トレードの正解

トレードで正しい方法は無数にあります。

「勝っているトレーダーの数だけある!」

と言っても過言でなないでしょう。

ではなぜ、トレードで儲ける事が難しく、参入者の9割以上が資金を枯渇させ、退場していくのでしょうか?

それは、正しい方法は無数にあるが、そのどれをとっても、それを実行し続けるのは困難だからです。
正しい方法であると同時に、誰にも簡単に継続できる方法なんて、絶対に存在しないのです。
でも、ついそうした絶対的な方法があるように錯覚して、今まで積み重ねてきた経験を投げ打って、目新しい方法に飛びつき、その目新しい方法で最初は喜んでいるのだけれど、遅かれ早かれ「逆境」に置かれる事態となり、するとまた別の方法へと流れていく、という繰り返しになりがちなのです。

トレードで簡単に稼げると思い込んで、特に勉強をするでもなく口座を開き、

「上がりそう、下がりそう」

の思惑だけでトレードすれば、最初はプラスになったりしても、少し時間が経てば九分九厘マイナスに沈みます。
その資金の減り方は、手数料やスリッページといった負の要因だけでは決して説明できない急速なものです。

その理由は、人間の本能がマーケットでは積極的に損するように働くからです。
(例:値ごろ感、逆張り好き、天底狙い、等々)

従って本能の逆をやれば勝てます。
(現に、相対取引のFX業者は、顧客に自由にトレードさせれば自然にどんどん負けてくれるので、顧客の注文を市場に流さないで全てのトレードを呑んでいれば、それだけで利益が出るのだそうです。※但し裏は取ってません。)

でも、本能の逆向きにトレードし続けるなんて事は、文字通り「人間業(わざ)」ではありません。

だからその代わりに、実績ある先輩トレーダーの方法を学び、それに従う事で、自分の本能の自由な振る舞いを抑制し、優位性あるトレードを繰り返していく必要があるのです。

どんなに優れた方法でも、必ず負ける時はあります。
それどころかトレードを長く続けていれば、びっくりするような連敗にも必ず見舞われます。

でも、それがトレードなのです。(まずこの事に気づく事が、ブタから狼に変わっていく第一歩となります。)
勝つ時もあれば、負ける時も「必ずある」のです。
だから普段から、

「負けた時に、どのようにして生き延びるか?」

という事を自分に問い、大負けに対する備えを続けて行く必要があります。

大方のトレード初心者は、

「どうやったら、勝てるか?」

という事に強い関心を持ちます。
それはそれで間違っている訳ではありません。
でも「勝ち方」以上に、

「致命傷にならない負け方」

に関心を持つべきだし、持っていなければどこかで、致命的なトレードをして「退場」になってしまいます。
トレードで生き延びる人が少ないのは、

負け方に関心を持てる人が少ない

からではないでしょうか?
誰でも興味を持つ事に興味を持ち、誰でもやる事を自分もやっているだけでは、ゼロサムゲームという不毛の戦場で長く生き延びる事はできません。

(補足)今回の内容は、私から指摘されるまでもなく、致命的な大損や破産を経験した人には当たり前の話です。
でもこれを、致命的な大損や破産を経験しないで、読むだけで悟る事ができれば、それこそ「値千金」というものです。残念ながら私は見事なブタだったので、大損から学んだクチですが・・・?

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


4 件のコメント

  • 勝つ=>気が緩む=>ブタに逆戻り
    この鉄板パターンからいかに脱するか、常に考え、意識してトレードする必要があります。
    「言うは易く行うは難し」の典型ですが、なんとしても乗り越える必要のある壁です。
    勝っても負けても、常に冷静に自分の心を観察し続けてみて下さい。

  • takayan様

    いつもBLOGを拝見させて頂いております。
    とても参考にさせて頂いております、ありがとうございます。

    私は株式トレード初めて半年をやっと過ぎた頃のビギナーです。
    (FX・競馬・パチンコ・ギャンブル全般未経験者です)

    当初の3カ月は顧問弁護士から情報を買って言われるがままにトレード、それでもビギナーズラックでしょうか、
    利益は順当に出ました。

    ですがお察しの通り、それから根拠がほとんどないトレードを繰り返し利益は残るものの、トランプショックで大損がでたりと、
    これでは「継続して利益を出す」という観点では駄目だと本気で考え始めた頃こちらのブログに出会えることができました。

    そして全てを読破し、潜在意識、テクニカル、ロスカット、スクラッチトレード、ペーパートレード等、どれも貴重で他では知り得なかったことを学ばせて頂き、また実践して来ました。

    そのお陰で、地政学リスク等でどうしても不可避な大きい損切もありますが、その後の3ヶ月、月間収支プラスを継続中です。

    ※トレードに終わりはありませんし先はまだまだ長いです。トータルで勝てればいいので現在いくら儲かっているかにそこまで固執していませんのでロットもむやみに増やしたりせず出来ています。
    それよりもいつも「正しいトレードが出来ているか」が大事だと私は思っています。

    私のトレードスタイルは、「デイトレもするスイングトレーダー」のようです。
    (そう決めているわけではなくトレードを繰り返す内に自然にそうなって来たという感じです)

    逆にいうと、優位性+根拠のあるトレードを繰り返していくと利が乗ることが多くなってくるので必然とデイトレードになることが多いということも分かって来ました。
    (買場日記からもそれは明確です)

    現在はザラ場中にトレードできる環境なので、
    スイング銘柄でも抵抗線前で、もしくは高値ブレイク後に一旦デイトレ手仕舞い、
    または、
    デイトレ銘柄を持ち越しても利が伸びるようなテクニカル&歩み値であると確認できればスイングして翌日に寄付で手仕舞い、という具合です。

  • いつも興味深く、拝読させていただいております。

    トレードをはじめてひと月。
    ここ一週間は、ザラ場をながめてるだけで、エントリーすることができません。
    もちろん、退場するつもりは毛頭ありません。

    おそらく自分のなかに、エントリーするための明確なルールがないからでしょう。
    勉強を欠かしたことはないのですが、まだまだ足りないのでしょう。

    いまは、休むこともひとつのトレードの手法かなと感じてます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    16 + twenty =