非凡な平凡とは?

トレードで勝つ為に、本を読んだりDVDを見たり、チャートを沢山見たりと、出来るだけの努力をする事は、勿論大切です。

でもそれって、むしろ当たり前の事ですよね?

私のメールセミナーを続けて読んでおられるような、熱心にトレードの改善に取り組んでいおられる方にとっては、誰一人として異論の無い事と思われます。

さすがに「頭が悪いほど有利」と言うつもりはありませんが、頭が良いからといって、決してマーケットでの生存率が高くなる訳ではありません。

医師や弁護士や若手実業家といった、自他共に認める「頭の良い人々」が、学業や本業での輝かしい実績を手土産に自信満々で参戦してきますが、なまじ自己資金が潤沢な分、こっぴどくやられて退場していくのが殆どです。
自信過剰なだけ、むしろ生存率は平均以下かも知れません。

マーケットとは、あまり頭の良し悪しとは関係なく、

「 ガッポリ、儲けたい!」


「ビタ一文たりとも損したくない。」

という人間なら誰でも持っている思いに強く影響されながらトレードすれば、必ず損するように出来ているのです。
では、どうすれば良いのか?

例えばその一つの答えとして、

「ロボットになりきる」

というのがあります。

損得を頭から切り離して、勝つ為の優位性あるルールに完璧に従う事がトレードで生き残る為の王道なのです。
でも、

「ロボットになりきるなんて無理!」

と思う人も少なくないでしょう。
ここであなたに、はっきりと頭に入れておいて頂きたいのですが、強いトレーダーを「普通の人」の延長線上に求める事は出来ないのです。
ある意味「普通じゃない能力」がトレーダーには求められます。
稼げるトレーダーは、既に

「凡人とは違うから稼げている」

のです。

「自分には無理!」

と自分自身に宣言した時点で、その人には越え難い壁が出来てしまいます。
簡単に「無理!」って、自分で自分に最終判決を下さないで下さい。

トレードに限らず、あなたが胸に抱く目標の全ては、自身が「無理!」と断定したその瞬間に

「叶わぬ夢」

で終わってしまうのです。
線香花火が、バケツの水に浸けられて「ジュッ」って音がする、あの感じです。
その一方で、

(今は困難に思えても)自分には必ずできる!」

と信じて諦めない限り、必ず「できる」のです。
(相応の努力は欠かせませんが・・・)

今は地味に思えても、導火線の火がジリジリと成功に向かって燃え続けている感じです。
あなたが今「無理!」と思うか「できる!」と思うかで、未来は大きく違ってくるのです。
最初は、まさに紙一重の違いに過ぎませんが、その結果は大違いなのです。
どのような手法であれ、楽して稼げる手法なんて絶対にありませんし、楽して、稼げるようになる手法というのも絶対にありません。
今現在思うように勝てていないのなら、相当の努力無しに勝てるようになる「夢の手法」なんて、どこにもありません。
探すだけ無駄です。
だから新しい手法を学んだ時に、ちょっと複雑だとか、ちょっと面倒だからといって、

「この方法は自分には無理!」

と簡単に結論を出す癖がついてしまうと、自分の現在の水準を超える事が出来なくなってしまうので注意が必用です。
トレードでお金を稼ぐ能力を身につける為には、情報のインプットも大切ですが、インプットした情報を自分の血や肉に変えいていく努力が不可欠です。

この努力とは、簡単に諦めないでコツコツと訓練を継続する事の全てを指します。

『簡単に諦めないでコツコツと訓練を継続する』

文字にすると平凡になってしまいますが、人が成功するかしないかを決する要点です。
勝てるトレーダーに求められる、

「普通じゃない能力」

とは、

『簡単に諦めないでコツコツと訓練を継続する』

という一見「平凡」な事によってのみ獲得できるのです。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + six =