ポジションへの執着に意味はあるか?

稼げているトレーダーと稼げていないトレーダーの一番違うところは、

個々のトレードに固執しているか、いないか?

ではないかと思います。

誰だって稼ぎたいからデイトレしているのであり、含み益が出れば嬉しいし、含み損になれば嫌な気持ちがします。
そういう感情の起伏は、人間だから誰にでもあって当然です。

しかし稼げているデイトレーダーは、そうした感情の起伏より一段上のレベルで、手法と規律に従う事を自分に課していて、手法と規律の通りに利確や損切りを淡々と執行していきます。
一旦エントリーしたものは、規律に従って手仕舞う以外に無いという事を理解すると、今現在のトレードの結果がプラスで終わろうとマイナスで終わろうと、それが大した違いではない事も理解できるようになります。

一方、稼げないトレーダーは、手法や規律を持っているとしても、その時々の感情の起伏の方がより上のレベルに有る為、手法ではまだ待たねばならないのに、

「利食い千両って言うもんね~」

なんて自分に言い訳しながら早々と利確したり、手法では損切りの水準に達しているのに、様々な情報を集めてきて、それらから自分に都合の良い結論を導いて損切りを先送りしたりします。
稼げない典型的なデイトレーダーにはポジションを切る場合でも、

「様々な情報から総合的に判断して最善の手仕舞い注文を出す」

みたいな誤ったイメージがあって、そういう「思考」による場合を、手法に沿った売買に優先させてしまいがちなのです。

なぜなら、手法や規律に従って行動するのは本能を強烈に逆なでする行為であり、いろいろ情報を集めて、一杯考えて、利確したい時に利確し、損切りしたいと心から思えるまで延期したほうが、本能にはマイルドなデイトレができるからです。

スリルや興奮を感じる為に娯楽としてデイトレするのなら、ご自由にどうぞ。
しかし、勝ったり負けたりしながらも、大数の法則に従って淡々と利益を積み上げていくトレードをしたいのであれば、本能を逆なでするトレードに取り組む以外に方法はありません。

======================================
(補足)本能と理性の関係については、こちらのレポートで詳しく解説しています。

『デイトレ攻略の新戦略レポート』 <==クリックして下さい!
======================================

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • この間ちょっと面白い体験をしました。
    ある銘柄を冷静に分析していたときに
    「この銘柄はこの辺りまで下がってきたら買いどきだな」
    って判断したんです。
    しかし、上下に揺れ動く板を見ているうちに催眠術にかかったような状態になってしまったらしく、もっと上の価格帯で買っちゃいました。衝動買いです。
    なんとかなるだろってお手軽気分で。
    つまり、豚のポジションを持ったわけです。
    天罰覿面。
    その後株価がどんどん下がってきて、もうだめだ。
    こりゃあ手仕舞うしか無い、ここまで下がったら手仕舞おう。
    胸に秘めたそのポイントが、まさにさっき冷静だったときに買おうと思っていたポイント。
    同じ自分なのに、買おうと考えている自分と売ろうと考えている自分が同時に存在していた・・・
    で、そのことに気づいた瞬間、ちょっと混乱しちゃったため、売りも買いも出来ず、場の流れをそのまま眺めてたんですが、結局そのポイントまで落ちてきてそのポイントの買いがはけた後、反転上昇。
    なので、感覚でやっている自分に従っていたら、最悪、
    冷静な計画立案をしていた自分に従っていたら、最高、
    という結果になるところでした。
    如何に感情衝動はダメで、理性のもとでの計画がいいのか。
    あるいは支抵線に従うことがいいのか。
    これを実感で体得した瞬間でした。
    それにしても不思議な経験でした。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~以下、たかやん
    ポジションをとっていない時も、自分は自分。
    ポジションをとっていても、自分は自分。
    或は、
    含み益が拡大しつつあっても、自分は自分。
    含み損が拡大しつつあっても、自分は自分。
    いつも、自分は自分で変わりは無いと思いがちですが、実は大違い。
    その時々の状況によって、理性的な思考と本能的・衝動的思考の勢力図は大きく違ってきます。
    この事をよく理解し、トレードにどう生かしていくか普段から考えてみる事が大切です。
    面白いコメント、ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    two × five =