変わらず普通の消費者行動の
    ままのトレードが理由だと気づきました。
    逆に言うと上昇相場なら普通の消費者行動でも勝てる
    可能性が高い!?
    日常生活ではネット検索したりして出来る限り
    モノを安く買うことに全力を注いでいますので
    安く売って利益を得る結果は非日常です。
    (弱気なのでデモもリアルも殆ど売りから参加しています。いつも買うばかりの消費者なのにトレードは売りから入るので余計に感覚がおかしくなるのかもしれません)
    手や足を組む時、いつも右足を上にしている人が左足を上にすると変な感じになります。
    トレードで勝った時はその違和感に似ています。
    不思議の国のアリスの中に登場する化け猫?の言葉、
    『犬は嬉しいと尻尾振るけど、オレ達は腹が立つと尻尾振るんだ。犬は怒るとうなり声を出すがオレ達は嬉しいと咽喉を鳴らすのさ・・・』
    相場って、なんか、こんな世界?です。
    ==============================(以下、たかやん)
    >相場って、なんか、こんな世界?です。
    その通りです。
    消費者心理のままで相場で勝てるなら、リアルのお仕事(サラリーマンとか公務員とか、飲食店とか、、、)をやる人がいなくなってしまいます。
    かといって、「負けよう」と考えてトレードすれば良いというものでもありません。
    ではどう考えるか?
    その私なりの答えがこのレポートであり、ブログであり、メールセミナーという訳です。
    先のコメントでは心配しましたが、大丈夫そうですね?

  • こんにちは たかやん様
    ミヨと申します。
    最強の無料レポートは、今までに読んだ、どの本にも勝るとも劣らずの物だと思いました。
    今の私には欠かせない重要な事柄が多く書かれていました。
    何度も読み返し、今度こそは肝に銘じたいと思います。
    心から感謝いたしております。
    有難うございました。

  • レポート読みました。脳とトレードについて楽しく読ませていただきました。潜在意識を見方につければ、トレードも上手く行きそうですね。(^^) スクラッチトレード、早速実践してみます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    one + ten =