ギャンブル、お好きですか?(1)

(※)今回の記事は私の個人的見解であり、例外もあれば異論・反論もいくらでもある事を承知の上で書いています。この記事を読んでどう思うか、どう行動するかは全てあなたの自由です。

デイトレーダーって言うと、ギャンブラーの典型みたいなイメージがあるかも知れませんが、私の認識ではデイトレとギャンブルはむしろ「正反対」に位置しています。

競輪、競馬、競艇などの公営ギャンブルは、胴元(国家)に予め25%もの寺銭(=控除率)を支払わされるゲームです。
仮に1万円分馬券を買ったら、なんだか当たる気がしてワクワクするでしょうが、実際には既に2500円分の価値が胴元に吸い上げられています。
天皇賞や菊花賞等の大きななレースでは100億円を超える売上があって大変盛り上がりますが、各馬一斉にスタートする頃には既に何十億円ものお金が胴元に吸い上げられていて、その残りを参加者で分け合う事になります。

予想が当たって、賭けたお金の何倍もの賞金を受け取ったら、

『クセになりそ~♪』

という気持ちになるのも理解はできます。
でもクセになればなるほど、年間では大きな赤字になります。
だから、自分でも実際の収支を把握していないファンが多いのだそうです。

「まぁ、トントンかチョッピリマイナスくらいかな?」

と思う事にしているそうですが、実際には確実に大赤字です。

宝くじとかロト6となると、控除率の割合は更に倍以上に跳ね上がります。
思い切って100万円分も買えば、相当な確率で当たりそうな気がしますが、実際にはクジを買った時点で値打ち(≒期待値)は半分以下になってしまいます。
支払った現金100万円のうち50万円以上が、自動的に胴元の財布へと移動します。
6億円当たるためには、100万円の大勝負を千回以上繰り返さないと、一度も当たらない可能性の方が高い計算になるのです。(仕組みとして考えれば、12億円以上をつぎ込んでやっと1回、6億円の当たりを引く事ができる計算です。)

上記に比べるとパチンコの控除率は10%以下となっており、パチプロになれる人も相当数出てきます。
ただ、パチプロになれる人はギャンブルが強いのではなく、確率を理解すると同時に忍耐力があるという事になります。
パチンコ依存症になっている殆どの「お客さん」は損しています。
ボランティアで営業しているパチンコ屋さんがあれば別ですが・・・?

このような事は、わざわざ私が改めてご紹介するまでもなく、一般常識のはずです。
常識を常識として認識しながらもギャンブルを止める事ができないのであれば、その金銭感覚でデイトレに挑戦しても負けは目に見えています。
デイトレは、公営ギャンブルや宝くじ等と比べて遥かに低い控除率ですが、

『自分に勝つ』

というとても難易度の高い事が要求されます。
欲望や恐怖という感情を常にコントロールする必要があるのです。
ギャンブルを「判っちゃいるけど止められない」人がデイトレで勝てるようにはならないと思います。


(補足)「トレードで一攫千金!」といった事に期待するのは人の自由ですが、それはつまりトレードをギャンブルと理解しているという事であって「仕事」として取り組んでいる事とは違います。蛇足でしたか?

【 つづきを読む 】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 11 =