なぜブタに戻ってしまうのか?(1)

デイトレで規律を守る事が大切であると知っているのに、なぜすぐまたブタに戻ってしまうのでしょうか?

それはまず第一に、

「今現在ホールドしているポジションに固執する」

からだと言えます。
ポジションが無い時は、とりあえず正気でいられるのですが、ポジションを取ると同時にブタへの変身スイッチが入ってしまいがちです。

お金がかかると、理性が縮小し、本能(強欲、狂喜、恐怖、放心・・)が拡大していきます。
今現在ホールドしているポジションの値動きに一喜一憂し、久々の大きな利益となれば有頂天に、いつものように逆行すれば神風に期待したりしている間は、決して狼トレーダーにはなれないでしょう。
デイトレは、ある程度まとまった回数の結果がどうなるかが重要なのであって、1個単位のトレードの勝ち負けに拘るべきではないのです。

その次に考えられるのは、

「今エントリーすれば、稼げるかも知れない。」
「今エントリーしなければ、機会損失になるかも知れない。」

などという欲望に負けて、自分のルールに無い根拠の薄いエントリーをしてしまうような時です。

最初から確信犯的に違反をしているのですから、途中から狼になれるはずもありません。
そのままそのポジションにしがみついて、やっぱり「損大利小」の結果に行きついてしいまいます。

目の前にある「機会」で勝ちを得られれば、それで勝組に近づいていると考えがちですが、大きな誤解です。
継続的に規律に従ったデイトレを繰り返し、しっかり利確すると共に、しっかり損切りもしていく積み重ねからのみ、トレード技術が身に付き、心理的にも安定してきます。

「チャンスが来るまで、しっかり待つ」

と、

「負けトレードも、仕事の一部と考える」

というのは、収支プラスの結果を得る為に欠かせない思考です。
待つ事も負ける事もデイトレの重要な要素であり、これらを忘れてしまえば、他の何をどれだけ頑張ってもトータルプラスの収支にはたどり着けません。

あらゆる技術は、粘り強い繰り返しの練習からのみ生まれます。
目先の利益にばかり意識を向けてデイトレしていても、練習にはならず、時間とお金を浪費するだけで終わります。

当然すぎましたか?

【 つづきを読む 】

======================================
(補足)本能と理性の関係については、こちらのレポートで詳しく解説しています。

『デイトレ攻略の新戦略レポート』 <==クリックして下さい!
======================================

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =