ペーパートレードの是非

ペーパートレード(デモトレを含む)を推奨する人もいれば、否定的な人もいます。

私は明らかに、ペーパートレード推奨派です。
ペーパートレードでも、なかなか勝つのは難しいものです。

予知能力の無い人間が、先の解らない未来の価格を追いかけて、それで安定的に利益を出せるというのは、そう簡単な事ではありません。
種明かしをすれば、市場にはトレンドがあるという事を少しアレンジして利用しているだけなのですが、どう頑張っても完璧にはならず不確実性を内在した方法論ですので、いい塩梅を習得するには時間が必要なのです。

お金を賭けてデイトレをすると、自分のお金が増えたり減ったりする事になりますから、ペーパートレードよりも真剣になる事は確かです。
真剣になれるというのはとても良い事なのですが、まだ勝ち方が身に付いていないデイトレーダーが、勝ち方を探したり学んだりする事と同時並行してお金を賭けると、真剣なのはお金の増減に対してだけになり、デイトレの方法や技術なんて事にまでは気が回らなくなってしまいます。

抵抗線のブレイクアウトで利益を得る戦法なのに、少しでも安く買えるようにとブレイクする手前でポジションをとってしまった事はないでしょうか?

或は又、利益確定よりもずっと手前なのに、少し上にある厚い板が鉄板に見えてしまい突然「利食い千両」という言葉が突然頭の中でガンガン響いて、すぐさま手仕舞った事はないでしょうか?

あるいはまた、損切りが大切な事は重々知りながら、損切りの励行を毎日おまじないのように唱えているにも関わらず、ふとした出来心で様子を見てしまい、更にどんどん逆向きのトレンドフォローで損失を拡大させた事はないでしょうか?

こうした失敗は、トレーダーの集中力が無いとか、本気度が低いとかとは逆の理由で起こしてしまうからやっかいです。
トレーダーはこれ以上ないほど真剣で熱心にデイトレしているのです。
自分の人生を賭けるほどの本気度で、ポジションの行方を見守っているのです。

でもそれは、デイトレで勝つ為の訓練に熱心で本気であるという事とは全く違います。
自分の心の底にある「強欲」や「恐怖」に忠実であるだけで、デイトレで勝つ為の技術を身につけるという本来の目的は、すっかり心の中から消し飛んで位しまっているのです。

確かにお金を賭けないで、方法論の正しさを学んだり訓練する事は、とても空疎な行いに思えて真剣になれない、という気持ちも理解できます。
でも、お金を賭けたばかりに、本来の目的を見失い、ただお金の増減に心を奪われるというにも気づく必要があります。

私が何を言ったところで、今日もまたしっかり実弾でデイトレしている人が沢山いる事でしょう。
ま、それが普通ですよ。
デイトレなんだから、お金が動くのは当たり前と言えば当たり前です。
とはいえ、

お金が掛かっているからこそ、普通なら20銘柄しか予習しないものが、200銘柄予習するという事が起きます。

お金が掛かっているからこそ、普通ならマンガばかり読んでいるのに、専門書の読破を続けるという事が起きます。

お金が掛かっているからこそ、国内のみならず、海外の政治経済にも関心を持ち、情報収集するという事もおきます。

ペーパーでは力が入らないけど、実弾なら頑張れるという人は沢山います。
こういう、実弾だからこそ真剣になれる事で得られるメリットを否定する事はできません。

ペーパーのメリットとデメリット。
実弾のメリットとデメリット。

これらを一度、自分の思いつく限り一枚の紙に書き出してみて下さい。
10個とか20個ではなく、50個でも100個でも、出来限り沢山の事を書きだして下さい。
そしてその紙を見ながら、自分にとって最も適したデイトレ訓練法について考えてみて下さい。

「ついつい・・・してしまう。」

といったネガティブなイメージを抱きながらデイトレするより、自分の頭の中に埋まっている事を全て目の前の紙に書き出し、可視化した上で、取捨選択するという方法があります。

もっと詳しく知りたいのなら、アマゾンで「ブレインダンプ」で検索してみて下さい。

月1回とか定期的にこれをやると、凄い事が起こるかも・・?

関連記事『デイトレと、お金と、ゲーム

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + 15 =