禁止の裏側にある優位性とは?

このブログの過去記事で書いたように、デイトレに「時間の難平」はご法度です。

デイトレのつもりでエントリーしたのに損切できないまま大引けでも手仕舞せず、翌朝の反発(空売りなら反落)という「淡い期待」なんかに賭けると、殆どの場合(私の経験では80%以上)更に傷が深くなります。

ある程度勝ち方を覚えたはずのデイトレーダーの収支がなかなかプラスにならないのも、大抵はこの

コツコツ、ドカン!

のパターンで大損してしまうのが原因となっています。

でもこの大損は、本気で「時間の難平」を止める決心さえすれば、すぐにも止まります。

「ついつい・・・」

なんて、自分を甘やかしてはいけません。
トレードで稼ぎたいのなら、今すぐ「本気」を出して、悪癖を克服して下さい。

さて、ここからが本題ですが、じゃあ逆の場合はどうなるのでしょうか?

つまり、デイトレで利確できるのに、そのまま手仕舞しないで持ち越したらどうなるんでしょうか・・・?

時間のピラミッディング

なんですね、これが・・・。
勿論、「みすみす利益が吹き飛んだ~」なんて事になる場合も必ずあります。
大抵の人はそんな失敗を1回でも経験すればコリゴリしますし、それを恐れて、早々に利益確定してしまいます。

でも「時間の難平」「80%の確率で宜しくない」のであれば、「時間のピラミッディング」は、やはり高い確率で「宜しい」訳です。(ポジションの向きが逆なだけなので、当たり前と言えば当たり前です。)

一貫性が伴えばですが・・・
この単純さ(対称性)が、マーケットです。

「悪い事は判っちゃいるけど、ついやってしまう事」

は損に繋がっており、

「良い事は判っているが、なかなか実行が難しい事」

は利に繋がっているのです。

マーケットに100%はありませんが、高確率で維持されている「マーケットの特性」ですので、ぜひご記憶下さい。

そして、この事をぜひ人から与えられるのではなく、自身による検証で確認してみて下さい。

そうした努力、積み重ねから得た気づきは、必ずデイトレーダーとしてのあなたを更なる優位性へと導いてくれます。


======================

(注)今回書いた内容は、マーケットの持つ普遍的な特性(対称性)の一例を説明する為のものであり、必ずしもあなたのトレードルールの変更までおススメしている訳ではありません。

「絶対に当日中に決済」


と決めているのなら、


「絶対に当日中に決済」


して下さい。


「トレードルール」は、自分が納得できるだけの検証と実験を経てのみ「調整」を加えるべきものであり、誰かの書いた「文章」を読んだ程度の事で軽々に変更されるべきものではありません。
======================

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)


<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − six =