デイトレ最重要格言の一つとは?

伝説的相場師と言われているジェシー・リバモアが、こんな事を言ってます。

「人は、恐れるべき時には願い、
願うべき時には恐れる」

自分の取ったポジションが含み損となった場合、反発してくれる事を願うよりも、更に損失が拡大する事を恐れ、損切りなどの防御行動をとるべきです。
でも、ついつい損失を確定する事ができず、ただ願ったり祈ったりしてしまいがちです。

一方、自分の取ったポジションが思い通りに動いた時は、そのポジションがもっともっと思い通りに動いてくれる事を願うべきなのに、含み益の減少を
恐れて早々に手仕舞いしてしまいがちです。

デイトレに限らず、裁量トレードが損大利小に傾く人間心理を、簡潔に言い表しています。
さすが伝説的相場師!

上記のたった1行の気づきで、半年後には○○○万円の違いが生まれる可能性だってあると思います。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − three =