スキルは、訓練で身に付く(後編)

勝ちトレードと負けトレードの両方がルール通りに完結出来て、初めて収支をプラスにする事ができます。
クルマの左右のタイヤと同じで、両方が揃って始めてちゃんと前に進みます。

ところがブタトレーダーは、エントリーしたトレードは全て勝つ事が前提になってしまっていて、負けた場合の事は「その時になって考える」といった、

「忌避(きひ)」

の心理状態のままで頑張ります。
これでは、いつまで経ってもデイトレスキルまでにはなり難いです。

このあたりを証券会社等はよく解っていて、自社の新米デイトレーダーにいきなり、

「勝て。すぐに利益を出せ!」

なんて無茶な命令をしたりはしません。
まずはルールに従って、出たり入ったり(エントリーとエグジット)がスムースに行えるようになるまで繰り返し練習させます。
その塩梅をスキルとして身につけた上でより優位性のあるトレードを訓練していくので、個人トレーダーよりずっと「プロ」に育つ確率が高くなるのです。

エントリーとエグジットをスムースにする為の訓練の一つとして私のレポート「スクラッチ」を紹介しましたが、

「勝ちに執着し、負けを忌避する」

というありがちな心理に基づくデイトレから自分を引き離せれば良いだけなので、訓練の方法は他にもいくらでもあります。

例えば、エントリーは適当で良いですから、まずポジションを取ります。
そして3分でも5分でも、予め予定した時間が経ったら、秒単位で正確にエグジットします。(利益を求めるデイトレではないので、可能な限り枚数は小さくして下さい。寄り直後等は危険なので、比較的安定した時間帯から試してみて下さい。)
当然、勝ったり負けたりするでしょうが、一切利益に期待してはいけません。
3分とか5分程度の時間なら、怯えるほどの損失も発生しないでしょう。
手数料損くらいなら御の字(おんのじ)です。

「規律に従ってデイトレする」

という事を実際に体験する訓練です。
繰り返す回数によって多少のコストがかかるかも知れませんが、非常に効果的な自主トレですので、ぜひ試してみて下さい。

と言っても、こんな事ができる意識の高いデイトレーダーは全体の1割未満だと思います。
でも、その中から「プロ」に育つ人の数の方が、残り9割の中から「プロ」に育つ人の数より多いと確信します。

あなたは、そうは思いませんか?

【 この記事の前編から読む 】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


2 件のコメント

  • 補足
    体験者として、少し補足させていただきます。
    まず、証券会社の取引登録の形を従量制にしておくこと。
    そうしないと手数料がめちゃくちゃでかくなってしまいます。
    それから、できるだけ小さい安い単位の株を選ぶこと。
    結果はどうでもよく、エントリーへの恐怖心をなくすのが
    目的なんで、できるだけ安く回数こなすために
    小単位でやるのが実用的です。
    自分がやった時は8925アルデプロとかよくお世話になりました。
    あの当時は1株単位だったんで。
    今は100株単位になっちゃいましたけど。
    あとは実際にやってみるしか無いですね。
    やってみて初めて分かるある種の実感というのがあり、
    それは実際に金をかけないと得られない類のものであり
    いくら本を読んでも得られないある種の感覚だからです。
    自分は、この訓練と、マネーマネジメントを研究する
    ようになってから成績が向上してきました。
    以上、ご参考まで。

  • 補足
    体験者として、少し補足させていただきます。
    まず、証券会社の取引登録の形を従量制にしておくこと。
    そうしないと手数料がめちゃくちゃでかくなってしまいます。
    それから、できるだけ小さい安い単位の株を選ぶこと。
    結果はどうでもよく、エントリーへの恐怖心をなくすのが目的なんで、できるだけ安く回数こなすために小単位でやるのが実用的です。
    自分がやった時は8925アルデプロとかよくお世話になりました。
    あの当時は1株単位だったんで。
    今は100株単位になっちゃいましたけど。
    あとは実際にやってみるしか無いですね。
    やってみて初めて分かるある種の実感というのがあり、それは実際に金をかけないと得られない類のものでありいくら本を読んでも得られないある種の感覚だからです。
    自分は、この訓練と、マネーマネジメントを研究するようになってから成績が向上してきました。
    以上、ご参考まで。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    16 + 2 =