感情のコントロール

デイトレ「感情のコントロールは大切だ!」という事を、少なくとも頭で理解している人は多いのですが、「損切りは大切」という事くらいにしか理解できていないとすれば、大切な事の半分は置き去りにされている事になります。

損切りが大切!な事なんで、今更繰り返すまでもなく「当たり前」の話。

それと同等以上に大切なのが、

「喜びという感情にも呑みこまれない」

という事に対する気づきです。

損失に対する恐怖や絶望と同じように、利益に対する喜びも、優位性あるトレードを維持するという点では非情に有害であるという事を忘れないで下さい。


「勝った時に喜ぶなとは、バカか?」

と思われるかも知れませんが、バカで結構です。
デイトレで生き抜く決意をした段階から「凡人では生きていけない」事を受け入れています。
凡人の判断基準から見たら「バカか?」みたいな事を平然とできる事がトレーダーには求められる事を確信しています。

デイトレーダーが損失を発生させる時って、実は利益を確定した直後が一番多いって、あなたも言われてみれば「なるほど、そうかも?」と合点がいくのではないでしょうか?
でもそれって、至極当たり前の事なんですよ。
「悲」と同様に「喜」も人間の動物的な感情である事に変わりななく、これらが拡張すれば、相対的に「理性」は縮小するしかないのです。
人間の脳がそういう仕組みになっているのですから、抵抗しても無駄です。

対策としては、含み益になった時や利益を確定した時に、それを「金額」に換算する事を自分に禁じる事です。
人間である以上、「ヨシ!」とか「シマッタ!」とかの思考が働くのは仕方ありませんが、その事の大きさをリアルな金額に換算するのは止めましょう。
PipsとかTickのままで、無料ゲームの得点のように利害とは関係ない事のように扱うのがコツと言えばコツになります。
「金額」について考えるのは、トレードシステムからログアウトしてからで十分です。
これもまた、簡単にできる事では無いかも知れませんが「やってみよう」と決意しない事には一歩も前に進めないのは、他の事と同様です。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • 金額換算をしないようにするために今私が行っているFXでの対処法は、トレード画面の損益金額表示を消して、pips表示もインターネットブラウザで隠し、表示しているのは自分がとっているポジション(買いor売り)のみを表示しています。
    もちろんエントリーと同時に逆指値を必ず入れています。
    最初は損益はもちろんpipsもエントリー価格も表示しないで取引するのは怖くて不安でしたが、取引ルールが完璧に固まっているためチャートからエントリー価格もアバウトですが確認できますし、
    損益表示を見ないのに慣れると余計な感情の起伏がなくなるので精神的な疲れが減り、取引がすごく楽になりました。損益表示は必要ないどころか自分にとっては害であったみたいです。
    損益が見えようが見えまいがトレードには何ら関係ないので、チャートさえ見えていればトレードに関係ないものは見ないようにするのが良いと私は思います。
    シンプルなのがベストってことになりますね。
    =================================(以下、たかやん)
    今どれくらいの利益になっているか?
    もしかして、これぞトレーダーが含み益を抱えている時の最大関心事かもしれません。
    でも、いくら関心を持ったところで何ら利する事の無いのが、トレードの最中の「銭勘定」です。
    「銭」の事を完全に意識から消してしまう事は、人間がトレードしている限り無理なのかも知れませんが、「なるべく考えないように心がける」という事なら誰でも次のトレードからでも可能ですし、それを続けて行けばそれに「慣れる」事も確かです。
    損益表示機能は有っても構わないのですが、客の事を思うなら、それの表示・非表示を選べるような配慮があってしかるべきだと思います。
    銭勘定を強制的に表示するシステムは、FX会社が客を負けさせるための策略では?
    とはさすがに考えすぎですかね?

  • そうなんです。損益表示の有無を選べたのはtrading stationだけで他は全部非表示にできませんでした。ブラウザ隠しは苦肉の策です 笑
    trading stationは fxcmjapanで使えますが2,3度サーバーダウンを経験してからつかってません。trading stationソフト自体はとても使いやすかったんですけどね。
    私は損益強制表示はスキャルピングトレードには必要かなとおもいますし、fx→ハイレバ→スキャルって考える人が多いからユーザーとしても非表示を望む人は少ないのではないのかなと思ってます。
    スキャルピングはFX会社の負荷も大きいですけど、利益も大きそうですからね
    損益強制表示はトレーダーの不安、欲望をあおって取引回数の増加を目論むFX会社の策略という考えは少なからずあると私も思います。
    FX会社の策略に嵌らないように常に注意が必要ですね。
    去年あたりから色んな証券会社がバイナリオプションとかいう新手の丁半博打を盛んに宣伝してるのも、私としては健全ではない気がしていて嫌な気分でいっぱいです。

  • 株・投資の話題を中心にブログを書いております投資マニアです。
    ネットサーフィンをしていましたらコチラのブログを発見!
    内容が充実していて 素晴らしいブログだと感じました。
    得にデイトレ必勝法の記事は面白かったです♪
    ブログ更新を楽しみにしていますね!
    また閲覧しにきますm(__)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    17 + nineteen =