トレード酔い

こんなメールを頂きました。

==================================

こんにちは。初めてメールいたします。
いつもメルマガを配信頂きありがとうございます。
投資関連のメルマガはいろいろありますが、ほとんどは内容の無い宣伝や勧誘のようなものばかりで、こちらのメルマガが唯一私が継続して購読しているものです。
非常に参考になっております。

私は今はFXをデモで勉強しております。
トレード歴についての詳細は省きますが、数年前から日経平均オプション(主に売り)をやっており、そちらでは通算ではそれなりの利益をあげているのですが、リスクが非常に高く、いつかやらかしてしまう可能性が高いと考えており(実際先日の大きな下げで結構やらかしました)、FXのデイトレードの技術を身につけ、ゆくゆくは専業になりたいと考えております。

独学ではなく、ある手法を教わってやっております(1年程度)。
手法自体は非常にオーソドックス(1時間のトレンドを認識して5分足のパターンでエントリーする)なもので、他に学んでいる方達で勝てている人も多くいるので信用できるものと思っています。

手法自体の理解(自分に身に付いたか)という点では完璧では無いものの、かなり理解は進んだと思っています。
現状の自分の一番の悩み(課題)は、「ルールに沿っていない無駄なトレードを数多くしてしまう」ということです。

自分の学んでいる手法は、(1)少なくとも4時間足、1時間足で現状の環境認識をしっかりした上で、(2)5分足のパターンを認識してエントリーするというものです。
しかし、自分のトレードを振り返ると、(1)か(2)、もしくは両方が欠けているトレードが多くあります(それらを自分で「無駄なトレード」と定義しています)。
先月の例で言いますと、総トレード数30で17勝13敗、獲得pipsは約91pipsでした。月間の目標の目安は200pipsとしています(まだ達成したことはありません)。
この30のトレードのうち、上記の無駄なトレードに該当するものは11ありました(勝ちトレードも含まています)。
これらの無駄なトレードを仮にやらなかっただけで、獲得pipsは約168pipsまで上がり、目標にかなり近づきます。それ以外の課題もありますので(利食いが待ててない、変なところでビビッて損切してしまい、その後利益になるなど)、それらも含めれば200pipsは後から分析するとそれほど難しくないとも思えます。

後からの分析では、そのように思えるのですが、実際はこの無駄なトレードを排除することがなかなか出来なくて非常に悩んでおります。
実際にエントリーする際に、そのトレードがルール違反で「無駄なトレード」である可能性が高いという認識がないのであればしょうがないとは思うのですが(そうだとするとまだ手法が身についていないということになります)、「無駄なトレード」を振り返ってみると、エントリー時点で「環境認識が出来ていないな」とか「ルール違反してるな」とかいう認識は少なからず持っています。それなのに「今回は何となく行けそう」とか「ここで早くエントリーしないと利益を取り逃す」というような悪魔の囁き(実際聞こえるわけではないですが)のようなものに後押しされて、マウスをクリックしてしまうのです。

そして、そのようなトレードの多くでは負けます(勝つこともありますが)。
また、損切になったトレードの後でカッとしてルール無視で即ドテンして負けたり、負けた分を取り戻そうとしてしつこく同じ方向にトレード(当然ルール無視)して負けることもよくあります。

先月のようにそれでもプラスになる時はありますが、一回そのようなトレードをしてしまうと、自制がきかなくなり、連続で適当なトレード繰り返してしまいます(一日のトレードチャンスはせいぜい2,3回なのに、そのような時は5回も6回もトレードしてしまう)。
そしてその後に待っているのは深い後悔です。

この1年くらいでトレードに対する理解はかなり深まったと感じつつも、上記のような状況で果たしてこのまま自分の目標までたどり着けるのか、非常に不安に思っています。

自分の課題が分かっているのであれば、あとはそれを修正すれば良いだけのはずなのですが、「ルールには従ってはいないけれど、何となく行けそうだから」という気持ちでクリックをしてしまう自分をどのように抑えれば良いのかが分かりません。
トレードに向いていない(大昔少しやったギャンブル(競馬やパチンコ)も向いてないと思いました)と言ってしまえばそれまでですが、ここで簡単に諦めたくはありません。

非常にとりとめのないない文章になってしまいましたが、何かアドバイスがあればよろしくお願いいたします。
==================================

そして、頂いたメールへの私(たかやん)からの返信がこれです。

==================================

メール、ありがとうございます。

トレードすると、人はバカになります。
酒を飲むと、酩酊してあらゆる知的能力が低下するのに似ています。
手法でもなければ資金管理でもない、トレードの本当の難しさはこの「トレード酔い」にあると言っても過言ではありません。

これをどうにかする方法は、その人本人が考え、解決する以外にはありません。
これから酒を飲もうとしている人に、他人がどんなアドバイスをしたところで、その人の酔い方をコントロールできないのと同じです。

自分のトレードの記録を取り、それを分析し、対策を練るのは、唯一の解決方法かも知れません。
だから、○○さんは、既に有効な対策を行っていると言えると思います。

トレードで勝ちたければ、本気で「酔い」を克服して下さい。
それは、今すぐにでも可能な一方で、10年かけても無理かも知れません。
全ては○○さんの「本気度」次第です。
==================================

答えになっていないかも知れませんが、こればっかりはトレーダー本人が解決するしかないと思います。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 12 =