偽りの本気(6)

日々進歩する事が前提であるはずの初心者と、デイトレの本質(≒欠かせない要素)とも言える
一貫性
とは、いかにして両立し得るのか?

簡単です。
とりあえず自分で、

「これが最善!」

と思える売買ルールを作って、それを1週間単位で貫くのです。
その一週間のデイトレの結果を週末に分析し、翌週のデイトレの為に手法の点検・修正を済ませ、翌週にはまた手法を固定して頑張るのです。

負けても勝っても、同じルールでデイトレをし続けるという事は、いかなるトレーダーも避けては通れない、極めて重要な訓練です。

毎回毎回、気分次第でルールを変え、もしくはルールに無いひらめきで売買を行っていても、それは単にデイトレで

「遊んでいるだけ」

です。(万人に1人の天才は別かも知れませんが?)

砂場では子供達が、毎日、砂の城や山やトンネルを作ったり壊したりして遊びます。
でも、半年経っても、1年経っても、砂場は砂場であり続け、何も変わりません。

勝っても負けても、同じルールで1週間デイトレを続けるというのは、やってみると解りますが、最初は非常に精神的な苦痛を感じるはずです。
でも、それがデイトレというものなのですから、簡単に投げ出したりしないで下さい。

まぁ、勝ちトレードならともかく、負けトレードが2回か3回も続けば、それ以上は続けられなくなるでしょう。
だったら、そこでその週のトレードを終了する事ならOKです。
でも、終了せずにルールを変えてデイトレしたら、

「元の木阿弥」

です。
これは法律違反でも何でもありませんから、あなたの自由になさって構いませんが、砂場は砂場のままです。

【 つづきを読む 】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × three =