Richard Rhodes’ Trading Rules(その4)

==========================

<その4>
神よ、デイトレーダーにこの戒めを守れる知恵を授けたまえ!
乗り遅れたから、早く飛び降りすぎたからといって、追いかけてエントリーしてはならない。
次のチャンスが来るまで「待て」。

忍耐強くあれ。
一旦エントリーしたなら、その利益が育つには時間が必要だ。
目標とした利益が得られるまで、じっくり時間を与えよう。

忍耐強くあれ。(原文では「忍耐強くあるな!」。結局は同意。)
小さなロスカット、素早いロスカットこそが、常に最善のロスカットである。
それは「」ではない。
それこそがトレードなのだ。

==========================

(※原文にある「デイトレではなく、スイングの為の説明」部分は省略しました。
読者の混同の元となるかもしれないし、私自身にスイングを人に語る経験も不足しているからです。)

トレードに重要な3つの忍耐。

・欲望に目が眩んだ「遅すぎる」エントリーへの戒め。
・本能的な「反応」である「早い利確」への戒め。
・本能的な「反応」である「遅い損切」への戒め。

この事は、あなたも既にご存知のはず。
これから100冊の本を読んだ後で悟るもよし、この小さな記事一つから悟るもよし。
結局はあなたの「本気力」がいつ発動されるか次第です。
勿論、一刻も早いに越した事はないのですが・・・

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


7 件のコメント

  • そ、その「待て」ってのが出来ないんですよ 利確と損切りがほとんど同じなんです。。。。損切りは速攻できるんですが、利確の方が。。。。。。まだまだペーパーは続きます。。。。

  • 損切に自信があるだけで、大したものです。私の同じ頃は出来てませんでしたから。(実弾でしたけど。)
    とは言え、損切と同程度の利益で確定しているとすれば、その幅を利益と見なしている事に少し問題があるかもしれません。
    その程度ではまだ「利」じゃないんです。
    その小銭はいつでもマーケットに返還するという余裕がないと、マーケットもなかなか気前良く微笑んではくれないでしょう。

  • 小銭はお返ししても良いくらいの気持ち...ですか。持てる様に頑張ります。(横入りでゴメンナサイ)
    それにしても...コメントの方も、注意深く読んでおかないといけませんね。

  • 横入り歓迎、いつでもどうぞ。
    一番いけないのは、大損ですが、、、。
    二番にいけないのが、小幅利確ぐせ。
    儲からない原因の横綱と大関です。
    (スカルピング派の方は、気にしないで無視して下さいね。)

  • 300円安の日に売り残の多い大型株にエントリーしました。
    スウィングながら、ルールを守ってトレードしていきたいです。
    ついに僕の本気力発動です!

  • たかやんさん、こんばんは!
    旅行中にえらいことになっていた株ですが、下がっている物は半分損きりして、ロットを減らそうと思いましたが、みんなが我慢しきれなくて、投げようとしているこの時こそ、買いなんじゃないか?と思ってホールドして、何とか+50Mで終えることができました。まだまだ焼け石に水ですが。。。

  • こんにちは。
    きんぎょさんのところから来ました。
    3つとも当てはまってるし・・・。
    忍耐は大切ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    four × 5 =