本能は、損大利小トレードがお好き!

前回は、デイトレの初心者は、自己資金が減る心配のない、安全なトレード手法を見つけようとするという事を書きました。
しかし、デイトレとは自己資金をリスクに晒す仕事なので、安全をとことん追求していくと「トレードしない」という結論に至らざるを得ません。

だから、どうしてもデイトレで稼ぎたければ、例えば毎日何回かトレードするとしたら、そのうちの何回かは負けて損する事を予め十分に了解しておく必要があります。

『勝つトレードもあれば、負けるトレードもある。』

今これを読めば、当たり前すぎて何も感じない人が殆どでしょう。
ところが、実弾でエントリーした途端に、

このトレードだけは、何がなんでも勝ちたい

と思ってしまいます。
少しくらい逆行しても、なんとか戻ってくれる事を祈りながら我慢します。

少しどころか大幅に逆行してしまったら、そこで損切りした場合の額を受け入れる事ができず、更に粘ります。

更に逆行していって、

「このままでは破産だ~!」

という現実が見えてきてようやく損切りする場合もあれば、追証を入れて更に頑張る人も結構います。

人間の本能には、デイトレで損切りが必要な状態になっても、それを認めず更に粘ろうとする強い傾向があります。

損切りすれば、その時点で負けが確定してしまいますが、損切りしない限り、挽回して負けが勝ちに変わる可能性が残されていると考えて、負けの確定を先送りしてしまうのです。

その一方で、狙った方向に値が動いて含み益が発生すると、無邪気に喜びます。

「やったー、たった5分で2万円の含み益だ~♪」

みたいに。
ところがこの含み益が少しでも減り始めると、秒速で利益確定注文を出してしまいます。
これも本能のしわざです。
もっと粘ればもっと利益幅が拡大する可能性があるとしても、それは単なる可能性に過ぎず、逆に縮小していく可能性だってあります。

それよりは、今すぐ利益を確定した方が得じゃないか。

という結論に、いともたやすく至ってしまう訳です。

含み損はあくまでも我慢して負けを先送りし、含み益は早々に確定させる。

これを毎日続けていけばどうなるかはご承知の通り。
損大利小の傾向を持つデイトレは、当然の事ながら、続ければ続けるほど損失が拡大していきます。

だからデイトレで稼ぎたければ上記の逆をすれば良いだけなのですが、思考している事と逆の売買って、生身の人間にはほぼ無理な相談です。
だからその代わりに・・・                 

======================================
(補足)本能と理性の関係については、こちらのレポートで詳しく解説しています。

『デイトレ攻略の新戦略レポート』 <==クリックして下さい!
======================================

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。
このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 5 =