継続は力なり・・・?(最終回)

「思考は現実化する」

無数にある成功法則・成功哲学のおそらく最も源流に、このナポレオン・ヒルの言葉があると思います。
有名な「ザ・シークレット、引き寄せの法則」も、要するに「思考は現実化する」というところにいきつきます。

これを知っている人も、まだ知らない人もいるでしょう。
肯定派で実践中の人もいれば、肯定派なんだけどうまく実践できない人もいるだろうし、全くの否定派の人もいるでしょう。(ちなみに私は肯定派で、実践レベルでは「道半ば」という程度。)

今回の記事では、この成功法則をお勧めするつもりはありません。
しかし、一つだけ告知しておきたい事があります。
それは「思考は現実化する」というのは、成功法則であると同時に失敗法則でもあり、肯定派と否定派の別無く、知ってる知らないにかかわらず、あなたも例外なく、「思考は現実化する」のスイッチは入りっぱなしになっているという事です。

それは、このムービーの中でも断言されています。
人間は、生きている限り思考を止める事などできませんから、もし「思考は現実化する」というのが本当であれば、あなたもまぎれもなく毎日実践中であるという事です。
そしてもし、あなたが2週以上連続してトータルマイナスなのであれば、トレードに対するあらゆるネガティブなイメージが幾度となく反芻され、次々とネガティブなトレードが目の前に実現していく事になります。

初心者時代のシステム

この記事の体験は、私の初心者時代の成功と失敗談にとどまらず、「思考は現実化する」の実践例でもあります。
デイトレーダーの神様、ラリー・ウィリアムズの「相場で成功する方法」を読んだ私は、デイトレーダーとして相場で勝つ事を理想とし、その為には「上がりそう・下りそう」で売買するのではなく、勝てるシステムを獲得する必要があると知り、パソコンを使ってシステム作りに2ヶ月間没頭します。
寝ても覚めてもVBのロジックの事を考え続けていました。
私のパソコンも、殆ど24時間フル稼働で多変量回帰分析や供分散構造解析の解を求めていました。
その結果、本当に勝てるシステムが出来てしまいました。
超初心者の私は、初月だけシステムオペレーターになる事に成功し、しっかりと月間トータルプラスを勝ちとります。

「ラリーの言う事に従えば、私もデイトレで勝てるに違いない」

という事に微塵も疑う事なく数ヵ月過ごせたので、実際にデイトレで勝つという事が実現してしまったのです。
ところが、実戦最初の1ヶ月間で私は「デイトレでは、負ける日もある」という事を具体的、且つリアルに経験してしまいます。
「負ける日もある」なんて、当たり前以下のレベルの事なのですが、実戦経験も浅く、本とパソコンだけで勝ちとった月間プラスの実績など、「損失」というハンマーで粉々に砕かれてしまいました。

「どうすれば、損失を完全に回避できるか?」

という、ありえないゴールに思考の全てを注ぐようになってしまったのです。
顕在意識は、ちょっとは理性的に「勝率を上げよう!」なんて尤もらしい事を考えているのですが、潜在意識の方はというと、

「損切りは絶対にイヤ! 極力損切りしないで済むトレードスタイルは無いものか?」

なんてバカな事を、四六時中、メーターがあれば振り切れっぱなしの状態で考えていたと思うのです。
つまり、勝つ為にトレードしているのは勿論なのですが、潜在意識がトレードする事を100%否定し、

サイドブレーキを全力で引っ張りながら、アクセルもベタ踏み!

みたいな生活を1年近くも続けてしまった訳です。
来る日も来る日も、デイトレには不向きな相場ばかり。(と、当時の私が感じていただけですが・・・)
当然のように週間マイナスの連続なのですが、

「まだまだ、初心者だから仕方ない」

という言い訳や、

「今度こそ頑張るぞ!」

みたいな根拠のない空元気だけでデイトレを続けていました。
この間、私の潜在意識には、

「デイトレとは、やればやるほど損をするものである!」

という最悪のイメージが強烈に刻印され続けたのですからたまりません。
見事に「思考は現実化」してしまいました。

この逆成功法の泥沼からどう這い出したかについては次回に譲りますが、このブログを読んでいるあなたは、わざわざ逆成功法の泥沼に転落する必要はありません。

2週続けてトータルマイナスなら、そのやり方を更に続けるのは、更なるマイナスを引き寄せているにすぎません。なぜなら、あなたの潜在意識は確実に、

「トレードとは、やればやるほど損をするものである!」

と考えており、その考えは現実化してしまうからです。
2週続けてマイナスなら、そのトレード方法にはどこかに欠陥があります。
その欠陥がどこにあるかはトレーダー毎に違いますが、お金を賭けてトレードし続ける限り、本能が邪魔して、どこに欠陥があるのかが見えてきません。
しかも負ければ負けるほど、潜在意識は失敗法則をより強固にしてしまいます。

やればやるほど負けるのだから、心から原因が解決されたと思えるまで、ペーパーに徹する事です。
お金さえ賭けなければ、トレードは遥かに簡単なゲームになります。
お金さえ賭けなければ、負けトレードであっても痛くはないですから、潜在意識は一切傷つく事もなく、あなたが勝ち方を見つける事に協力してくれるでしょう。

必要なのは、あなたの強欲を押し殺す事だけ。
勝ち方を知って、心から「勝てる!」と思えたら、最小枚数から練習していきます。
そして週間プラスが実現すれば、あなたの潜在意識も、

「デイトレとは、やればやるほど儲かるものである!」

と考えるようになります。
そうなればしめたものです。
トレードでトータルプラスを実現している人で、

「デイトレとは、やればやるほど儲かるものである!」

考えていない人は一人もいないと断言できます。
成功法則の歯車が、しっかりと前進し始めています。
その為には、お金を賭けている、いないにかかわらず、

「デイトレとは、やればやるほど儲かるものである!」

という経験を繰り返す事です。
間違っても、

「デイトレとは、やればやるほど損をするものである!」

という経験を漫然と繰り返してはいけません。
もし、トータルで勝てる自信がなければ、お金を賭けないでトータルで勝てる方法の研究に集中する事。

デイトレで勝つ事は、勿論「難しい」とも言えますが、勝っているトレーダーにとっては決して「難しい」ものではありません。(決して「楽」じゃないけど、難しい訳でもない。)

私の文章力のせいで、なんだかよくわからない内容になってしまってるかもしれません。(コメントで質問して頂ければ、いくらでもお答えします。)

でも、トレード関連の書籍やブログでこういう事が書いてあるのを、多分見た事が無いせいかもしれません。
誰でも、初めて聞く(読む)話は、最初はピンとこないものです。
でも、この記事の内容は、ピンとくるまで頑張って読む価値があると思いますよ。

『最初に戻る』

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


14 件のコメント

  • いつもありがとうございます。
    勝てるルールを手に入れて、検証するためにデモトレードをしようとしますが、デモでさえエントリーしようとすると色々な煩悩が渦を巻き、この1週間はまともにデモトレードをする事ができませんでした。
    相当重症です。
    来週はルールのフィルターに従いつつも、ごく素直にルールの出すサインに従えばどの様な結果になるのかを確かめる事を目的にしたデモトレードをしたいと考えています。(週間プラスにする目標は忘れて。)
    「逆成功法の泥沼」からどう這い出したかの記事、楽しみにしております。

  • たかやんさん、こんにちは。
    以前、「どうもマイルール通りのトレードが出来ません。」と
    コメントしました。
    このブログを読み、何とか本能を抑えてトレードするようにしています。
    以前は、ズーッとマイナスでしたが、最近は勝てる週も増えてきました。
    ただ、9連勝したかと思うと5連敗することもあります。
    感情が乱れているときは、トレードを控えるようにしていますが、ほかに何か注意する点はありますか?

  • >ルールのフィルターに従いつつも、ごく素直にルール
    >の出すサインに従えばどの様な結果になるのかを確かめ
    >る事を目的にしたデモトレードをしたいと考えています。
    デモトレなのに煩悩が渦巻くとは、確かにちょっと重症かも?
    こういう心境の時に欲に負けてお金を賭けても、1000円稼ぐ為には1万円が必要と心得て、当面デモトレで頑張って下さい。
    同じルールでも、トレーダーによってどのポイントで注文を出すかは千差万別。
    それを最適化していくのは、誰でも通る研鑚の道です。(=読んで手法を知るだけでなく、リアルタイムでチャートと板を見ながらタイミングを計っていく必要があるという事。)
    頑張ればいつか必ず出口が見えてきます。
    それまで、資金を守って生き延びていればこそですが、、、
    >感情が乱れているときは、トレードを控えるようにして
    >いますが、ほかに何か注意する点はありますか?
    「これは、勝てる!」
    としか思えないような瞬間だけエントリーすべきで、中途半端な状態なのに、欲望に突き動かされてするようなエントリーは控えるべきです。
    無駄弾を絞り、「これは、勝てる!」というトレードだけやってると、さすがに5連敗はまず無いと思います。
    トレード数が減って損するような気がしますが、トータルではむしろお金が残るはずです。
    「これは、勝てる!」
    なんてシーンが、毎日、あちこちに落っこちてる訳がありません。
    それでも毎日稼いでいくには、予習銘柄数を増やすとか、ザラバに間断なくチャートを高速で見て回る努力とか、リミットマインダーの使用頻度を上げるとか、現在のトレーダーとして手ぬるいと思われる部分を、片っぱしから強化し続けて行く必要があります。
    どんな事でも最初は億劫なものですが、人間には「慣れる」という才能があるし、それらの努力が稼ぎに直結している事が実感できてくれば、億劫でも何でもなくなっていきます。
    9連勝するという事は、トレードに必要な事は既に身についていると考えて良いと思います。
    ただ想像するに、無駄弾の撃ち過ぎかと?
    いい加減な根拠で大事なお金を危険にさらし過ぎていないか、よく点検してみて下さい。

  • お疲れ様です。
    また良い記事ですね。
    自分も3か月連続プラスで、やっとトレードって実は意外にトータル少しのプラスやトントンか微損くらいなら簡単にできるんじゃないかと思い始めてます。
    以前の自分ならやればやるほど少しづつ損が増えていき、1か月のトータルでは結構な負け金額になってました。
    ここまでこれたのもたかやんさんやみこのすさんのおかげだと思っています。
    感謝しています。
    ありがとうございます。

  • トレードで勝てない日々が続くと、トレードって
    「難しい!」
    とか、
    「怖い!」
    と思いこんでしまいます。
    確かに基本的な事も知らずに、心の赴くまま売買すれば負け続けるのが人間の性(さが)ですが、少しでもまともな勝ち方を学んだ上でも勝てない場合、その「まともな勝ち方」では歯が立たないほどトレードが難しくて勝てないのか、自分が「まともな勝ち方」とは違うトレードをしてしまうから勝てないのかを徹底的に調べてみる必要があります。
    そうすれば、案の定というか、やはり後者である事がわかるはずです。
    「トレードは難しい!」
    90%の参加者が心ならずも撤退していくのだから、確かに難しいといえば難しいのでしょう。
    だけど、その難しさは自分の中で作り出されたものであるという気づきを得ると、実はトレードそのものはむしろ単純なものである事が解ってきます。
    それが、「勝ち方がわかる」という現象なのかも知れません。

  • たかやん様、コメント有難うございます。
    225Fのデイトレで5年以上負け続けてきましたので傷は深くて大きいと思います。
    進むもならず退くもならず止まるもならずの状態でした。
    1年ほど前に偶然の環境の変化で立ちどまる事が出来る状況が与えられ、現在は自転車操業はやっておりません。
    この与えられた環境の中で、(時間的な問題で225Fのデイトレは出来ないので)FXで何とかならないかと考えておりましたが、やって行ける目処は立っておりません。
    が、現在は感情に任せて実弾を撃ちまくるという状態からは、脱出しております。
    VMの言葉を借れば、これが私の背景的状況です。
    先週はデモトレで週間プラスの結果を出そうと構えすぎました。
    月曜日からもう少し肩の力を抜いてやってみます。
    時たま気が向けば小さな実弾も発射しますがここ2か月程では小さなプラスが出でいます。
    長くなりますが落ちの付いた話ですので後ひとつお許しを。
    7月初めにVMを購入して1週間程勉強した後でこれを使ってデモトレをしてみようとふと思いつき、相場の背景的状況からみて良いだろうと考えポンド円を売りました。
    リアルだとエントリー直後の小さな振動で動揺して小利確したり、想定より小さな損切りをする事が多いのですが、その時は(デモですので)平静にチャートを眺める事が出来ました。
    その後下落していき、少し戻した処でもリアルだとここで利確するだろうな等と考えながら、利の乗ったポジションを持つ時間を長くする事が出来ました。
    その後滝のように急落したところで堪らず決済のクリックをしてしまいましたが。
    ほぼ結果オーライのポイントでした。
    口座情報の画面で結果をみると79ピップ獲れていましたが、どうも残高がおかしいのでよく見るとリアルの口座でした。
    一枚から始めようと10万入れて準備していた口座で、デモを始める前にリアルの注文画面も開き見比べて同じだなと確認して閉じたつもりがデモの方を閉じていたんです。
    おまけに、将来の目標が10枚ですので金額を計算でなく実感したくて10枚立てていました。
    ここの業者さんでは、1枚1万円が必要証拠金ですのでハイレバっレジというより、フルレバッレジでした。
    20枚と入力すれば受け付けられずにリアルと気付いたのですが。
    嬉しいような気もしましたが、ゾクーと怖くなりました。
    恐怖の操作ミスを体験しました。

  • 怖いながらも、良い経験をされましたね?
    真剣にデモトレで頑張ってるFujiyamaさんへの、天からのプレゼントかもしれません。
    資金の全力勝負は絶対にいけませんが、デモトレならではの損小利大トレードの優位性をリアルに体験できたのは、79ピップの何倍何十倍も価値があります。
    「稼ぎたい」と「損したくない」
    という本能に負けている間は、例え多少のトータルプラスは得られても、決して大きな稼ぎに繋がる事はありません。
    「マーケットさん、損させて下さい!」
    これがトレードの極意と、私は確信しています。
    殆どの人には「言葉の遊び」程度にしか理解してもらえないと思いますが、私はマジです。
    中途半端なエントリーを徹底排除し、VMのサインが出た時のみ勝負し、ルール内の逆行に耐え、マーケットに含み益の50%を返金する覚悟で利を伸ばす事に徹すれば、どうやったら週間マイナスが達成できるでしょうか?
    それくらいの確信を、デモトレの中で培(つちか)って下さい。

  • たかやん様、アドバイス有難うございます。
    この口座はスプレッドの大きい事もあり使った事のないものでした。
    この神様のプレゼントと業者さんのキャンペーンのキャシュのプレゼントを入れたまま、もう少し大事に使わずに置いておこうと思ってます。
    口座残高が増えたという生まれて初めての経験です。
    たかやん様の言われる言葉、私にはほぼすべて身に染みて痛いほど理解し納得できます。
    私の6月2日の日誌にも(メモ程度ですが)「損をしてみる ~ この気持でやれば素直にチャートを見て、素直にエントリーできるかも」と書いてました。
    書くばかりで実行というハードルを越えられませんが。。。
    たかやん様のブログと出会えたこと、そこでVMを知った事。
    これがブレークスルーの契機になりそうな予感はあります。

  • 潜在意識には「現状を維持する」という強い働きがあります。
    顕在意識の思いつくままに行動していては自殺行為になる場合が少なくないので、自己を永らえる為の自己保存能力として潜在意識は働いているのです。
    だから、金持ちは金持ちであり続けやすく、貧乏人は貧乏人であり続けやすく、トレードで勝てる人は勝ち続けやすく、トレードで負ける人は負け続けやすいのが、潜在意識にとっては使命を全うしている事になり、最も楽な事なのです。
    顕在意識は、金持ちになりたくて貧乏人からは脱したい、トレードで負けてばかりでなく、勝てるようになりたいと考えるのですが、それは意識全体の10%未満であり、意識全体の90%を占める潜在意識は、事の善し悪しなどお構いなしに、今まで思ってきた事を将来も維持しようとします。
    >書くばかりで実行というハードルを越えられませんが。
    これも、負け続けていた時に形成された潜在意識が強く働いているからです。
    Fujiyamaさんが変わる事に、潜在意識が抵抗しているのです。
    「ハードルを越えられませんが」
    と言っている間は、いつまでも超えられません。
    潜在意識の思うつぼです。
    Fujiyamaさんの顕在意識は、戦う前から潜在意識には白旗をふるように躾られてしまっているのです。
    ではどうすれば潜在意識を乗り越えられるのか?
    それは、今までとはケタ違いに強く顕在意識を奮い立たせる事です。
    今までの10倍強く奮い立って、それでやっと潜在意識と対等です。
    10倍以上に強く、不退転の決意をすれば、それが次第に潜在意識を変えていく働きを持つし、現実世界での実体験が決意に沿った結果を出してくれば、更に強力に潜在意識の書き換えが進みます。
    今までの10倍以上強く思うというのは、どういう事なのか?
    例えばナンピン癖のある人は、年がら年中ナンピンをしてしまいます。
    ナンピンはいけないという意識はあるのですが、ついついやってしまうのです。
    すると、勝つ事もある。==>だから止められない==>いつか、大きな損失が発生==>ナンピンを止めようと思う==>でも、ついついやってしまう=>勝つ事もある==>だから止められない
    こういう事を延々とくりかえしているのです。
    それに対し、今までの10倍以上強く思うというのは、
    「今度ナンピンしたら、即刻資金を口座から引き揚げ、相場から撤退する」
    という事を自分に誓う事です。
    負の連鎖を断ち切るには、こういう決心の仕方しか無いと思います。
    この決意をしてもナンピンを繰り返す人に対して、救いの言葉はありません。
    でも、生き残りたければ決心すべき時があります。
    それが「本気力」を出す時です。
    「本気力」はいつ出すべきか?
    今すぐ出すのが「コツ」です。
    明日から、
    来週から、
    来月から、
    来年から、、、
    これらは全て潜在意識からきている言い訳である事を認識するべきです。
    (このコメント返しの内容は本記事でも書くかもしれませんが、まあ、殆どの人はこんなに長たらしいコメントなんて見てないでしょうから、中身出し過ぎの予告編という事でご了承ください。)

  • ありがとうございます。
    了解です。
    今 崖から飛び降りました。
    もう後戻りはできません。
    週末に結果の報告いたします。

  • 決して、
    「無謀になれ!」
    というのではなく、
    「理性では100%正しいと解っているのになかなか実行できない場合は潜在意識を疑うべき」
    「潜在意識を改革する為には、並みの決意ではなく相応の決意が必要」
    という事です。
    これは、勝てるようになる為に必ず一度は通る道です。
    週末の吉報をお待ちしています。

  • いつも素晴らしい気づきを
    ありがとうございます。
    毎日たかやんさんのブログを読んで
    勇気付けられています。
    一日14時間以上モニターに向かっていますので、
    眼精疲労も酷く、医者にかかるほどにまで疲労しているのですが、
    面倒な売買記録やバックステストも
    サボらず詳細に記録しようと思えます。
    素晴らしい言葉をありがとう。
    感謝してます。
    今日も頑張ろう。

  • 何事もそうですが、健康が一番です。
    努力や頑張りも大切ですが、健康を失えば全てが水の泡になりかねません。
    以前、とても才能にあふれたデイトレーダーがいたのですが、やはりモニターの見過ぎで眼を痛めたためにスイングトレーダーに転向していったという記憶があります。
    デイトレ引退と言う事で、その後どうなったのかわからなくなってしまいましたが、きっと本人が一番残念だったのではないかと思います。
    毎日のように、寄付きから1時間もかけないで面白いように利益を確定していたのに、眼の疲労が理由でデイトレを止めなければならないとは。
    だから体が何か異常信号を出し始めたら、まずその手当をして下さい。
    眼に良い食品を毎日摂るとかも必要ですが、モニターのサイズや質を上げるのも負担軽減になる場合があります。
    でもやっぱり、1日14時間は眼を酷使しすぎだと思います。
    10時間でも多い方だと思います。
    怠けてちゃダメですが、体を壊すほどの無理はもっといけません。

  • たかやん様、お世話になってます。
    逆成功法の泥沼による「思考は現実化」とは、恐ろしいスパイラルですね。
    人の精神とは、かくも脆いものです。
    私もプロジェクトをまとめる上で、ファシリテーションやコーチングなどをNLPという学問で学びました。
    そこで重要なのが、たかやん様が言われているように、なりたい自分に対する現状とのギャップについて、その原因をはっきりと突き止め、自分自身に気づかせていくことだと思います。
    ところで、「決して「楽」じゃないけど、難しい訳でもない。」と言う言葉は、本当に本当に言い得てると思います。
    今回のブログも、いつもながら多くの”気づき”を頂きました。
    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    four × four =