投機と投資

日本にいる自称投資家の殆どは、確かに投資家的なマインドでトレードを行っています。
彼らが年がら年中考えている事を一言で表せば、

「次に上がる株はどれか?」

ではないでしょうか?
要するに「買い」が主体のトレードです。

でも、日本にいる自称投資家の殆どは実は「投機」をやっています。

日本では「投資」と「投機」の区別が曖昧なままにされています。

これが日本独特の現象なのか、案外海外でも似たような事が起こっているのかは、調べた事がないので知りません。
(但し、海外での混同は少ないのでは?と想像します。なぜなら「投機」と「投資」は一見似ていますが「investment」と「speculation」は似ても似つかず、一見して別物と感じられるからです。)

デイトレーダー(短期スイングトレーダーも含む)が投資と投機の違いを理解できていなければ、うまくいかないのも当然です。

日本市場が上昇トレンドにある時には、この矛盾が覆い隠されます。
方向性が「たまたま」合っているからです。

株をやっている人の殆どがニコニコ顔になります。

しかし、一たびトレンドが下降に転ずるや、損するトレーダーが続出します。
大暴落でもあると「投機」と「投資」を曖昧にしてきたツケが一気に表面化します。

買いポジションを身の丈を超えて仕込んでいたトレーダーが軒並み破綻します。
酷い暴落の際には、道連れで証券会社の存続まで危ぶまれる事態となったりします。

「投機」をやっているのであれば、投機家としての発想が求められるのは当然の事です。

投資と投機の優劣を比較しているのではありません。

投資なら投資を、投機なら投機を理解して行動すべきです。デイトレは間違いなく投機です。)
あなたは、大丈夫ですか?

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。
このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 4 =