負けトレードと失敗トレードとの違い

デイトレの予測
デイトレで勝てるようになるというのは、

「相場の未来が判るようになる」

という事ではありません。
むしろその真逆で、

「相場の未来は判らない」

という事を心から納得できたデイトレーダーこそが、勝ち方を知っているという事になると思われます。
テクニカル分析を中心にしたデイトレの場合、様々な時間枠のチャートを分析してトレンドを見極め、エントリーのタイミングを待ち構えて、優位性を最大化する為に自分にできる事を全てしつくして、ようやくポジションをとります。

それでも結果はというと、多少勝ちトレードの方が多いというだけで、極端な場合には「半分近く!」もが負けトレードになります。
どんなに注意深くエントリーしても、絶対に負けトレードを無くす事はできません。
だから「間違えた!」と判った時には躊躇なく損切りします。

自分の決めた売買ルールに沿って、きちんと損切りして負けたのなら、それはデイトレという仕事をきちんと行ったという事であり、何の問題もありません。
自動車を運転するという事は、アクセルを踏む事とブレーキを踏む事の両方で成り立っているのと同じで、ブレーキを否定すれば運転そのものを否定する事になります。
自動車にブレーキが欠かせないのと同様に、デイトレを続ける限りは負けトレードを避ける事はできず、むしろ不可欠の要素であるとさえ言えるのです。
(負けを遠ざけ過剰に勝率に拘ると、著しくエントリーチャンスが減り、機会利益を失う事に繋がります。かと言って頻繁にトレードを繰り返せば良いというものでもなく、そのバランスのとり方が個々のトレーダーが持つノウハウであると言えるでしょう。)

一方、自分の決めたルールに違反したトレードは、結果が勝ちか負けかに関わらず「失敗トレード」です。
失敗トレードばかりやっていても、時々は勝てるし興奮を味わう事もできますが、トータル収支をプラスにする事はできません。
単に売買を繰り返しているだけで、デイトレの訓練にもなりにくいです。
むしろ悪い癖がつきがちです。
人間は欲や恐怖によって簡単に失敗(≒脱線・ルール違反)する傾向があるので、常に自分にとって、

「正しいトレード(=自分の決めたルールに沿ったトレード)」

を繰り返していけるように、真剣に取り組む必要があります。

要するに、勝てるトレーダーというのは、コツコツと勝ちと負けのトレードを積み重ねながら、自分のルールが持つ、

「若干の優位性」

によって利益を得ていく事をわきまえたトレーダーを指します。
決して未来を見通せるような能力が有る訳では無いし、そのトレードルールも、誰が聞いてもさして驚くような特別なものではなく、テクニカル分析の方法論に沿った、むしろ当たり前とも言えるルールです。
ただし、テクニカル分析の方法論に沿った判断を、いちいち思考のステップを踏まないで(又は言語化しないで)できるだけの訓練は積んでいます。
ここのところは、この短い記事では説明しきれませんが、最短3ヶ月、できれば1年くらいは他の全てを後回しにしてデイトレの訓練に集中する必要がある、という事は言えると思います。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 9 =