手法以前の話

エントリーする時には、

「さあ今から、お金を稼ごう!」

と思うだけで、逆に動く事なんて微塵も考えてないものです。
だから逆に動くといつも想定外

想定外という事は、何をどうすべきか考えて準備していないという事なので、反転に期待しながら様子見するしかない。
それで助かる場合もあります。
でも、助からない場合も必ずあります。
傷口が開いていくのに、開けば開くほど益々閉じる事ができなくなっていく。
でも、

「もうこれ以上傷口が開いたら裏返しになってしまう!」

というところでマージンコールか、ギブアップの大損切りです。
これを防ぐには、エントリーする前から

「稼げるかもしれない。が、損する可能性も同じくらいある。だから利確はこのあたりで、損切りはここでできれば、期待値の方が大きくなるから、今エントリーしても良い」」

と、ここまで予め考えてエントリーし、エントリーしたらもう考える事を止める。
それだけで、デイトレは激変します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × one =