「本気を出す!」とは?(5)♪

Pocket

私がデイトレを始めて半年ほど経った頃の事です。
もうその銘柄すら覚えていませんが、前場でとったポジションを閉じないまま、急用ができて昼過ぎに外出したのです。
その時は完全に急用の方に気を取られてしまっていました。
で夕方に帰宅して、ふと思い出しマーケットスピードを開けてビックリ!
未だかつてない利益(含み益)が発生していたのです。
確か空売りのポジションだったと思うのですが、その銘柄について後場中に何か悪い発表があり、私の知らない間に急落していたのでした。
そして翌朝もギャップダウンで、更に大きな利益を確定する事ができたのです。
その時の5分足を見てみたのですが、やはり一直線に下落したのではなく、もし私がパソコンの前で監視してれば、早々に利確していたであろう事は明らかでした。

当時の私と言えば、一旦ポジションを取ると、その銘柄のチャートや板を、手に汗握りながら凝視し続けるのが常でした。
勿論「利を伸ばす」という事の必要性も知ってはいましたが、一旦ポジションを取ればそんな事は二の次三の次となり、一旦発生した含み益が少しでも減ったりすればすぐさま利確していたのです。
だから毎日デイトレしても、大した利益を積み重ねる事もできません。
そして月に1回か2回なのですが、予定した損切りができずに塩漬けとなり、ぐうの音も出ないような損失となったところで負けを確定するトレードを繰り返し、資産カーブは安定的に右下がりの状態でした。
何が悪いのか、どうすれば良いのか、頭では理解出来ているのです。
ところが、いざポジションをとると、その後は本能の言うがまま。

「損はしたくない」

「利益を確定したい」

そういう思いのままに、本気でデイトレしていたのですが、損ばかりが膨らみ続けるのでした。
本気を出せば出すほど、損大利小になってしまうのです。
そして上記の通り、たまたまポジションが意識から消えた途端に最大幅の利益発生です。
当時は「ラッキー♪」程度の感覚でしたが、その後も度々自分のトレードを振り返る事があり、大損発生の仕組みと、このポジション放置トレードによる利益発生の仕組み・理由について考え、少しづつわかってきたのです。
トレードから利益を得たければ、

本気の出し方を変える必要がある

という事に・・・。

つづきを読む

Pocket

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 − 1 =