デイトレとファンダメンタルズ(前編)

投資と投機の区別が出来ていないと、デイトレで買うべき株をPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)で選んだりするといったトンチンカンな事をやってしまいます。

このブログをここまで読み続けておられるという事は、そこまで初歩的なレベルの方は少ないとは思いますが、

株の売買=投資

と思い込んで投資の勉強をし、それで学んだ事がデイトレでも機能すると思い込んでいる人は、驚くほど多いのです。

四季報に載っているいるような情報(=ファンダメンタルズ)を根拠にデイトレするなんて、全くのナンセンスであるという事はぜひ覚えておいて下さい。

でも、デイトレーダーだからチャートだけ眺めておれば良い(テクニカル分析に100%専念)かというと、そうでもありません。
ファンダメンタルズも必ずチェックするべきです。

・・?。

ここまで読んだだけだと、私の言っている事が完全に矛盾しているように感じられたかも知れません。
しかし、そうではありません。

なぜなら・・・・

その答えは次回のお楽しみ。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 2 =