「マーケットさん、損させて下さい!」(後編)

このおまじないは、早すぎる利確を戒める為に有効なだけではありません。
例えば、ポン円のチャートを見始めて30分経ってもポジションが取れないような時、ついエントリー基準が甘くなって大したチャンスでも無いのに、エイヤッとばかりに発注してしまいがちですが、そんなエントリーをしても大抵はうまくいきません。
と言うより、そんな事を繰り返していればトータルでは必ずマイナスになります。

「ポジションが無いのは時間の無駄だ。
とにかく入ってしまえば、もしかして稼げるかも?!」

という心理には強欲が支配的で規律はいい加減になっているのです。
そんな時にも「損させて下さい」です。

「今エントリーすれば儲かるかもしれないけど、それはルール違反です。
マーケットさん、こんな私に(今エントリーしない事で)損させて下さい!
お願いします。」

と考えて「損しても良いからルールを守る」という事を徹底します。

またある時は「絶好のチャンス!」と思ってエントリーしたのに不発に終わり、損切りにもならない代わりにエグジットもできないような状態、要するにエントリー後に作戦ミスが判明するトレードがしばしばあります。
こういう時に粘って結果オーライの事も確かにありますが、基本的には既にエントリー時の判断が否定されている訳ですから、利益が拡大する事に期待して時間を浪費するより「損させて下さい」で小さな利か損のうちに切ってしまった方が、結局トータルでは良い結果になります。
次のチャンスを生かせる可能性が高まる(単位時間あたりの有効なトレードの発生率が高まる)からです。

デイトレにおいて本能の言う事は九分九厘マイナスの結果しかもたらしてくれません。
なぜそうなのかの確かな答えは持っていませんが、正しい事だけは確かです。
マーケットにおける勝者と敗者の比がその証拠です。
なので、本能と真逆の意識を強制的に脳に送り込む事で本能をある程度中和し、優位性あるデイトレを継続していく為のストレスを軽減する効果があります。(実はストレス軽減よりもっと積極的な効果があるのですが、それはあなた自身でデイトレの中から感じとって下さい。)

最初は意識的に「損させて下さい」とつぶやく必要があります(私は声に出したりはしませんでしたが・・・)が、ずっと続けていると不思議なことに、この感じがデイトレしている間じゅう存在し続けるようになります。
勿論、最終的には稼ぐため、儲ける為にデイトレしているのですが、その作業中は「儲けたい。損したくない。」という意識に支配されているよりは「損させて下さい」という意識でいる方が、明らかにトータルの成績ではプラスに働くのです。

ただ手法やルールについては、自分で検証して「これなら勝てる」というものを持っている事が大前提であり、やみくもに「損させて下さい」と考えながらデイトレすれば勝てるというほど甘いものではありません。(とは言うものの、もしスプレッドや手数料やスリッページ等のマイナス要素が無いなら、実はこれだけでもかなり勝てそうだという気はしています。)

「マーケットさん、損させて下さい!」(前編)から読む

======================================
(補足)本能と理性の関係については、こちらのレポートで詳しく解説しています。

『デイトレ攻略の新戦略レポート』 <==クリックして下さい!
======================================

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


9 件のコメント

  • 今まさにこの記事の待てずにエントリーをやってしまったばかりだから
    凄く耳が痛いです。
    クリック一つでできるトレードだから
    ついエントリーしがちになってしまい
    色んなエントリー理由を探しては
    アホなトレードをしがちです。
    エントリーしないことで損させて下さいとは
    何故か腑に落ちました。
    待て待てと言って待てない私なので
    是非、実践してみようと思います。
    ありがとうございました。

  • 初コメントさせていただきます!
    この何日間かブログを毎日読みコメント書こうと思いながらも書けずにいました。
    まさか自分の打った文章が載っていたので驚きでした^^:
    たわいもない文章を載せていただき有難うございます。
    話しは変わりますが、頭で考えて理解していることを、ここまで文章にうまく変える事はできないとつくづく思います。
    読めば「ぽかぁーん」とあっけにとられる毎日で、どれだけの修羅場を潜り抜けて来たのかがこのブログに詰まっているように感じます。
    そういう事を考えて読んでいるだけで何か身にしみてきます。
    今では何十冊の本よりも大切なものになっている事と、何かわからないですが、毎朝ちょっとだけ目を通すだけで精神安定のような効果をもたらしてくれます。(まだロボットになりきれていない証拠なのですが…)
    まさに読む薬…今になって読み始めの時とは違った価値観になっているように思います。
    それとたかやんさんでもスイングで苦戦とは…もう人の心がないのかと思っていたので何か安心しました^^(失礼しましたっっ!)
    また今後も謙虚に頑張っていきたいと思います。(「損させて下さい私には利益なんかもったいない」とつぶやきながら^-^)

  • たかやんさん、こんにちは。
    この2つの記事と「勝てるようになりましたメール」ですが、あまりに身に染みて言葉もありません。
    言葉もない、と書きつつコメントさせていただいてますが(笑)
    「損をしたくない!」という気持ちがいかに自分のトレードに悪影響を与えているかは、それらのトレードの結果が絶対的に物語っています。
    少なくとも私の場合は。
    たかやんさんの記事の必勝法を試み、おかげさまで今週やっと100トレード終え、手ごたえとともに、課題も多く見つかりました。
    (この件はまたその記事にコメントさせていただきたいと思っています)
    「勝てるようになりましたメール」のメールをされた方のお気持ちもとてもよくわかる気がしました。
    > たまにこういう悪魔の自分が出てくるのが本当に嫌になります…
    というのもすごくわかります。身に詰まされます ^^;
    この悪魔を枯れ尾花にするためのおまじないが、
    「マーケットさん、損させて下さい!」だと今は私は思っています。

  • 以前(2年ぐらい前か)ブログののタイトルは、忘れてしまいましたが、毎日適当に銘柄を選び、売り買いも適当(本当に適当です)で寄りでINして、決めた金額になったら必ず損きりし、それ以外は大引けで決済するという手法のものがありました。
    損益の詳細はあまり覚えていないのですが、勝っていたように思います。
    ただドローダウンが大きく、勝率が悪いため続けるのが困難になったように思います。
    うる覚えですが損きり金額は10-20万、大きく勝つときは100万以上、建て玉は1000-2000万ぐらいだったかな)
    とても真似できない手法ですが、自分にとっては考え方が大変参考になったサイトでした。
    その方のことですから新しく手法を考え出していることだと思います。
    もしたかやんさん、読者の皆様心当たりがありかつその方の現在のサイトが分かれば教えてください。
    追加
    たしか今回のテーマと同じように、勝とうと思えば必ず負ける、だから逆に人間の本能のままの取引の逆をやってみようという趣旨のサイトでした。
    だからその方にとって利少は損きりになり、損大は利確になるわけです。

  • 難易度の高い(又は、単なる変人のうわ言みたいな)内容にもかかわらず沢山のコメント、ありがとうございます。
    折角記事を書いたのに誰からもコメントが無いと、
    「誰にも理解されなかったのかもしれない」
    とかなり弱気になって凹んだりするものですが、こうして複数の方のコメントを読むと、本当にこのブログ記事で少しでも強いトレーダーになってもらえたらと思うし、更に世間的には非常識な事であっても文章にしていく勇気がもらえます。
    重ねて、ありがとうございます。
    残念ながらkeedさんがお探しのブログを、私は知りません。
    どなたかご存じでしたら、コメントで教えて下さいませ。

  • たかやんさん、こんにちは。
    先日大き目の損を出したトレードで、エントリーの判断が否定されたとわかった時にこの考え方が頭の中を支配していればよかったのになあと思います。
    「マーケットさん損させて下さい」は以前読んだはずなのに理解出来ていませんでした。
    昨日は、大きい損を出したことで怖くてマイルールの値でIN
    出来ず遅れて買って、そこはもうマイルールでは目先売り場に近い値でした。
    でも損切りも練習しようと逆指ししておきました。
    結局損切りになりましたが、次のトレードは新たな気持ちでマイルールの値でINして利食い出来ました。
    その次のトレードはマイルールで売りのシグナルが出たので空売りでIN。
    たしかに少し下げましたが、すぐに今度は買いのシグナルが出たので即1ティック損切りしました。
    2勝3敗1分でしたがいい練習になりました。

  • こんばんわ。
    やるべき事がわかっていながら感情に支配されて実行できない。
    だから勝てない。
    逆に考えれば、実行できない⇒実行する、にすれば勝てるということでしょうね。
    ちなみに「デイトレで毎日全戦全敗を目指すブログ」ですね。
    現在は無くなっていますが。

  • >やるべき事がわかっていながら感情に支配されて実行できない。
    これは私も記憶があります。例えば、
    「一旦ポジションを取ったら、その板から目が離せなくなる。(他の事ができなくなる。)」
    そして、あっと言う間に利確したり、目の前でズルズルと損失が拡大し続けるのを損切りもしないで見守るとか。
    それなら見ない方がよっぽど良いのですが、どうしても目が離せませんでした。
    ポジションがあってもパソコンを閉じてしまうような事が気楽にできるようになるまでに1年以上かかってしまいました。
    トレードで思うような結果が出ない時には、必ずどこかに改善すべき部分があるはずですが、それから逃げていたら進歩も逃げていきます。

  • 1972さん、ありがとうございます。
    そうです!「デイトレで毎日全戦全敗を目指すブログ」です
    無くなってしまったんですか、とても残念です

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    sixteen + four =