ワンランク上のポジティブシンキング

何事にも、成果を得る為にはポジティブに取り組む事が大切ですが、狼トレーダーには、もうワンランク上のポジティブ・シンキングが必要だと私は思っています。

なぜならデイトレには「負けを前向きに受け入れる」という特殊な意識が不可欠だからです。
負けても「クソッ、今度こそ!」って頑張るのも確かにポジティブシンキングではありますが、勝つ事と同じレベルで、

「負けたけど、これも仕事のうち」

と考えられるようになって初めて一人前のトレーダーだと考えます。

「そんな事、できるもんか!」(`m´#)

って簡単に投げ出さないで、今は想像してみるだけでも良いですから、いつか自分のトレードで実現させる可能性について考えてみて頂きたいと思います。

私のメールセミナーで既に耳にタコができた方もおられる事と思いますがトレードとは、

「リスクをとってナンボ」

の商売です。
この「リスクをとってナンボ」を本当に理解しているならば、

「負けトレードも仕事のうち」

という事と、実は同じ意味である事が理解できるはずです。

プロの世界では、スポーツであれ、囲碁や将棋のようなゲームであれ、「勝負」であるからには負ける事もありますが、負ける事を積極的に(自ら進んで)受け入れる必要のある職業って他に有るでしょうか?

どういう事かというと、大抵の勝負事は「勝ち」か「負け」かが強制的に決するようにできています。
いくら「負けるのが嫌だ!」と言ってもどうしようもないように、ルールで明確に決められています。

そりゃそうでしょう、ルール上で決着がついているのに

「俺は負けてない」

なんて言い張ってなんとかなってしまうようでは「勝負」になりません。

しかしデイトレは、自分が負けを認めない(=損切りしない)限り、延長戦に持ち込む事ができます。

塩漬け・ナンピンです。

それで負けが勝ちになる事もたまにあるのでトレードは複雑ですが、塩漬け・ナンピンの常習者になれば、最終的には必ず破滅が待っています。

塩漬け・ナンピンは「負けを認めたくない」という人間の本能に沿ったものであり、それで資産が増やせるのであれば、誰でも成功してしまい、世界の経済システムが破綻してしまうでしょう。(勿論、そんな事には決してなりません。)

塩漬け・ナンピンで最後に「追証」で止めを刺されて終われば、それはそれで強制的に勝負が決まる訳で、他の勝負事と同じだとも言えますが

「99勝1敗」

でも、負け方次第では再起不能になりうる厳しさは、トレードならではだと思われます。

ポジティブシンキングっていうと、負けても

「ナンボのもんじゃい!」

って前向きに考えれば良いように思われるかも知れませんが、それはあくまでも「並」のレベル。

負けトレードで、

「マーケットさん、(負けさせてくれて)ありがとう!」

って、これじゃぁまるで”変体”みたいですが、狼トレーダーというのは「普通」のレベルを脱しているからこその狼トレーダーです。
頭ごなしに否定しないで、一度真剣に考えてみる事をおススメします。

ご意見、ご感想、ご質問、等々のコメントをお待ちしています。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)


<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + fourteen =