自己管理能力

デイトレで成功する人としない人の違い。

勿論、勉強もしないで本能のままにトレードしている人の成功する可能性が低い事は言うまでもありませんが、同じように勉強し、同じような手法を採用し、同
じように検証に時間をかけても、勝てるようになる人もいる一方で、それに数倍する人が退場していくのがマーケットです。

その差には様々な要因が考えられるでしょうが、中でも圧倒的に大きな要因が、

「セルフコントロール(自己管理)能力」

だと思います。

トレードで何をどうコントロールする必要があるのか?

それすら気付かないままに消えていくトレーダーも後を絶ちませんが、このメールセミナーを読んでいるあなたなら、ある程度は気づいてもらえるのではないかと思います。

しかし残念な事に、それに気づいただけで誰でもが勝てるようになる訳ではありません。

理性で理解した事を、実戦でも実践できるかどうか?

これは、トレーダー毎のセルフコントロール能力によるところが大きく、他から吸収するものではなく、自分で道を切り開いていく必要のあるものです。

「セルフコントロール能力」というと、何か生まれ持っての能力のように思われるかもしれませんが、それは誤解です。

筋トレすれば筋肉が強くなるように、セルフコントロール能力も、意識して強化する事ができます。

ダイエットや禁煙を達成する事、すなわち自己を律する事の困難さをこの記事から推測する事も意味がありますが、実際に、

「自分にとって困難な事を成し遂げてみる」

という経験は、まるでトレードと関係ないような事であっても大きな自信となり、トレードにも好影響を与えます。

早起きしての散歩を続けてみるとか、すぐにだらしなくなってしまう部屋の中を常に整理整頓するとか、昔の収集癖で集めたものが今はゴミの山と化している
ならば、バッサリ処分してみるとか・・・・

手入れされずにどんより藻で曇った熱帯魚水槽などがあれば、思い切ってキレイサッパリ処分してしまいましょう。

こういう何らかの思い切った行為を達成すると、あなたの中にそれまで無かったエネルギーが流れ込んできます。
流れ込んでくるエネルギーの事を自信と理解しても良いでしょう。

或いはあなたの中に貯まっていた悪いエネルギーが出ていく、と表現する事もできますし、

「気」が浄化された

と言う事もできます。

誰でも嫌な事は後回しに、好きな事は今すぐにでもやりたいものです。
でも、そうした本能のままに過ごし続けるのならワンコやニャンコと変わりません。

「やると決めた事を、決めた通りにやる!」

これが実際には、極めて難しいという事をあなたも良くご存じだと思います。
でも、人によって割と簡単に実行できている人もいるし、また人によっては、いざという時に限って死んだ魚みたいになって動けなくなる人もいます。

セルフコントロール能力の高いか低いかは、その人の持つエネルギーの総和によって決まります。

例えば、早起きして散歩するという行為はエネルギーの貯蓄であり、ぐずぐず布団の中で寝坊するのはエネルギーの浪費(「甘え癖」の定着)です。

エネルギーは目には見えませんが、まるで通貨のようにはっきりと存在し、常にあなたの体から出て行ったり、入ってきたりしているのです。

言うまでも無く、そのエネルギーレベルを高く保てている人だけが、

「ココ一発!」

という時に、出すべき実力を発揮できるのです。

デイトレで同じところをグルグル回って出口が見えないような時は、上記のように全く別のところで構わないので、エネルギーの転換を図りましょう。

もしあなたが今もタバコを喫っているのなら、絶好のチャンスです。

を本気で読めば、絶対禁煙できます。

禁煙できた!

と感じた頃から、デイトレにも積極的に取り組めている自分を見つけると思います。
とにかく理屈抜きで、まずは禁煙セラピーを読んでみる事です。

既にタバコを喫ってない方には、残念でした。
代わりに、理想の体型に向かってジム通いなど始めてみられては如何でしょうか?

私は禁煙の反動で太り始めたので筋トレに取組んでいますが、何歳からでも筋肉は鍛えられます。
体重が禁煙前に戻っただけでなく、年齢を重ねているのに、体力はむしろ年々向上しています。

老化というのは「重力に屈していく」事でもあるので、筋トレは有力なアンチエイジング法に違いありません。
ぜひチャレンジしてみて下さい。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • たかやんさん
    初めましてOと申します。
    デイトレードの勉強を真剣に始めました。実戦にはまだ出ておりません。
    お聞きしたいことがあるのですが、個別銘柄の1日の平均値幅の算出にはどのような方法がありますでしょうか?
    初心者丸出しの質問ですが、よろしくお願いいたします。

    • その銘柄の日足チャートを見て、長すぎず、短すぎずのローソク足を選んで、大体の1日の値幅を把握して下さい。
      「直近1週間の値幅の平均を算出する」等の方法も考えられますが、手間暇かけたから精度が上がるというものでもないので、日足を見てパッと決めるのが一番お勧めです。

      • 質問にお答えいただき感謝しております。
        方法は極めてシンプルなのですね。
        どうもありがとうございました。
        m(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ten − nine =