ステップ・バイ・ステップ

今回は失敗しやすいパターンの人と成功しやすいパターンの人のお話しです。

失敗しやすい人の典型は、

「いきなり、ほしいものを掴もうとする」

です。

いきなりほしいものを掴めるのであれば、だれでも掴みます。

そうしても掴めない事が解っているから多くの人は、最初からやろうともしません。
だから多くの人は、失敗もしない代わりに、これといって特別に成功する事もありません。

一方、折角の少数派グループに入って、今より上の「成功」を目指す事を選んだヒトでも、いきなりそれを掴みに行くから、失敗してしまいます。
私がその典型です。

今にして思えば自信過剰だったのであり、実弾トレードの前に3ヶ月ほど勉強期間を置いたのも、

「十分に慎重」

と思っていたのは私だけで、現実は遥かに厳しいものだったのでした。

ホント~~~~に、苦しみました。

家族にも、精神的・金銭的に、重い負担を強いてしまいました。
初期資金が少し大目だったので何とか首の皮一枚で生き延びましたが、それは「たまたま」であったとしか思えません。

あなたには、なんとしてでも、私と同じ轍(てつ)を踏まないでほしいと思います。
その為のこのブログであり、メールセミナーでもあります。

人生の成否を分けるような決意や願望は、自分本位の思い込みだけで達成できるようなものではありません。

「専業デイトレーダーになる!」

というのも、願望として設定したり、それを目指すのは素晴らしい事ですが、そう自分で決めたからなれる、というものではありません。
では、どう考えるべきなのか?

現状に甘んじるのではなく、自分を磨き、更に上のレベルを目指す事は素晴らしい事です。

でも、その目標とするものが、素晴らしければ素晴らしいほど、簡単に手に入る事はありません。

特にデイトレなんて、口座をひらいて資金さえ振り込めば、その日のうちにも実弾トレードが開始でき、その日のうちにも5万、10万と稼げる可能性だってある訳ですから、すぐにも実弾トレードするのが、むしろ当然の事のように思えてしまいます。

でも、大切な事を忘れています。

稼げる可能性が有るという事は、『損する可能性も有る』という事です。

「当たり前だろ!」

ってバカにしない事。
これがもし当たり前なら、参加者の9割もが1年以内に退場していく事など無いはずです。

一見簡単に見える事ほど、実は奥が深いという事が多々あります。

デイトレも、その典型と言えるでしょう。

願望を達成する為には、自分のレベルを上げていく為に、必ず一定の期間を必要とします。
成功する為には、この「一定の期間」の努力が継続できる必要があります。
努力が継続できるという事は、つまりその期間

「生き延びる」

という事です。

目標を目指して、とりあえず生き延びる事さえできたら、その後は、なんとかなる可能性も高くなるのです。
デイトレーダーとして稼げるようになる為には、生き延びる事が最優先です。

この思いからこのブログを作りましたし、メールセミナーも、その延長線上にあります。

ところがどうでしょう?

デイトレを始めると、いきなり「稼ぐ」事を始めてしまう人が大半です。
それで本当に稼げれば何も言う事はありませんが、殆どの場合は逆に資金がどんどん減少し続け、遂には退場していく運命にあります。

デイトレに限らず、成功する人の思考パターンは、大きな目標に向かってステップ・バイ・ステップで、時間をかけて一段づつ階段を登って行ける持続性・継続性を持っています。

失敗する人の思考パターンは、ほしいものは気合いさえあれば、今すぐにも手に入ると思い込んでしまう傾向が強い事です。

あなたも、ぜひこの事についてじくり考えてみて下さい。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。
このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 3 =