U字パターンとは?

Pocket

コメントで「U字パターンって、何ですか?」という質問がありました。
これは私のおまけPDF「たった2つのパターンを探せ」の中で紹介しているフィルターの事(仮の名前)なので、私としては「何かe-bookを買って、オマケPDFで読んでね!」という念を込めてブログではシレッと説明しないできたのですが、こうまともに質問されては仕方有りません。

実際、そんな秘密にするほどの事ではないのです。
というか、大抵のデイトレーダーは知らず知らずのうちに使っているのではないか、と考えています。

デイトレで重視すべきは日足チャートのパターンである事は、既にブログでも再三書いてきました。
ですから、もし日足を軽視し分足ばかりに血眼になってトレードしている方は、ぜひこのブログを隅々まで読んで日足の重要性を再発見し、ご自分のデイトレに取り入れて頂きたいと思います。

で、日足的にいかにも上がりそうなパターンの寄りつきを見つけたとします。
例えば下げのトレンドラインを、威勢のよい鯉が跳ね上がるごとくブレイクアウトしたような場合などです。
そんな絶好の買いパターンが現れれば、ソレッ!とばかりにいきなり買ってもよいのですが、そういうのは往々にして寄値から反落したりするんです。

いくら日足が良いパターンと言っても、それは前日までの価格推移からすると高値に違いはないからです。
高値を見れば、買うよりも売りたくなるのが人情というものです。
見ていると更にズルズル下がったりして、いきなり買いエントリーしていれば損切りを考えなくちゃいけないし、エントリーしていなければ「買わなくて良かった~」なんて内心喜んだりします。
ところが更に見ていると、今度は反発し始め、あれよあれよという間に寄値を超えてその日の新高値をマークしたりします。
デイトレの技法、U字パターンとは?
このチャートに書いたのがU字パターンです。(この日産の分足はU字のサンプルとして紹介するものであり、日足のパターンはトレンドブレイクではありません。)

高値で一旦は下がったのに、間もなく底を打って寄値に戻るだけでなく、更に当日の高値を更新してくるという事は「こりゃ、日足パターンは本物だ!」と考えて良いという事です。

日足のブレイクアウトを根拠として買うのと同じように、分足レベルでもブレイクアウトが起こったのです。
という事は買いエントリーの根拠が、二重に強化されたという事になります。
このU字パターンの出現を待って、寄値か寄値+1Tick程度で買いを仕掛ける事を私は推奨しています。(またこの買いポイントは、寄り直後にショートを仕掛けたトレーダーの損切りポイントでもあります。パソコンの向こう側にいる様々な参加者の心理状態について考える癖をつける事はデイトレーダーには必須と言えるでしょう。)

寄りついてからU字パターンを形成して買いチャンスが訪れるまでの時間は、1分以内の事もあれば、後場までかかる事もあって、まちまちです。
ですから買いチャンスになるまで執念深く監視する事も必要だと思いますが、時間がかかるほどに日足レベルでの勢いは失われていくという事は頭の隅に置いておいて下さい。
つまり、寄りついてから短時間(10分程度)にエントリーチャンスが来る方が勢いに乗れて勝率も高くなるという事です。

勿論、U字パターンが完成できずに下がり続ける場合もあれば、絶好の日足+絶好のU字で仕掛けたにもかかわらず損切りになる場合だってあります。
でもそれはデイトレの必要経費にすぎません。
正しく日足のチャンスを見抜き、更にU字のフィルターを通して仕掛ける慎重さに加え、そのチャンスを逃さない注文執行能力があれば、トータルでマイナスになる事はないと確信しています。

Pocket

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


14 件のコメント

  • >これは私のおまけPDF「たった2つのパターンを探せ」の中で紹
    >介しているフィルターの事(仮の名前)なので、私としては「何
    >かe-bookを買って、オマケPDFで読んでね!」という念を込め
    >てブログではシレッと説明しないできたのですが、こうまとも
    >に質問されては仕方有りません。
    U字について質問させていただいたものです。
    上記のような理由があったとは知らずにズケズケと質問してしまいすいませんでした^^;
    ブログを最初から読ませていただいていて(まだ途中ですが)時々出てくるオマケPDFすごく読んでみたいのですが、こればっかりは時間切れのようでこのブログに出会うのが少し
    遅かったのがとても悔やまれてなりません。
    またそういった企画を楽しみにしております。

  • >こればっかりは時間切れのようでこのブログに出会うの
    >が少し遅かったのがとても悔やまれてなりません。
    そう理解されているとしたら、よっぽど私の説明の仕方に問題があるのでしょう。
    何かフォローする記事も書かないといけませんね?
    このブログで紹介しているe-Bookは、それが販売されている限りは、私の特典の対象であり、特に期限などはありません。
    試しにこのブログから何かe-bookの販売サイトに飛んでみて下さい。
    そして(大抵はサイトの下の方にある)「購入する」のボタン(またはそれに準ずるもの)を押してみて下さい。
    それを押しただけですぐ購入が確定する訳ではないので、ご心配なく。(見るだけなら、1円もかかりません。)
    購入確認画面に進むと(それがインフォトップの場合)、注文を確定する為の情報を入力する画面が表示されるのですが、その中に私の特典A~Eの中から選んで頂く部分も見えると思います。
    ここで選んで頂いたオマケは、商品購入後、商品をダウンロードするのと同じ画面で入手頂ける仕組みになっています。
    今までに何個かオマケPDFを書いてきましたが、そのどれもが私にとっては大変な労作であり、このブログの記事等とはまた少し違ったレベルの内容になっています。
    それらは、作成して時間が経つと古くなってしまうようなものではないので、期限などは設定せず、できるだけ多くの人に読んで頂きたいと思っています。
    (※1)インフォトップ以外のASPから販売されている場合は、商品確認画面でオマケの選択肢は見えません。そのe-Bookの紹介記事をよく読んで、その指示に従ってオマケを入手して下さい。
    (※2)インフォトップの購入確認画面なのに、私の特典の選択肢が見えない場合が稀にあります。
    これは、その方のパソコンがアフィリエイトシステムを拒絶する設定になっている為です。
    クッキーの設定方法を読んでみて下さい。それでも解決しない場合は、私にメールして下さい。

  • たかやんさん、こんにちは。
    今日は、U字パターンで3銘柄で勝てました。
    金額は小さいですが、私にとっては大収穫です。
    1つ目は、日本カーボンです。昨日は陰線だったのであまり注目していなかったのですが、高寄りして押した後昨日の陰線の高値を超えて来たので、越えたところで買いました。
    先物が弱かったので少ししかとれませんでした。
    もう少し引っ張ればよかったと思います。
    あと二つは、昨日から狙っていた三菱マテリアルと大京です。
    少し時間がかかりましたが、うまくとれました。

  • いいですね。
    中でも日本カーボン(5302)は日足が特にいいです。
    昨日の高値だけじゃなくて、過去11営業日の上値抵抗線の位置で始まり、しかもそこはちょうど100MAの位置。
    更にU字パターンの完成です。
    これだけ条件が揃ったところで、そこで売る事を想像してみて下さい。
    自殺行為に思えますよね。
    昨日の陰線で投げた人々が慌てて買い戻す様子が目に見えるようです。
    という事は、買いチャンスという事です。

  • すみません!結構前にメルマガに登録させていただいたんですが、待てど待てどまぐまぐの広告メールばかりでたかやんさんのメルマガがこないのですが今は発行されてないんでしょうか?
    ボックスが広告でうまってしまうのでもし今は停止中なら一度解除したいのですが。。。

  • すいません。
    確かにメルマガはサボっております。
    月々6000円超の利用料をドブに捨てているドアホです。
    まぐまぐからも「早く更新して下さい」って言われてるんですが、ついつい先送りにしてしまいます。
    廃刊・休刊の予定はありませんが、いつ再開するかわからないので、ご迷惑であればぜひ解除して下さい。
    (ヤフーかGoogleの無料メールアドレスを入手して、まぐまぐ専用に使えば、迷惑メールの整理は月1回でも十分となり、いつ私が気まぐれでメルマガを配信しても、件名で見分けられるので読みはぐれる事はありません。無料メルアドは、数分で無料で作成できるのですから、いろいろ用途別に複数持って使い分ける事が私的には強くお勧めです。また、こんな事を書くと身も蓋もありませんが、私のメルマガは過去記事全てを公開していますので、あえてメルマガに登録していなくても、いつでも読んで頂く事が可能です。)

  • たかやんさんこんばんは (^.^)v
    お忙しいのにすみません、お伺いしたい事があるのです。
    この日産のチャート緩やかながらトレンドライン&チャネルライン引けますよね・・・?
    1/18.2/4.2/19.2/22.3/10を結んでトレンドラインとし、1/27は行きすぎとして1/29を始めとしてチャネルラインを引く・・・?
    でブログの内容は「日足はトレンドブレイクではありません・・・」との事ですが、僕の思っている「トレンドブレイク」は、この日産のチャートでもしっかり「トレンドブレイク」です。
    でもたかやんさんが「予習」と称して取り上げるチャートサンプルとは確かに違います。
    たかやんさんが言っておられる「トレンドブレイク」と僕が思っている「トレンドブレイク」の差は何なんだろう?と考えています。
    トレンドラインの強弱の定義
    1・形成期間は?
    2・何回テストされた?
    上記のことをチャートに当てはめると、4回テストされかつ形成期間は1/18~3/11約2カ月です。
    こう考えると「トレンドブレイク」として、十分機能するんじゃないかと思うんです。
    各トレーダー事に少しずつ認識が違うと言ってしまえば、この話は終わってしまうんですが・・・・・
    なぜたかやんさんは「トレンドブレイクじゃありません」と言われたのですか?
    それがどうしても知りたいんです。
    忙しい中質問攻めですみません。どうしても納得できなくて・・・
    宜しくお願いします。

  • なるほど、ご指摘の位置にトレンドラインが見えますね?
    だとしたら、確かに3月12日の寄り付きはトレンドブレイクです。
    でも私には、パッと見てトレンドブレイクには見えなかった。
    なぜか?
    確かに、1月18日、2月4日、2月19日、3月10日を結ぶ直線が存在しています。
    でも、1月12日の高値(=終値)はどう解釈するのか?
    というのは気になりませんでしたか?
    例えば1月18日から3月10日まで、このチャートと同じなのだけれど、もし仮に2月18日のローソクが同時じゃなくて、終値777円の陽線だったとしたら、どう分析しますか?
    どれだけトレンドラインに沢山のテストされたポイントが見つかっても、2月18日にローソク足実体のクロスが起こっていたら、もうそのトレンドラインには殆ど意味がありませんよね?
    というか、もしかしたらそれでも何か意味が有るのかも知れませんが、私にはもうそのトレンドラインはトレンドラインとして見えなくなってしまいます。
    で、この日産の日足の場合も、パッと見て1月12日の終値を起点としてトレンドラインが引けないか頭の中で検索するのですが、1月12日の終値と共存する事のできない1月18日の始値を起点とするトレンドラインの検索は最初から行わないのです。(このトレンドラインを頭の中で探す行為は無意識的に行われる為、1月18日を起点とするトレンドライン探索の却下も無意識的に行っています。)
    だから私には見えなかったのです。
    これは私の流儀にすぎず、「絶対これしかない」と言うつもりはありません。
    だから今後も、同様のチャートで、私にはトレンドラインが見えないのに、まささんには見える事があるかもしれません。
    そこに優位性が有るのか、無いのか?
    それはまささんの今後の研究による、という事になります。

  • たかやんさんもう2つ質問お願いします・・・m(–)m
    この日産のトレンドラインを引いた時、1/12の陽線は全然目に入ってませんでした・・・
    それに1/12の高値は完全に僕にとっては意味をなさない物になっています。
    たかやんさんはトレンドラインを引く時、直近の高値&安値は常に意識しトレンドラインを引いているんですか?
    もしそうだとするならば6506のチャート、3/8からトレンドライン引けるように思えるんですが、たかやんさんは引かない・・・・ってことですか?
    忙しいのは重々分かってはいるのですが、どうしても気になっちゃうんです・・・
    因みに否定の為の質問ではありません。僕自身の為の質問ですV(^.^)V
    お願いします。

  • >もしそうだとするならば6506のチャート、3/8からトレンドライン引ける
    >ように思えるんですが、たかやんさんは引かない・・・・ってことですか?
    私の場合で言うと、引きません。
    6506のチャートでトレンドラインを引くとすると、3月1日か3月4日の安値から意味のある線を探しますが、3月8日の安値を起点とするトレンドラインはノーマークです。
    この判断は無意識に行っていますが、その理由をあえて言葉にすると、3月8日の安値というのは、既に始まってしまっている上昇トレンドの通過点であって、少なくともその上昇トレンドの起点ではない。
    従って同上昇トレンドラインの起点でも無いという訳です。
    ま、私の意見などに惑わされず、更に研究してみて下さい。
    それに意味が有るにせよ無いにせよ、そういう積み重ね(仮説と検証)こそが経験として大切なのだと思います。
    お仕着せのものに満足して何も疑問を感じないよりは、遥かに良いと思います。

  • たかやんさんありがとう御座いましたm(_ _)m
    >私の意見などに惑わされず、更に研究してみて下さい。
     それに意味が有るにせよ無いにせよ、そういう積み重ね(仮説と検証)こそが経験として大切なのだと思います。
    本当にそうなんだと思います。
    ただ良い訳させてもらうと、4ヶ月位なんですが1日400前後の銘柄にラインを引いてきたんですが・・・・
    4ヶ月経って出た答えが「なんだかラインの引き方にしっくり来ない」・・・です。
    4ヶ月前ラインを引き始めた頃は、4ヶ月経ってまさかこんな事を考えているなんて思ってもいませんでした。
    もう少し、自分なりの自信めいたものが出てきているように思っていました。
    そこで「もしかして僕って変な方向に向かってな~い??」
    こんな事を考えてしまったんです。
    たかやんさんのブログを読み直したり、「先物市場のテクニカル分析」を読み直したりもしたんですが何か腑に落ちない悶々としたものをず~~と感じていました。
    そこでたかやんさんなら何かしら、僕にとって参考になる事が聞けるんじゃないかと思いコメントさせてもらいました。
    こんなことを書くと非難GoーGoーかもしれませんが、やっぱりコメントしてよかったです!!(他力本願ですね・・・(-.-;))
     
    こんな事たかやんさんに言うと間違っていると言われるかもしれませんが
    >私の意見などに惑わされず
    との事ですが僕にすれば大いに惑わせてもらって結構です。
    たかやんさんのブログで散々惑わせてもらっていますから・・・(爆)・・・冗談ですよ・・・
    本当にありがとうございました。v(^.^)v
    これに懲りずに今後も宜しくお願いします。

  • たかやんさま
    昨日 「U字パターンの記事が見つけられない」とメールをした者です。
    ところで今日になって  何の気なしに 雑談4をクリックすると
    じゃじゃじゃーん 
    出てきました。
    よもやこんなところにあるとは。
    探すと出てこないものですね。
    U字パターンについて質問です。
    U字パターンは頭では理解できるのですが欲が深いのかいつも思うことがあるのです。
    たとえば、11月4日のミネビアですが、9時30分ころの454円で入りました。
    が、「もっと早い時間に入れば、もっと値幅がとれるのに」と思ってしまうのです。
    でもこれは結果をみて言っているに過ぎないのですが。
    たとえばもっと早く反転した447円くらいで買って445円くらいに損切りをいれる。
    そうすれば大きくとれるのになー。
    こんな考えって、どうでしょうか?

  • 私的には454円まで待って買われたそのタイミングを100点と評価します。
    455円でも、劣らず100点だと思います。
    結果だけ見れば、
    「447円で買っていればもっと稼げたのに、、」
    と思ってしまうでしょうが、それは後講釈にすぎず手法とは言えません。
    前日終値から当日始値の間には大きなギャップが開いていますね?
    1日の平均値幅を超える大きなギャップです。
    逆行に要注意という事です。
    こういう時に始値より下で買う癖がある人は、同様の事例について再度研究しなおされる事をお勧めします。
    一旦は下がるも、始値という抵抗線を再度突破した、その勢いを買うのが
    U字パターン買いの原理であり優位性の根拠です。
    「始値より安くなって、ちょこっと反発したから買う」
    というのは、当たれば大きいかもしれませんが、10トレード以上で成績を集計すれば、プラス収支は難しいはずです。
    それから、9:30頃のエントリーであれば、同銘柄の日足チャートをチェックする時間も十分あったと思います。
    9月21日の高値466円。
    10月14日の高値457円。
    10月28日の高値452円。
    の3点を結んだ「上値抵抗線」となるトレンドラインは見えていますでしょうか?
    これに対して11月4日の始値は「トレンドブレイク」の位置にあり、テクニカル的に
    「今日は上げまっせ~」
    と発信しています。
    但し、このトレンドラインより下に沈んでいる時に買うのはブタです。
    だから5分足を見ても、このトレンドライン近辺で5分間足踏みしているでしょう?
    確信犯には買えても、テクニカルトレーダには買えない価格です。
    また、このラインを再度超えても、すぐその上に始値(という名の抵抗線)が待ち構えています。
    ですから、これも超えたところ(454~455円)で買えてこそ、テクニカルトレーダーであるという事になります。
    (と、私は個人的に考えている訳ですが、他にどんな素晴らしい研究があるやも知れず、従って誰にもこれを強要するつもりはありませんので念の為。)

  • ふと思ったんですが、
    下髭のあるローソク足は、1日の中でU字を示現してる
    といえませんか?
    陽線の下髭つきなら、日中にうっぷすを示現してるとも。
    ====================(以下、たかやん)
    おっしゃる通りです。
    私は本家ラリーのウップスを拡大解釈しているので、その点は注意して頂く必要がありますが、脱線はしていないと思います。
    分足レベルの「U字」は、日足のローソクの髭になる場合があり、日足チャートレベルの「U字」は、週足や月足の髭になる場合があります。
    ついでに、時間枠とは関係なく「髭=否定」と覚えておいて下さい。
    勿論「絶対」ではありませんが、この理解は、かなりあてはまります。
    下髭なら「安値が否定された」、上髭なら「高値が否定された」という意味になります。
    一般に、髭が長いほど、強い否定です。
    (深い穴を埋める方が、浅い穴を埋めるより、より多くのエネルギーを要するからです。)
    だから、U字パターン発生でエントリーする事には、「否定されたのと反対側の値の最安値で買う」という優位性があると言う訳です。(「売りと買いは対象」で理解して下さい。)
    これで、分足と日足と週足と月足が、今までより有機的な繋がりを持っている事を感じられたのではないでしょうか?
    それもまた、「一段、階段を上がった」という事です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    three + five =