アンケートに、ご協力お願いします。(1)

ちょっとここで、質問させて下さい。

先物がギャップアップしたら、その買いムードに乗って買うべき銘柄を買い、先物がギャップダウンしたら、その売りムードに乗って売るべき銘柄を売る
買うべき銘柄とは、

水平線にせよ斜線(右下がりトレンドライン)にせよ、上値抵抗線が見えていて、寄りつきの値段が上値抵抗線を上方にブレイクしているもの。

であり、売るべき銘柄とは、

水平線にせよ斜線(右上がりトレンドライン)にせよ、下値支持線が見えていて、寄りつきの値段が下値支持線を下方にブレイクしているもの。
(「支持線」「抵抗線」というのは、買い方の側を基本とし、売り方にとっては逆になります。習慣的なものにすぎず、絶対的な意味はありません。)

という事になります。
すると、先物が当日の方向性を露(あら)わにするまでの間にも、含み益が発生し(勿論、損切りになる場合も有りますが・・・)、その後は先物の動き等を見ながら、早々に利確したり、引けまで引っ張ったりする。

更にいろいろとテクニカル分析の幅を広げて、トレードプランの精度を上げていく為の解説を続けていく事も可能ですが、まずは上記の「核」の部分が理解されているのか、あるいは私の説明不足で「???」な人を沢山作ってしまっているのか、あるいはこの考え方そのものに、理解はできても納得のできない方はいるのか?そして、その理由は何か?

とにかく、上記の「核」の部分の説明が足りないのであれば補足する必要がありますし、大半の方にとって疑問の余地が無いのであれば、先に進みたいと思います。
あるいは、大半の方にとって「つまらない」のであれば、早々に終了せねばなりません。
私にとっては「あたりまえ」すぎる事なので、これがあなたにとっても「あたりまえ」なのか、そうでもないのか、さっぱりわからないのです。
デイトレにご興味のある方だけで結構ですので、ぜひ下記アンケートにご協力下さい。

(現在は、結果のみご覧頂けます。)

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


4 件のコメント

  • いつもお世話になります。
    銘柄を選びチャートを見てLCラインを決めエントリーする。
    そこまでは出来る(つもり)のですがその後の先物の動向を見て機敏に動くということがどうも難しいのです。
    さらに先物の動きをどのように解釈すればいいのか?
    先物の動きにあまり反応しない銘柄についてはどのように考えればいいのか?
    今の自分にはよく分からないのが現状です。
    経験を積むしかないのでしょうか?
    できればこのことを記事にしてご教授お願いできないでしょうか?
    よろしくお願いします。
    ==============(以下、たかやん)
    先物をどんなに注視したとしても、完全に読み切れるものでありません。
    「株に100%は無い」
    どころではなくて、先物を見る事で確率50%に1%でも2%でも足せる要素があれば、それでも立派な優位性なのです。
    現値と、前日終値、当日寄りつき値、当日高値、当日安値、5MAや20MA、支持線・抵抗線、トレンドライン等との相対的な位置関係は、見る気のある人なら誰の目にも客観的に見えるものであり、それに対して集団心理がどう感じ、どう動くのかを常に考え、その考えと現実の結果を突き合わせる習慣を付けて下さい。
    複雑に考える必要はありませんが、何らかのテクニカル的なポイントとの位置関係を比べるという見方をしない事には、ただ上下にクネクネしているだけで、何も意味を感じとる事はできません。
    「わからない」時もあれば「わかる!」と感じられる時もあります。
    だから「常にわかるはずが無い」という前提で、リラックスして見て下さい。
    それが「経験」の積み重ねとなっていきます。
    ただ漠然と眺めていても、進歩は望めません。
    >先物の動きにあまり反応しない銘柄についてはどのように考えればいいのか?
    私も昔、先物の動きと個別銘柄の両方を見るのに疲れて、新興市場銘柄専門に扱うようにし、先物から解放された感じがして喜んだ記憶があります。
    でも、100%先物の影響を受けない個別銘柄なんて、結局は存在しない事がわかってきて、また先物も見るようになりました。
    勿論、先物の影響の受け方は銘柄や市場によってまちまちですが、先物の方向性を把握していてマイナスになる、という事だけは決してありません。
    ・間違えたら切ればよいだけ。
    ・うまくいけば、より大きな波を捕える事ができる。
    このマイナス要素とプラス要素を合算した結果が、プラスかマイナスか考えてみて下さい。
    きっとプラスの方が大きくなるはずです。
    こうして割り切れれば、先物で悩む必要が無い事も解ってきます。
    確かに、経験は必要です。
    経験無しに「未来を知る方法」が有ったら、それは聖杯ですが、そんなものは存在しないものと相場が決まっています。
    「わかる時だけわかれば良い」
    「わからない時は、誰にもわからない」
    と考えて、少しづつでも「わかる」時が増やせるよう、毎日先物の動きもチェックされる事をおススメします。

  • たかやんさま
    お疲れ様です、お世話になります。
    先物の寄り付き位置で当日のトレード方向を決定するという条件は私にとっては「目からウロコ」でした。
    もちろん、前日までにショートとロングの条件と個別銘柄の寄り付き位置やチャートの予習を十分行った上でシナリオを立ててあることは前提としても、個別銘柄ではまちまちのサインが出ることもあり、デイトレとしてはあまり良いパフォーマンスが出ていませんでした。
    個別銘柄のサインが出たらその方向にエントリーしていたため、運よく伸びる銘柄があってもLCになってしまう銘柄も多いため、トータルでチョイプラスとか・・・。(汗)
    条件が足りなかったということなのでしょうね?。
    それにしても、本日は全面安の展開でしたね。
    ダウが下げたのに先物はGUして寄り付いたので「どうしたものか?」と思っていたら、ショートでセットしていたアラートが出まくりでちょっと焦ってしまいました。
    たかやんさんであれば、9時20分辺りで先物の前日安値割れで、上方トレンドを割って横ばいしている銘柄にショートを仕掛けるのはありでしょうか?。

  • 早速の回答ありがとうございます。
    たかやんさんの記事やコメントで少しずつトレーダーとしての階段を上って行っている気がしてなりません。
    ちなみに昨年10月からたかやんさんの教えに基づいたトレードとマッハ225で月間プラス(非常に少ない金額ですが)が続いております。
    まだ全然納得出来る状況ではありませんがこれからも頑張りたいと思います。
    しっかり稼げるようになったらその時に正式にお礼のコメントをしたいと以前から思っている次第ですがたかやんさんのおかげでとりあえずここまで来れたことに感謝致します。

  • 今日、たかやんさんに質問しようと思っていたら、かずっちさんがしてくださいました。
    >たかやんさんであれば、9時20分辺りで、・・・
    同じ質問です。お願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    18 − 1 =