目標について補足

前回、目標を持つ事の重要性について書いたところ、複数の方から、

「目標を設定しました~!」

という、似通った主旨のメールを頂きました。

とても良い事です。
目標達成に向けて、頑張って下さい。
でも一部の方に、ちょっと不安が・・・?

FXトレーダーは、

目標 = 1日平均○○Pips、毎月○○○Pips達成!

と考える傾向が根強いようです。
まあ、ネットに溢れるFX関連情報を見ていれば、無理もないのですが?

ビジネスマンとして日毎、月毎の売上目標を設定する事は、むしろ当然でしょう。

でも、意味のある目標というのは、それをどのように、どのような段階を踏んで成し遂げるのか?と言う道筋を伴うものでなければなりません。

今週の目標、今月の目標、今期の目標、1年後の目標と、時間的スパンが長くなるほど次第に具体性が薄くなっていくのは仕方無いとしても、現在の自分が何をどうすればその目標に到達できるのか?というイメージが有る程度持てなければ、日々のトレードが空回りするだけです。

特に、現在のところ勝ち方を模索している段階にあり、収支プラスを達成できていないトレーダーが、

『毎月○○○Pips達成!』

という数値目標を立てたところで、無意味です。

それは「夢」です。

「夢」を持つのは良い事ですが、夢と目標を混同すれば悪夢になってしまう可能性が大です。

もしかして、その目標となる数字の根拠を、自分の理想の月収に置いてはいないでしょうか?
自分の腕前と自己資金量とに比較して、その目標月収が高すぎる場合、せっかく設定した目標が、

挫折経験を積む=負け癖がつく

という悪い結果しか生まない可能性すらあります。
目標を設定するからには、

「頑張れば、きっと達成できる!」

とイメージできるものにして下さい。
そして、

「どう頑張るのか?」

を自分に具体的に示して下さい。

仮に日々の平均が+2~5Pips程度であっても、それが月単位で継続できるのなら、来月は月収として満足できる額は得られないとしても、1年後、2年後の月収は、かなりリアルなイメージを持って夢のある目標が設定できるはずです。
トレードという仕事の魅力がそこにあります。

まずは週単位のプラス達成。

次に、月単位のプラス達成。

それでやっと、その実績から勘案して、月間Pipsや月収の目標設定も意味を持つようになります。

「そんなの、当たり前じゃないか!」 (`m´#)

と感じられたなら、申し訳ありません。
次回にご期待下さい。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × two =