Richard Rhodes’ Trading Rules(その2)

==========================

<その2>

強気」の動きを示しているものを買い、「弱気」の動きを示しているものを売れ。

素人筋は「値下がりしてきた」ところを好んで買う。
玄人筋は「上ってきた」からこそ買う。
ちょっと違和感を感じるかもしれないが、「上がってきた」からこそ買うのが「正解」だ。
生き残る為に必要なルールは 「安く買って、高く売れ!」 ではなく 「高くなったから買い、より高くなったところで売れ!」なのである。
更に言えば、 売買する銘柄を選ぶのであれば「最強のもの一つを選んで買い、最弱のもの一つを選んで売れ。」
という事を付け加えておく。

==========================

10年前ならともかく、現在デイトレやろうと思ってこのブログを読んでるあなたなら、上記の内容を「あたりまえ」と感じていてほしいものです。
もし、「え? そうなの・・・?」なんて思ったのなら、あなたは今「」しました。
「安きを買い、高きを売れ!」という言わば「常識化」されたこのフレーズを真に受けてると、デイトレで生き残る事はできません。
(スキャルピングでプロレベルの技術を習得した場合等は別。)

「高くなったから買い、もっと高値で売る。 安くなったから売り、より安値で買戻す。」という、一般消費行動とは全く異質の「常識」が、トレードには必要となります。
スイングであっても、この考え方は有効です。
逆張り」が有効なのは「それなりの根拠」がしっかり有る場合だけであり、「安くなったから」は「買いの根拠とはならない」事を忘れないで下さい。
まぁ早い話が「逆張りは、当面禁止!」と決めておくだけで「生存率」は確実に「向上」します。

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


6 件のコメント

  • 本で書いてることがあらためてここで書いてあると
    「!!」←うさぎではないです。
    やっぱりそんなのかと納得します。
    ここのurlがお気に入り>株の学習>毎日読め、に入っててよかったです。(意味不明)
    教えてgooでまた回答してください。
    おやすみなさい。

  • 「毎日読め」に入れて頂いてありがとうございます。
    「あたりまえ」と言っても、多くのトレーダーは、やっぱり逆張りやナンピンをやってしまいます。
    すると勝率が上っったりして「一人前」になったように錯覚し、そしていつか「爆死」します。
    基本は軽視されがちですが、「基本=大事」、この「あたりまえ」の事を忘れてはいけません。
    (私もすぐ忘れますが、、、。)

  • たかやんさん
    ばんこんにゃあ~
    たかやんさんの仰ってるのって、順張りですよね?。。。ピッコロもずうっと順張り(チキンなので)でやってきました。。。でも、150万円の損切りをしたのも順張りです。。。。最近のデイトレも順張りでは小さくしか儲かりませんでした。。。。順張りで150万も持っていかれたってことは、逆張り?と、つい最近から練習していますが。。。。間違ってるんでしょうか?。。。ピッコロはどっちにもこだわりません。順張りも逆張りも、買いも空売りもやるつもりです。。。。。ピッコロの株友達、株ブログ友達みんな、どうも逆張りっぽいんですが。。。で、みんな損もするけど、儲けてもいるみたいです。。。。

  • 順張りで大きく持っていかれたとすれば、損切ルールが機能していなかっただけで、順張りが機能していなかったからではないのでは?
    トレードには順張派と、逆張派の2つに分かれます。
    現在のところ、順張派が「正統派」の地位を確立しつすあると思いますが、逆張派も、目先の利益と勝率で、根強い支持層に支えられています。
    色々な意見があるでしょう。
    でも私は、断固「順張派」です。
    逆張派には、何かインサイダー的な(内緒の)材料が無い限り、順張とは比較にならない大きなリスクが待ち構えています。
    できれば、そのリスクを実感させられる前に、理解して回避したいものです。

  • たかやんさん。
    自分は順張りは4月中旬~9月中旬まで全トレードが頂点買いとなり一度も利確できませんでした。
    途中5月後半~6月は順張りを禁止して逆張りに専念したらはじめて資金の減りを止められました。
    もともと私も順張派なので、7月初頭にこちらのblogを見てからできるだけ順張りから逃げずにやっていこうとしましたが、
    またボロ負け続きに戻りました。今は頂点買いが8~9割くらいまで戻しましたが。
    順張りにこだわり続けて破滅するか、順張りに少しずつ受け入れてもらえるか・・
    人によっては順張りとは相容れないこともあるかもしれません。

  • 順張の方が、逆張より勝率的に若干不利という事はあるようですが、そこまでボロボロというのは、何か理由があるはずです。
    最近のお問合せに対して時々書いているのですが「この方法では勝てない」と思いながらトレードしても、まず絶対に勝てません。
    時間のある時に、お金を賭けないで「順張」をとことん検証してみる事をお奨めします。何か見えてくると思うのですが。
    最低でも50%程度勝てなければ、やり方そのものに何か問題があります。
    さもなければ、誰もやらなくなってしかるべきでしょう。
    「順張」だけの責任では無いと思うのですが、、、。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    sixteen + 8 =