デイトレーダーは、自分で自分に反則切符!

交通違反で反則切符を切られると、本当に腹立たしい気持ちになります。

自分が違反したのだから仕方ありませんが、あの腹立たしさは、罰金の額面の何倍もこたえます。

でも反則切符を切られると、違反を抑制する効果があるであろう事は、疑う余地がありません。

今年、十年以上ぶりに、スピード違反で違反切符を切られてしまいましたが、その後はやっぱり気をつけて運転しています。
安全運転を心がけるようになったと言うよりは、やはり「違反検挙されたくない!」という気持ちの方が、はるかに大きいです。

トレードは全てが自己責任なので、規律違反しても、覆面パトカーが赤色灯を点滅させて追いかけてきてはくれません。

でも、だからこそ、トレードで規律違反した場合には、自分で自分を罰する必要があるし、その為に、想定される違反を全て紙に書き出して、その違反毎に、ある程度自分にこたえる重みのある罰を設定しておく必要があります。

トレードで、予め自分で決めた事が守れないという事は、結果的に助かったとか、利益になったとかは関係なしに、(トレーダーとして)死に至る病を発症したのと同じくらい深刻に受け止めるべき出来事であり、そう理解している証しとして、予め決めておいた罰を自分に課し、再犯しない決意をしなければいけません。

罰とは、例えば一定額の寄付とか、数日間のトレード禁止など、具体的なものを差します。

「絶対に禁止」

のルール違反をした場合には、トレードから足を洗うという罰の設定も十分アリです。
絶対に禁止と自分に誓った規律に違反するようでは、トレードで成功する可能性は限りなくゼロに近いからです。

トレードでは、トレンドを常に意識し、自分に勝ち目がある時に限って参戦し、各トレード毎に、

目標利確幅 > 予定損切り幅

を維持し、

「自分がエントリーした根拠が否定されたら、損切り」

という当たり前の事が例外なく繰り返せるようになればれ、収支は自ずとプラスになっていきます。

どうしてもプラスにならない理由の殆どは、安易に規律違反を繰り返してしまう事と、それをダラダラ許してしまう自分に対する甘さが原因しています。

規律を守ったトレードを繰り返すという事が、トレードの訓練そのものになります。
しばらくは違和感を感じたりもするでしょうが、それこそが訓練というものです。

最初から楽々できる事なら、訓練の必要もありません。

苦しくとも我慢して規律を厳守していけば、やがてそれが自分にとって当たり前になってきます。
訓練すれば、人間は変わっていけるのです。

一方で、規律違反した途端に、それまでの訓練を台無しにして「ズブの素人に逆戻り」とまではいかないとしても、大きな逆戻りである事は確実です。

規律違反して、大きな逆戻りを繰り返すループをいかに早く脱するかは、本人の「本気」の出し方次第です。

この記事をただ読み終えるのではなく、あなたが本気を出すきっかけにして頂ければ幸いです。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − 4 =