空売りの方が簡単?

たかやんさん、こんばんは。
以前「必勝法」と「日中のトレンド」について質問させていただいたみぞれです。

勝手に中間報告させていただきます。

おかげさまで順張りで20回トレードして、トータルプラス実現できました!
本当にありがとうございます。
6勝6敗8分で40ティックのプラス幅です。
最小ロット(100円)なので金額は大きくはないですが・・・
たかやんさんがブログでおっしゃっている通り、勝率は決して高くはないけどトレンドに乗れて利を引っ張った時の勝ち幅が凄く大きくなっています。
「逆コツコツドカン」と申しますか。

たかやんさんから

・「意味のある損切りポイントとその厳守」
・「トレードに余裕を持たせる」

というアドバイスいただいてから毎日10銘柄のチャートをプリントアウトして、仮想でINとOUTの値をエクセルに打ち込んで勝ち幅、負け幅を表示し、マイナスになりやすい時の条件を排除し、トータルでプラスになるエントリーポイントを絞り込むという事を2ヶ月程続けてました。
二階堂重人氏の書籍に記載されているエントリーのタイミングと、たかやんさんの「必勝法」に自分なりに細かい点を付け加えて。
「仮想トレードが無意味」という理屈も自分の中から削除できました。

ただ今後の重要な課題が1つ。
上記のトレードなんですけど、「全部空売り」なんですよね・・・
ペーパーでシミュレーションしてみると買いではどのタイミングでエントリーしてもトータルマイナスになってしまうのです。
だからしばらく実弾では空売りのみで買いはペーパーでトータルプラスになるエントリーのタイミングを追及したいと思います。

本当にどうもありがとうございました。
今後更に磨きをかけ、今度は「買い」でもプラスに持っていけるよう精進したいと思います。

みぞれ

=======================================

>おかげさまで順張りで20回トレードして、トータルプラス実現できました!

おめでとうございます。
地道な努力が実ったようですね?
トレーダーの日々は、①仮説=>検証=>マーケットからのフィードバック=>①に戻る
の繰り返しです。
資金を枯渇させる事なくこの繰り返しを続けていければ、遅い早いの差はあっても、必ず勝てるようになるものです。(人間の「上達する」という特性はホントに侮れません。)
もっともっとこの繰り返しを続けて、みぞれさんのトレードを磨きあげていって下さい。

>上記のトレードなんですけど、「全部空売り」なんですよね・・・

私が初めて作成し、実戦したシステムトレードは、「売り専門」でした。
買いも売りも等しく検証したのですが、コンピューターは売りでしか利益を確保できるロジックを見つける事ができなかったのです。
もしかすると、デイトレは空売りの方が簡単なのかもしれません。
一般的に上がるより下がる方が早いし、強欲より恐怖の方が強いという事もあるかもしれません。
半年程度しかシステムトレードとつきあってないので、単なる偏りである可能性もありますが、実は「売りの方が簡単」というのが真理である可能性は高いと思っています。
別に無理に買いでも利益を出す必要はなく、「売りのスペシャリスト」になるのも悪くはありません。
勿論、現在のトレードに磨きをかけていけば、買いでも勝てるようになっていく可能性もあります。
いずれにせよ、勝ち組への道を歩いている事は間違いないので、これまでの調子を崩さないよう、無理しないで1段ずつ階段を上がって行って下さい。
その調子です。

たかやん

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)


<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • たかやんさん、お世話になります。
    私もみぞれさんに同意します。
    3年くらいはしつこいほど空売りに執着していました。
    簡単という表現が適切かどうかはわかりませんが、現在でも空売りの方がボラティリティーは大きいと考えています。
    今年に入ってからはやり方を変えたので空売りに対するこだわりはなくなりました。
    今日久々に6762を節目超えの高値で買いましたが、あえなく損切りです。
    しかも指した10円下に食い込んで当日の安値切りがほぼ確定しそうです。
    しばらくぶりのロングとはいえ、自分としてはロットが大きかったので少し痛かったです。
    でもこれに懲りず、相場は上下対称なので今後ともこだわり無くポジションを持とうと考えています。

  • 後講釈的に言えば、ちょっとギャップが大きすぎた(ほぼ平均的な1日の値幅相当)のと、25MAの下だったのが難ですが、狙い(目の付けどころ)そのものは正しいし、損切りも妥当な判断です。
    「大きなロットの為に損切りを躊躇していると、運良く反発してくれたので助かった!」
    というのより、遥かに良いです。
    懲りずに頑張って下さい。

  • たかやんさん、お忙しい中メッセージありがとうございました。
    たまに買うとこのようになってしまう私のトレードなどを評価して下さり、誠に光栄に存じます。
    空売りにこだわらず、エントリーして本当に良かったです。
    狙いは正しいとのたかやんさんのお言葉に、不安な若葉マークの気持を晴らすことが出来ました。
    お金は失いましたが、とても嬉しくなりました。
    改めて良い結果のご報告もさせて下さいませ。
    ありがとうございました。
    失礼いたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    16 − two =