元の木阿弥(前編)

トレードが生まれつき上手、つまり、トレードを開始した直後から、思いつくまま、気の向くままにトレードを続ければ続けるほどプラスが拡大していくような人は、まずいません。

99.99%の参加者は、ブタ状態からの出発です。

「夢見るブタ」が何度か痛い目に遭い、反省すると共に改善策を見出し、その策を実行するあたりから、比較的短期間で狼になれる人と、なかなか狼になれない人とに分かれていきます。

・なぜマイナスになるのか?


・なぜ利確は早く、損切りは遅くなるのか?


・どうすれば収支プラスのトレードができるのか?

そうした基礎的な事は、(大儲けする事にしか関心の無い)トレードを開始したばかりのブタには興味すら持てないので、必然的に負け続ける事になりますが、ある程度トレードの勉強を続けていれば、少なくとも、

「頭では(勝ち方が)解っている!」

という段階に入ります。
肝心なのは、そこからいかに早く、

「単なる知識として、頭では解っている状態」

から、

「解っている者として、それなりの行動できるようになる」

かです。

生まれて初めてトレードをした日から、様々な体験や学習を経て、「頭では(勝ち方が)解っている!」という状態になるまでに、仮に3ヶ月かかったとしましょう。
初トレードから3ヶ月経ったある日、それまでのブタ丸出しの行動パターンを反省し、新たな、狼的な行動パターンを開始する決意をする訳です。

ブタのトレードパターン => 狼のトレードパターン

この切り換えをトレーダーが決意するステップは、退場を食らわない限り、ほぼ全てのトレーダーに訪れると考えます。
この段階のトレーダーに起こる事について、予め理解しておくべき事があります。
それは、

「狼トレードパターンへの変換は、1日では起こらない」

という事です。
3ヶ月かけて「ブタのトレードパターン」を繰り返してきたのですから、ある日「狼のトレードパターン」に変わる決意をしたとしても、それが本当に身に染みて実践できるようになる為には、やはり3ヶ月程度の訓練期間を要すると考えるべきなのです。

人間は、頭で理解した事がすぐにできるようになるのではなく、同じ事を繰り返し訓練する期間を経る事で、やっと「できるようになる」のです。
この部分の理解が無いと、狼からブタに逆戻りした時に必要以上に悲観したり、簡単に諦めて完全な、

「元の木阿弥」

に戻ってしまったり、或はそれまでの手法をそっくり別のものに置き換えたりしてしまいます。
何度そういう事を繰り返しても、同じ所(=ブタの棲家)をグルグル回っているだけで、なかなか新たな段階の扉を開く事にはならないのです。

<<後半に続く>>


(まとめ)
人間である以上、最初は誰でもブタトレーダーです。

ブタで一定期間トレードを繰り返す事で、トレードに対する理解が生まれ、学習の効果もあって、やがて狼トレーダーに生まれ変わろうと決意する日が来ます。


でも、その決意した日からあっさりと狼トレーダーに変身できないのが人間であるという事を覚えておいて下さい。


ブタなトレードを繰り返してきたトレーダーが、ある日を境に狼トレードの実践者になる事を決意したとしても、やはりどうしても、


「ブタと狼の間を”行きつ戻りつ”」


という期間を避けては通れないのです。

そしてこの期間も、我慢強く、少しでも狼である割合を高め、少しでもブタに戻らないように自分を律し続ける事で、次第に狼パターンが支配的になっていき、次第にブタパターンが減っていき、その結果として、自分にとって自然なトレードをすれば、自動的に収支プラスが積み上がるような狼トレーダーへの変身が達成できるのです。

ローマは一日にしてならず


狼トレーダーに変身するのも、決意をしてすぐ変身できるのではなく、ブタであり続けた期間に見合っただけの一定の期間訓練を経て、我慢強くブタの割合を減らしていく事で、徐々に達成できるのです。


この「徐々に」という部分が理解できず、簡単に全てをブチ壊して「振り出しに戻ってしまう」と、いつまで経っても狼になりきれない、と言う事になってしまいます。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)


<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × four =